自己PRの書き方・例文

白紙のフリースペースを使う自由形式の自己PRを魅力的に作る方法

「白紙やフリースペースを自由に使って、自己PRしてください。」というお題に対し、何を書いていいか迷っていませんか?

自由に表現してくださいと言われても、何を書いていいかわからなくなりますよね。字だけで自己PRする方が、文字だけという制約がある分、ある意味簡単です。

ましてや、この一枚が人生を決めるかもしれない・・・なんて思うとなかなか筆が進みませんよね。

さて、今回はそんな悩める就活生に向けて、白紙のフリースペースを使う自由形式の自己PRを魅力的に作る方法を解説していきます。

今は「何を書いていいかわからない!」と頭が混乱しているかもしれませんが、大前提として、自己PRの目的に沿って考えれば、非常にすっきり頭が整理され、白紙の上に書くことが明確になるはずです

【大前提】自己PRの目的とは

【大前提】自己PRの目的とは

そもそも、自己PRとは何のために行うのでしょうか。

自分の能力をひけらかし、すごさをアピールするためでしょうか?

自分の人柄を説明するためでしょうか?

ここまでだと、50点です。

そもそも企業はなぜ自己PRを求めるのかというと、「企業で活躍できる人材か見極めたいから」ですよね。

ということは、自己PRの目的は、「自分は御社に貢献できる人材ですよ」とアピールすることなのです。

ですから、フリースペースだろうが、白紙だろうが、プレゼンだろうが、自己PRの目的は同じ。

自分を採用することで、企業が得るメリットを伝えることが何よりも重要です。

たまに、白紙の自己PRではユーモア溢れる内容を書くことにばかり意識が向いてしまう方もいらっしゃいますが、自己PRの目的は相手を笑かすことではなく、自分が面白い人間だというアピールをすることでもありません。

ですから、自由形式とはいえ、自己PRが面白い必要はありません。

さて、自己PRの目的を振り返ったところで、今度は、なぜ企業は自己PRを自由形式で「白紙」に書けといってくるのか、「白紙のお題」に込められた意味を解説します。

「白紙に自己PRしなさい」に込められた意味

「白紙に自己PRしなさい」に込められた意味

ただ自己PRをしなさいというだけでなく、「白紙に」自己PRしなさいというからには、そこには意味があります。

でなければ、文章のみで十分なはずですよね。

ではなぜ白紙なのか。

それは、「文章だけの自己PRよりも、伝えたいことがより強く伝わるようにデザインしなさい」ということなのでしょう。

というと、デザインなんてできないよ〜とほとんどの方が思ったのではないでしょうか。

でも大丈夫です。

デザイナーの試験であれば重要視されるかもしれませんが、そうでない限りは、「デザインを企画し、表現を工夫する」することが求められていると考えられるので、デザインの技術力は求められていません。

ですから安心してください。

また、ここでいうデザインとは絵をかいたり、色を塗ったりということだけではありません。

文字の配置を工夫することや、太字や大きい字を使う、字の色を変えるなど文字を強調するだけでもデザインに含みます。

では、どのようにデザインを決めていくと良いのでしょうか。

白紙の上に魅力的な自己PRに仕上げる2つのプロセス

白紙の上に魅力的な自己PRに仕上げる2つのプロセス

白紙が与えられると、どうしても絵を先に書こうとしてしまいますが、大事なのは企画です。もう一度ここで大事なことを振り返っておきましょう。

自己PRの目的は、自分は御社に貢献できる人材ですよと、企業側のメリットをアピールすること

白紙に込められた意味は、文章だけの自己PRよりも、伝えたいことがより強く伝わるようにデザインしなさいということ

この大事なポイントをブラさずに、白紙に自己PRをデザインをしていくことがまず重要です。

その上で大事なのは、ノープランでいきなり絵を描くのではなく、まず自己PRを文章でつくることです。

まず「自分は御社に貢献できる人材だ」という文章をまずは作り、そのメッセージをより効率よく伝えるためにデザインを企画するという順番を意識しましょう。

【自己PRを考えるプロセス】

1:まず文章で自己PRを作る

2:より効果的に伝わるようにデザインに落とす

さぁでは作っていきましょう。

プロセス1:自己PRを文章で作る

まずは自己PRを文章で作っていきます。面接官の求める自己PRを作るためには、正しい型に沿って自己PRを作ることがオススメです。

正しい型での自己PRは3つのステップで作ります。

1:結論

2:強みが活かされた経験

3:強みを会社でどう活かすか

自己PRの構造

下記記事で、自己PRの詳しい作り方を例文付きで解説しているので、自己PR文がまだできていない型は是非ご一読頂きながら自己PRを作っていってください。

鉄板自己PRの作り方【3ステップで簡単に説得力が高まります】 「自己PRが苦手・・・!」「どういう順番で何を話せばいいのかわからない」 当記事では、こんなのお悩みにおこたえします。...

