自己PR

鉄板自己PRの作り方【3ステップで簡単に説得力が高まります】

キャリアチケット 内定率が1.39倍になるカウンセリング。是非大手選考が始まる前に!早期内定への最短ルートはキャリアチケット!

詳細ページ公式ページ

「自己PRが苦手・・・!」「どういう順番で何を話せばいいのかわからない」

当記事では、こんなのお悩みにおこたえします。

面接で合格するためには、単に自分の強みをただ話すだけでなく、その話に説得力を持たせ、さらに面接官に「この就活生はうちに入ったら活躍するかも・・・!」期待してもらう必要があります。

それだけ聞くと「難しそう・・・・」と思われるかもしれませんね。

でも安心してください。自己PRには型があるのです。3つのステップさえ守れば、簡単に効果的な自己PRを作ることができます。

これから、3つのステップとそれぞれのポイントを解説します。

正しい自己PRを作るための3つのステップ

効果的な自己PRをつくるための3ステップとは、下記の3つのことをさします。

「1:結論を話す」「2:強みが活かされた経験を話す」「3:強みをどう活かすか話す」

自己PR攻略のための3つのステップ
正しい自己PRを作る3STEP
  1. 結論
  2. 強みが活かされた経験(エピソード)
  3. 企業で強みをどう活かすか

この順番で話すことで、「説得力」あり、「期待」もされる自己PRをすることができるようになります。ただし、それぞれ抑えるべきポイントがありますので、それぞれ解説をしていきますね。

ステップ1:結論を話す。

結論はこうだ!

自己PRをするときは、まず初めに、結論から話すようにしましょう。

【例文】
私の強みは、話の聞き上手なところです。相手が話しやすい環境を作ることで、だれよりも多くの情報を引き出すことができます。

結論から話すべき理由は?

まず結論から答えることで面接官も話の全体像がつかみやすくなるので、全体的に頭に入ってきやすく、印象にも残りやすくなります。

また自分にとっても結論から話すことで、頭が整理されるので、その後話がずれにくくなります

「私の強みは〇〇です。」「私は〇〇が得意です。」などと、まずは結論から端的にお話しするようにしましょう。

キャッチコピーを付けるとより効果的に

例えば、以下の2文をご覧ください。

A:私の強みは、一途で、真面目なところです。

B:私は、働きアリよりも一途で、真面目です。

ちょっと極端な例ですが、どちらが続きを聞いてみたいと思うでしょうか。

たぶん後者という方の方が多いはずです。こんな感じで、ちょっとした言葉の工夫で、興味喚起を強めることができるのです。

面接官は毎日何人もの自己PRを聞いているのです。正直普通の回答には、飽き飽きしている面接官も多いのです。だから、こちらから興味喚起する工夫をすることも大事なのです。

ただし、キャッチコピーを凝りすぎて、本筋がずれてしまっては本末転倒です。無理やり作る必要はありませんちょっとした興味喚起を起こすための工夫くらいに思っておいてください。

キャッチコピーの作り方については、下記記事にまとめましたのでご興味ありましたらぜひご覧ください。

自己PRや履歴書で使える!面接官にササるキャッチコピーの作り方6選 「この面接官本当に今僕の話聞いてくれてるのかな・・・」「履歴書一生懸命書いてるけど本当にちゃんと読んでくれてるのだろうか・・・」...

ステップ2:強みが活かされた経験を話す。

強みが生かされたエピソード

結論を話したら、そのあとはその強みが活かされた経験を話しましょう。

実際の経験をはなすことで、説得力が高まるだけでなく、「うちだったらこんな風にはたらいてくれるかも・・・」とあなたの活躍をイメージしてもらいやすくなります。

基本的には以下の3つの要素が入っていると綺麗になります。

  1. その時の状況と課題。
  2. どのように行動し、どのように強みが活かされたか。
  3. 結果として状況はどう変わったのか。

それでは、1つ1つ解説していきます。

要素1:その時の状況と課題。

強みが活かされた経験があるということは、その時の状況には何らかの解決すべき課題があるはずです。

それは「アルバイトで同僚の離職率が高かった」「サークル運営で、女子と男子の間でコミュニケーションの壁があった。」「部活の練習をさぼる人が多かった」みたいなことはもちろん、「なかなか英語の成績が上がらなかった」「陸上のタイムがなかなか上がらなかった」など自分のことでも構いません。

まずは、課題が何だったのか、しっかりと面接官に理解してもらいましょう。

自己PRの説得力や信ぴょう性を高めるためには、具体的に「状況と課題」を面接官が把握できるかどうかにかかっています。映像が頭に浮かぶように、状況をお話ししましょう。

【例文】
私のその強みが最も活かされたのは、私がサークルの運営スタッフを担っている際、運営スタッフの男女間のコミュニケーションを改善したときです。

私は大学のテニスサークルに所属しておりまして、2年生の時にサークル運営の役割を担いました。2年生になりたての春、サークル運営のスタッフに就任し始めのころは、運営スタッフはみんなとても仲の良かったのですが、しばらくすると男子は男子で「女子は全然サークル運営に参加しない」、女子は女子で「男子はテニスを楽しむばかりで全然働かない」というように、徐々にお互いの不満がたまり、気まずい空気がずっと流れていました。

