就活サービス

リクナビ・マイナビを使わないで就活する5つの方法【むしろオススメ】

リクナビマイナビ使わないで内定を獲得する方法ってないのかな?

色んな方法を知りたいし、それぞれの特徴とかメリット・デメリットを知りたい。

当記事では上記のような疑問に答えます!

就活ウルフ
就活ウルフ
どうもこんにちは!プロ就活アドバイザー就活ウルフです。

就活が始まったらとりあえずリクナビ・マイナビに登録する方は多いはず。でも、就活の方法はリクナビ・マイナビ以外にもたくさんあります。

以下ごく一部ですが、

  • 少数精鋭の合同説明会イベントで一気に内定まで決めてしまえる方法
  • プロフィールを登録して企業からのスカウトを待つ方法
  • 他力本願で企業探しをお任せしてサクッと内定を射止める方法
  • 世の中に公開されていない非公開求人を紹介してもらう方法
  • 受けたい企業だけをピンポイントに受ける方法 などなど
就活ウルフ
就活ウルフ
挙げ始めるとキリがないですが、一番大事なのはあなたに合った就活方法を選ぶことですよ。

ということで、今回は、企業の採用事情に精通している僕が、リクナビ・マイナビを使わないで就活する方法を紹介。

あなたが自分にあった就活スタイルを見つけられるように、それぞれの就活方法の「特徴・メリット・デメリット」とか「こんな就活生に向いてるよ」みたいな解説をします。

就活ウルフ
就活ウルフ
まずはリクナビ・マイナビが万全ではないという話から!

リクナビ・マイナビのデメリット【使わないで就活しても問題なし】

リクナビ・マイナビのデメリット【使わないで就活しても問題なし】

リクナビ・マイナビは使わなくても特に問題ありません。

確かに、企業検索ができて、説明会の予約ができて、スカウトメールも受け取れたり便利ですし、みんな登録するから安心感もあります。

ただ以下のようなデメリットもあるんですよ。

  • 企業が多すぎて絞り込みがめんどくさい
  • メールやDMがたくさん届きすぎて読みきれない
  • 会社説明会に何社も行くスタイルで効率が悪い
  • ナビでしか見つからない企業は時代遅れかも

以下簡単に解説しますね。

企業が多すぎて絞り込みがめんどくさい

まず1万〜2万社の中から自分で受ける企業を選ばなければいけません。検索して絞り込むだけでも超面倒です。

それに、企業ページには、たくさんの情報が詰め込まれいて、読みきれるわけありません。

メールやDMがたくさん届きすぎて読みきれない

たくさんの企業からたくさんのメールとかDMが届きます。

大体が会社説明会への案内メール。正直、読みきれるはずもないですよね。

就活ウルフ
就活ウルフ
連絡が来すぎて、大事な連絡を見過ごしてしまう可能性もあります。

会社説明会に何社も行くスタイルで効率が悪い

リクナビ・マイナビを使う就活は、説明会に何社も参加し、選考を受けるスタイルです。

説明会1社参加するだけで半日くらい持っていかれることもありますから、効率が悪いですよね。

就活ウルフ
就活ウルフ
時は金なり。特に学生時代って返ってきませんからねぇ。

ナビでしか見つからない企業は時代遅れかも

今はナビ以外にも、たくさんの就活方法がありますので、採用に力を入れている会社は色々試していますよ。

就活ウルフ
就活ウルフ
むしろリクナビ・マイナビだけで採用活動をしている企業は若干時代遅れ感も否めません。

というわけで、リクナビ・マイナビを使わなくても問題なし!