さて、上記のように自己PRには、重要なパーツが3つあります。

それは、何が強みだという結論と、その信ぴょう性を高めるエピソードと、会社にどう生かせるのかという本題。

この3つが定まったら、デザインに落としていきます。

プロセス2:自己PRをデザインに落とす

プロセス2:自己PRをデザインに落とす

デザインの構成要素

デザインの構成要素は、以下の3つです。

何が強みだという結論

その信ぴょう性を高めるエピソード

会社にどう生かせるのか

この3つをデザインに落としていくという作業になります。主題は、あくまでも「会社にどう生かせるのかという企業側へのメリット」であることを忘れてはなりません。

デザインの手法

ではその構成要素をどのようにしてデザインするかというところからは、自由です。

ポイントは、文章で書くよりも分かりにくくなってしまっては意味がありませんから、文章で自己PRを書くよりも「より効果的に相手に自分の強みや採用するメリットが伝わるようにデザインする」という意図を持ってデザインを企画しましょう。

なお、先述したように、ここでいうデザインとは絵を描たり、色を塗ったりということだけではありません。文字だけでも配置を工夫すればそれはデザインということになります。また、太字や大きい字を使うなどというだけでもそれはデザインです。

下記のようなデザイン案が考えられます。

【デザイン手法の例】

文字だけで表現していたものを図解する

絵を描いて状況がわかりやすくする

文章だけでも、強調したいところを大きく太い字で書く

エピソードのところに写真を貼ってより信ぴょう性が高める

会社で活躍している様子を絵で表現して、文字だけ読むよりも理解しやすくする

「強み」「エピソード」「会社で活躍する様子」「よろしくお願いします」という四コマ漫画をかく

・・・など

とにかく、どんなデザインをするにせよ、「より効果的に相手に自分の強みや採用するメリットが伝わるようにデザインする」という意図が重要です。

その意図があれば表現の方法なんて自由なのです。世の中の広告とか、CMとかからヒントを得てもいいかもしれませんね。

自己PRのデザインができたらチェックするべきポイント

自己PRのデザインができたらチェックするべき2つのポイント

デザインの手法はいろいろあれど、白紙の上に自己PRがかけたら、提出前に2つのポイントをチェックしましょう。

【自己PRの目的】相手に自分を採用するメリットが伝わる内容になっているか。

【デザインの目的】伝えたいメッセージはデザインをすることでより明確になっているか。

この2つの目的をクリアしていればオッケーです。

くどいようですが、面白さは必要ありませんし、奇抜さも必要ありません。

自己PRの目的と、デザインの目的をブラさないように描いていけば、おのずと、あなたオリジナルで、かつロジックのある良い自己PRが完成するはずです。

是非自由形式の自己PRを最大限生かし、合格を勝ち取ってください!今回は以上です。

自己PRの情報収集中のあなたへ【失敗する前に必読です】

ここまで読んでくださったあなただからこそ、お伝えしたいことがあります。

実は、自己PR情報収集を積極的に行う人は自己PRに失敗しやすい傾向にあるんです。

もし下記全てに自信持って答えることができるのであれば、スルーしてください。

  • 自己PRでアピールする強みは本当に今想定してるものでいいのか。
  • 自己PRの尺はどれくらいがベストなのか。
  • 本当にそのエピソードが刺さるのか。
  • 強みはどんな言い回しで表現するのが正解なのか。

難しければ、今後面接や履歴書での自己PRで失敗する可能性が高いです。その理由や対策は下記にまとめているので、是非ご覧ください。

【必読です】自己PRの情報収集する9割の就活生がやらかす失敗とは 自己PRの情報収集を行う9割くらいの就活生が自己PRに失敗します。 僕は、就職エージェントで働いていたり、自社の面...