その空気はサークル全体に伝播してしまい、先輩や後輩のサークルへの参加率もだんだん落ちてきてしまい、冬になるころには春の半分くらいの参加率になっていました。

要素2:どのように行動し、どのように強みが活かされたか。

ここがもっとも重要な部分です。状況と課題を面接官にイメージしてもらったら次は、あなた自身がどのように危機感を持ち、どのように行動し、どのようにあなたの強みが活かされたのかを話しましょう。

できるだけあなたが考えた事気をつけた事など具体的に話すようにしましょう。

【例文】
その状況を見て、「このままではサークルのメンバーが楽しめないサークルになってしまう。今年最後の先輩もいるのに、こんなきまずい空気のままでいいはずがない。」と思い、私は女子メンバー1人1人と、話す機会を設けました。

当然いきなり不満を聞いても話してもらえないことは想定していたので、全然関係ない話をしながら、警戒を解いてから、話を聞くようにしました。話を聞くときはしっかりと親身になって、表情や相槌を意識し、相手を一切否定することなく話を聞き続けました。

そうすると男子への不満がどんどん出てきました。僕はそのように女子全員一人一人時間をとって男子への不満を聞き出し、それを男子に伝え、改善するように伝えるということを女子全員分繰り返し、一つ一つ溝を埋めていきました。

要素3:結果として状況はどう変わったのか。

あなたの強みが活かされた結果、状況がどのように変わったのかを伝えます。

ここで話せる内容のスケール感は人それぞれかとは思います。

自分の成し遂げた事が大したことないように思えても、嘘をついて話を大げさにしない方がいいですよ。面接官に突っ込まれたら大変ですからね。あくまでも等身大で構いません。成し遂げたことのスケールは気にしなくてもいいと思います。

たとえスケールが小さくても、あなたが思い入れのある出来事を話す方がリアリティーがあって、説得力がありますから。

【例文】
結果として、男子も女子もそれぞれが不満を持っていたことを改善し、お互いが少しずつ寄り添うことで、コミュニケーションも復活し、サークル活動の活気が取り戻され、サークルの参加率も回復しました。

ステップ3:強みをどう活かすか話す。

企業で強みが生きる

さて、ここでもう一度自己PRの作り方を振り返りましょう。

正しい自己PRを作る3STEP
  1. 結論
  2. 強みが活かされた経験(エピソード)
  3. 企業で強みをどう活かすか

ステップ1で、結論を話しました。そしてステップ2では、その根拠となるあなたの強みが活かされた経験を話しました。

しかし、このままでは自己PRとして機能しません。このプロセス3が最も重要なパートとなります。

伝える内容は、「あなたの強みがその会社でどう活かされるか。」

これを伝える事で、2つのメリットがあります。

メリット1:あなたが会社で活躍しているイメージが湧きやすくなる

自己PRというのは、「私は、御社で活躍できますよ」というアピールにほかなりません。面接官も当然自己PRを聞きながら、うちだったらどんな活躍ができるのか・・・ということを考えて聞いているわけです。

そこで、最後の一押し、「強みがどう活かせるか」を話すことで、面接官がより具体的にあなたの活躍をイメージできるようになるのです。

メリット2:入社意欲の高さや賢さを同時にアピールできる

また、「強みをどう活かせるか」ということまで考えていくことで、ちゃんと会社のことを調べ、どんな能力が必要なのかを考え、そこに自分を当てはめようとしているんだなということも同時に伝わります。

結果として、「ちゃんと会社について調べてきているということは、入社意欲は高そうだ」「会社で活躍できる人材を考えながら自己PRをするなんて賢いな」というアピールにもつながるのです。

これがほかと大きな差別化になることもありますから、ぜひ最後に「その強みがどう会社で活かされるか」というところまで語れるようにしましょう。

【例文】

この私の聞き上手という強みは、御社で営業職として働く際、お客様の課題をとことんヒアリングするためのスキルとして役立てることができると思っております。

誰よりもヒアリングし、だれよりもお客様の課題に寄り添った提案ができる営業マンになりたいと思っております。どうぞよろしくお願いします。

自己PRの作り方のまとめ

いかがでしたでしょうか。今回は面接で合格を勝ち取るために外せない自己PRの方法やプロセスについて解説しました。

「1:結論を話す」「2:強みが活かされた経験を話す」「3:強みをどう活かすか話す」

自己PR攻略のための3つのステップ

この3ステップを正しく踏むことで、あなたの強みについての話が説得力を増し、そして面接官からおっ!この子は活躍してくれそうだ」という期待感までも高めることができます。

このステップを駆使した自己PRの例文集めはこちら!ぜひあなたの強みから例文を探して就活に役立ててください。

自己PRの例文集【アピールしたい長所別にまとめました】当記事は鉄板の自己PRの例文集。あなたの強みから逆引きできるようにまとめています。ぜひうまく活用して、効率よく内定を獲得してください。...
就職エージェントは就活力アップ&内定獲得までの最短ルート!
キャリアチケット

就職エージェントを利用すれば、無料で社会人から客観的に見たあなたの強みがわかるし、面接のトレーニング・フィードバックもしてくれる。友達同士でフィードバックするよりも、より効率よく就活力アップが見込めるはずです。

大手企業に行きたい方も、本番で失敗しないための練習をしておくことができるのです。

中でもキャリアチケットは優良な就活エージェントでおすすめ。エリアが合うのであれば、一度は足を運んでみては!

詳細ページ公式ページ