これから紹介するサービスは当然人気大手企業なども参加しているサービスです。

採用に力を入れている企業ほど、新しい採用方法を試しているということはぜひ知っておいてくださいね。

リクナビ・マイナビなしで効率よく内定を獲得する5つの就活方法

リクナビ・マイナビを使わないで効率よく内定を獲得する5つの就活方法

今回ご紹介するオススメの就活方法は以下の5つです。

  1. 社名を直接検索する
  2. イベントで直接企業と出会う
  3. 新卒紹介・就職エージェントを使う
  4. スカウトサイトを使う
  5. LINEを使った新しい就活方法

一つずつ詳しく解説しますね。自分にあったサービスを探してみてくださいね。

1:社名を直接検索する

多くの企業が、就活生向けに作られた採用専用のホームページを構えており、「社名 採用」などと検索すれば、そのページに到達することができます。

特に外資系企業などは、リクナビ・マイナビに掲載していないことも多いですね。インターンシップ情報も、自分で取りに行かなければなりません。

メリット
  • リクナビ・マイナビにはないオリジナルの情報を見ることができる
  • 興味のない企業からDMやメールが届くことはない
デメリット
  • 新たな企業との出会いが少ない。
  • 数受けるには非効率でめんどくさい。
こんな就活生に向いています
  • 入社したい企業が明確な就活生
  • 外資系企業を受けたい就活生

2:イベントで直接企業と出会う

リクナビやマイナビの合同説明会以外でも、世の中にはいろんな採用イベントが存在します。有名どころで言うと以下のような感じ。

即日内定イベント MeetsCompany少数精鋭のマッチングイベント。イベント後はカウンセラーによる就職支援によって内定獲得確率は大幅アップ。開催エリアが広く、開催数も多いので参加しやすいのが特徴です。参加時期は早ければ早いほど優良企業と会えます。(詳細レビューはこちら

ジョブトライアウト採用担当者たちが見守る中で、ビジネスゲームをプレイ。そのプレイ内容で各企業にアピールしつつ、自分の動きに対するフィードバックがもらえる一石二鳥のイベント。ゲーム後は交流会があります。

DEiBA→複数回のグループディスカッションを通じて企業の人から評価されて、フィードバックももらえるイベント。企業と出会えるだけでなく、グループディスカッションの練習になるイベントです。

逆求人フェスティバル自分でブースを出して、自分が企業の人たちに自己PRするイベント。企業からのフィードバックを通じて、メンタルやプレゼン力が鍛えられるイベント。

他にも就活イベントは無数にありますが、紹介した上記の4つのイベントは人事の中でも有名。大手優良企業も多数参加するイベントです。

メリット
  • WEBでは見つけることができなかった優良企業と出会えること。
  • WEB上の情報を読まずとも、企業の人に直接話を聞けるから楽。
  • 企業の人とコミュニケーションする経験を積むことで就活慣れできる。
  • 同じイベントに参加する就活生との出会いが待っていること。
デメリット
  • 1回のイベントで出会える企業を選べない。(偶然に託す)
こんな就活生に向いています
  • どんな会社に入りたいかわからない。
  • WEBで企業情報を調べるのがめんどくさい。
  • 就活慣れしたい。
  • 直接会って話がしたい派。
  • 短期間で内定がとりたい。

最もおすすめのミーツカンパニーについては、詳細をまとめた記事がありますので、ご覧ください。

【悪評あり】ミーツカンパニーってどうなの?【就活のプロが徹底レビュー】 就職イベントの「ミーツカンパニー」ってぶっちゃけどうなの?内定率96%って本当なの? 悪評があったら知っておきたい。メリッ...

3:新卒紹介・就職エージェントを使う

就職エージェントとは、無料で利用できる就職支援サービス。プロのカウンセラーがあなたにマッチした企業を選定して紹介してくれます。

有名どころでおすすめの優良エージェントは以下。どれ選んでも間違いないです。

キャリアチケット →知る人ぞ知る優秀な就職エージェント。大手企業を含む一流企業を紹介先に持っていて、最短3日で内定が出ます。人材業界で働く管理人もお墨付きのエージェント。全国展開していて参加しやすいです。

キャリアパーク就職エージェント→上場企業のポート社が運営する就職エージェント。大手企業というよりも、準大手やベンチャー企業の紹介に強い。拠点は東京です。

マイナビ新卒紹介→就活生ならみんなご存知マイナビのエージェント。マイナビという媒体を通じて企業との繋がりが広く、紹介先も充実しています。東京・名古屋・京都・大阪に拠点があります。

