自己PR

面白い自己PRで笑いをとると有利?面接官に直接聞いた本音教えます!

自己PRは笑いを積極的に取りに行った方が、面接官の印象に残りやすく有利なのではないかと考えている就活生も多いのではないでしょうか。

グループ面接で、隣の学生が非常に流暢に、しかも面白い自己PRをして、面接官から笑いをガンガン取っていたとしたら、確かに焦りますよね。面接官も面白い自己PRの時の方が楽しそうです。

自分は全く面白い話を準備しておらず、笑いを取るのが苦手・・・あぁどうしよう・・・と追い込まれた経験がある方もいらっしゃると思います。

でも実際はどうなのでしょうか。「面白い」と確かに印象に残りやすいかもしれませんし、面接官もその場を楽しめます。しかし本当にそれが合格の理由に直結するのでしょうか。

さて、今回はそんな「自己PRは面白い方が有利なのか」という疑問について、数々の面接官から聞いた本音を紹介できればと思います。

まずその疑問についての結論から言います。「自己PRでは、面白い話をできる方が有利」です!まず理由からお話ししましょう。

自己PRで面白い話をすると有利になる理由

笑いのイメージ

理由1:自分自身の緊張がほぐれる

笑いを取ることができると、面接会場の張り詰めた空気が一気に和みます。すると、話している側の緊張がほぐれるのです。

「アイスブレイク」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。空気の緊張を和らげるための手法です。実際に講演などをする著名人も、講演の序盤に笑いを用意し、アイスブレイクを行っていたりします。

自分のトークで笑いが取れることで緊張がほぐれると、ガチガチになって頭が真っ白になることもなく、自分の本来の力を発揮しやすくなるので、緊張している学生と比べると非常に有利な状況になります。

理由2:印象に残りやすい

面接官は、普段からうんざりするくらい多くの似通った自己PRを聞いています。その中で特別面白くて笑ってしまった自己PRなどについては、当然楽しかった思い出として、記憶に残りやすく、覚えておきやすいのです。

多くの就活生のライバルがいる中で、埋もれないというだけでも非常に有利です。

理由3:コミュニケーション力のアピールになる

笑いをとるというのは高度なコミュニケーションです。

面白い話をしても、話し方が面白くなければ、笑いは取れません。ましてや、あの張り詰めた面接の現場です。そこで笑いを取るのは普段友達を笑わせるよりも難しいはず。話し方や話すタイミング、話の構成などがうまく組まれているからこそ、笑いが起きるのです。非常に高度なスキルと言っていいでしょう。

また笑いを取れるというのは、社会に出てからも非常に強い武器となります。面接官に印象を残せるのと同じように、営業先のお客様にも印象を残せるのです。面白さは即戦力として活用できる重要な能力なのです。

自己PRで笑いを取ることで、この高度なコミュニケーションスキルをもつことの証明を現場で行うわけですから、それは当然有利に働くことでしょう。

でも、面白い自己PRにはデメリットもある

デメリット

さて、ここまで読んで、「やっぱり面白い方が有利なのか・・・」と残念に思った方がほとんどだと思います。でもこれまでのトークは「面白い自己PR」を非常にうまく使いこなせている人に限った話です。

面白い自己PRにはデメリットもあります。今から紹介するデメリットをうまく避け、メリットのみを享受できるほどトークスキルを持った就活生は、ほぼみたことありません。つまり皆さんが普段見ている、笑いをとる就活生のほとんどは、デメリットも受けてるということなのです。

ではどんなデメリットがあるというのでしょうか。

デメリット1:本当に伝えたい部分を伝えるのが難しい

笑いを取ることができると、確かに面接官の印象に残りやすいのですが、その印象というのはあくまでも「面白い子」という印象です。例えば、自己PRで自分の「協調性」を伝えようとしても、面接官にとっては「面白い子」という印象が先行してしまいがちになるのです。

笑いを取りながらも伝えたい部分を伝えて、相手の印象を操作するコミュニケーションスキルは非常に高度で難しいのです。

デメリット2:軽い印象になりやすい

面白い自己PRをすると、どうしても軽い印象になってしまいがちです。多くの就活生が真面目に固い表情で緊張しながら自己PRするわけですから仕方ないことですが、あなたの発言すべてが軽く思われてしまっては本末転倒ですよね。

面白い話をしながら、話にメリハリをつけ、軽い印象を与えずに、伝えたいことを伝えるというコミュニケーションスキルもまた高度で難しいスキルなのです。

結論=「無理に笑いを取る必要はない」

結論のイメージ

面白い自己PRで笑いをとることの、メリット・デメリットを考えると、やはり高度なスキルを持ち合わせていない限りは、無理して笑いを取りに行く必要はないと思います。

自己PRの本質はあくまでも、「あなたがいかに会社の役に立てるのか」を伝えることですから、そもそも面白いかどうかという論点はずれているのです。

ただ、序盤に少し笑いが取れると、緊張がほぐれるという意味では、とても面接が楽になります。毎回面接のたびに、緊張して仕方ないという方は、本題に入る前に「アイスブレイク」として、笑いを用意するのは一つの戦略かなと思います。

今回は以上です。

【まずはサクッと1社内定】最短3日で内定が取れる就職エージェント【無料です】
キャリアチケット

「キャリアチケット」はGoogleやTOYOTA、サイバーエージェントなど、超優良企業とも繋がっている優秀な就職エージェント。最短3日〜1ヶ月であなたにあった企業からの内定獲得を目指します。

第一志望の会社で緊張しないためにも、まずは1社内定を取っておくのはありですよ。完全無料です。まずはレビューをどうぞ!

レビュー公式ページ