自己PR

面接官の心をつかむ鉄板の自己PR文テンプレート集【コピペ可】

キャリアチケット 内定率が1.39倍になるカウンセリング。是非大手選考が始まる前に!早期内定への最短ルートはキャリアチケット!

詳細ページ公式ページ

自己PRをどういう風に作っていいかわからない・・・と悩んでいませんか?

履歴書や、面接のシーンで、一言、1分、3分といろんな尺で求められる自己PR。自己PRを求められるたびにイチから考えていてはあまりにも大変。

でも実は、自己PRには型があり、伝えなければいけない要素は3つしかありません。実はその型通りに作れば自己PRは簡単にできてしまうのです。

そこで今回は、自己PRに必要な3つの要素を盛り込んだ自己PR文のテンプレートを尺に合わせてご紹介します!

まずは、テンプレートの意味を理解していただくために、自己PRに盛り込むべきものをお伝えしておきます。

自己PRに盛り込むべき3つの要素

3つのイメージ

大前提:自己PRの目的って?

自己PRの目的って何だと思いますか?

自分の強みを相手に伝えるため?

自分のこれまでの経験を相手に伝えるため?

いいえ、これだと50点です。

面接官は別にあなたの自慢話を聞きたいわけではありません。

面接官が知りたいのはただ一つ。「あなたが会社で活躍できる人材なのか」。ということだけです。

そうすると、自己PRは、自分の強みを伝える場ではなく、「自分は御社に貢献できる人材です」と相手へ自分を採用することのメリットを語る場なのです。

自己PRでは自分の強みだけでなく、「会社があなたを採用するメリット」を語る。

自己PRに盛り込むべき3つの要素

さて、「自分は御社に貢献できる人材です」と面接官に語るために、自己PRに盛り込むべき3つの要素とは一体何なのでしょうか。

結論から申しますと、この3つ。

・自分の強みは◯◯です。【自分の強み】

・強みが活かされた or 強みを培ったエピソード【エピソード】

・その強みを持って会社にどう貢献できるのか。【会社へのメリット】

この3つがあれば、過不足なく自己PRをすることができます。

話のメインはあくまでも「強みを持って会社にどう貢献できるのか」ということだけしっかりと念頭に置いておいてください。

ちなみに自己PRについて詳しい作り方を紹介した記事がありますので、「なんでこの3つなの〜?」という方は、是非ご一読ください。

では、それを踏まえた上でテンプレートをご紹介いたします。

自己PRテンプレート集

一言で自己PRをする場合

一言

一言と言われたら、だいたい20秒〜30秒程度でお話できると良いかと思います。

この場合、エピソードを話す時間があまりありませんので、エピソードは1単語程度にまとめておき、【会社へのメリット】をメインに伝えるようにしましょう。

テンプレート1(強みが活かされたエピソードをアピール)

私の強みは、◯◯◯です。【自分の強み】

学生時代ではその強みを生かして、◯◯◯◯◯という経験があります。【エピソード】

私は御社の◯◯職を志望しておりますが、

その強みを生かし、◯◯◯という貢献ができると考えております。【会社へのメリット】

よろしくお願いします。

テンプレート2(経験で培った強みをアピール)

私の強みは、◯◯◯◯◯という経験で培った【エピソード】

◯◯◯です。【自分の強み】

私は御社の◯◯職を志望しておりますが、

その強みを生かし、◯◯◯という貢献ができると考えております。【会社へのメリット】

よろしくおねがいします。

テンプレート3(テンプレート2の最後の部分だけ変更)

その強みを生かし、◯◯◯ができる◯◯職として御社に貢献ができると考えております。【会社へのメリット】

よろしくお願いします。

1分〜3分で自己PRをする場合

3分

一言での自己PRとは異なり、強みを本当に持っているのかどうか、信ぴょう性を高めるためのエピソードの詳細を話す時間があります。

1〜3分の長さはエピソード詳細のトークの長さで調整しましょう。

自己PRの尺の長さはエピソードの詳細の内容で調整

エピソード詳細は、当然何を話すかによりますが、まず「課題」がある状況で、「強みを生かした行動」あるいは「強みを培う行動」をとり、「成果」を出した、という流れにするとおさまりが良くなります。

「課題」→「強みを生かした行動」or「強みを培う行動」→「成果」

ただ、どれだけ自己PRの尺が長くても、【会社へのメリット】をメインに伝えるということは忘れてはいけません。

テンプレート1(強みが活かされたエピソードを語る場合)

私の強みは◯◯です。【自分の強み】

その強みがもっとも活かされたのは◯◯◯◯◯した時のことです。【エピソード】

◯◯という課題がありましたが、【エピソード詳細 課題】

私の強みを生かして◯◯という行動をとり、【エピソード詳細 強みを生かした行動】

課題を乗り越え成果を出しました。【エピソード詳細 成果】

私は御社の◯◯職を志望しておりますが、

その強みを生かし、◯◯◯という貢献ができると考えております。【会社へのメリット】

よろしくおねがいします。

テンプレート2(強みを培ったエピソードを語る場合)

私の強みは、◯◯◯◯◯という経験で培った【エピソード】

◯◯◯です。【自分の強み】

◯◯という課題がありましたが、【エピソード詳細 課題】

私は◯◯という行動をとり、【エピソード詳細 強みを培う行動】

課題を乗り越え成果を出しました。【エピソード詳細 成果】

私は御社の◯◯職を志望しておりますが、

その強みを生かし、◯◯◯という貢献ができると考えております。【会社へのメリット】

よろしくおねがいします。

さいごに

まとめのイメージ

いかがでしたでしょうか。今回は、自己PRをどう書けばいいのか悩んでいるあなたに向けて、自己PRのテンプレートをご紹介しました。

やはりどんな自己PRをするにせよ、「会社があなたを採用するメリットを語る」という目的からぶれないことが重要です。

その目的を叶えるために重要な要素は3つしかありません。

是非今回ご紹介したテンプレートを参考にしていただき、「自分の強み」、「エピソード」、「会社へのメリット」をしっかりと組み込んだ自己PRを作り上げ、面接官の期待に応えることで是非合格を勝ち取ってください。

ちなみに、さらに具体的な例文を見たいという方は、自己PRの例文集をご用意しておりますので、そちらをご覧ください!きっとあなたの自己PRの例文も見つかるはずです!

就職エージェントは就活力アップ&内定獲得までの最短ルート!
キャリアチケット

就職エージェントを利用すれば、無料で社会人から客観的に見たあなたの強みがわかるし、面接のトレーニング・フィードバックもしてくれる。友達同士でフィードバックするよりも、より効率よく就活力アップが見込めるはずです。

大手企業に行きたい方も、本番で失敗しないための練習をしておくことができるのです。

中でもキャリアチケットは優良な就活エージェントでおすすめ。エリアが合うのであれば、一度は足を運んでみては!

詳細ページ公式ページ