以下特徴です。

メリット
  • WEBを探しても見つからない非公開求人を紹介してもらえる。
  • 個別に面接対策をしてくれるので合格率がぐっと高まる。
  • エージェントがあなたの条件にマッチする企業を探してくれるのでラク。
  • 特別選考枠を組んでもらえるので内定までが早い。
  • 何社も会社説明会に通う必要はない。
デメリット
  • エージェントとつながっている会社でなければ紹介されない。
こんな就活生に向いています
  • どんな会社に入りたいかわからない。
  • WEBで企業情報を調べるのがめんどくさい。
  • 会社説明会に行く回数を減らしたい。
  • とりあえずサクッと内定を一社取りたい。
  • 面接対策を自分で行うのが難しい。

「キャリアチケット」はそんな就職エージェントの中でも、特にオススメ。紹介できる企業の幅が広く、一流企業が多いのが特徴です。

【悪評あり】キャリアチケットをレビュー【同業者が解説します】 就職エージェントの「キャリアチケット」ってぶっちゃけどうなの? 悪評があるなら知っておきたいし、メリットやデメリット、口コ...

4:スカウトサイトを使う

あなたのプロフィールを登録しておくだけで、企業があなたを探してくれて、スカウトがもらえるサービスがあります。

下記、スカウトサイトの有名どころといえば、オファーボックス一択だと思います。

適性診断AnalyzeU+という自己分析ツールを無料で使うことができます。累計100万人のデータに基づいた診断結果を得ることができ、あなたの強みがはっきりと浮き彫りになり、自己PR文作成などにも便利ですよ。

利用は無料なので、登録しておくだけしておいて損はありません。

就活生の約4人に1人が登録!オファー型就活アプリOfferBox

以下特徴です。

メリット
  • 自分で動かなくても企業があなたを探してくれる。
  • 何社も会社説明会に行かなくて良い。
  • 相手から誘われるので割と優遇されやすい。
  • 自分の市場価値がわかる。
デメリット
  • 面接対策は自分で行う必要がある。
  • 多くの場合は、たくさんスカウトが来るわけではない。
こんな就活生に向いています
  • WEBで企業情報を調べるのがめんどくさい。
  • 会社説明会に行く回数を減らしたい。
  • 受け身な姿勢で就活したい。
  • 自分の市場価値を知りたい。

5:LINEを使った新しい就活方法

digmee

かなりピンポイントですが、digmeeというLINEを活用した就活サービスを活用するという手もあります。

digmeeはLINEで友達登録すると、就活イベントや内定直結合同選考会などの情報が届くようになります。

以下特徴です。

メリット
  • LINEを使うので、硬いメールを打つ必要がない。
  • スマホを使って隙間時間に就活できる。
  • 新しいものに敏感なチャレンジ好きの企業と会える。
  • 優良企業に対して、利用している就活生が少ない。
デメリット
  • 面接対策は自分で行う必要がある。
  • ナビほど企業をたくさん抱えていない。
こんな就活生に向いています
  • 隙間時間を使って効率よく就活したい。
  • スマホでラフに就活がしたい。
  • 受け身な姿勢で就活情報を得たい。
  • 挑戦心が強い企業に出会いたい。

優良企業に対して、利用している就活生が少ないので、完全に穴場です。

digmee(ディグミー)をレビューする【LINEがうざいと悪評あり】 digmee(ディグミー)ってぶっちゃけどうなの? レビューを読んでみたい。口コミや評判も確かめたいし、悪評があれば見てお...

リクナビ・マイナビ以外の就活方法まとめ【自分に合うサービスをどうぞ】

リクナビ・マイナビ以外の就活方法まとめ【自分に合うサービスをどうぞ】

今回は、リクナビ・マイナビなどのナビサイトを使わずに就活する方法をご紹介してきました。

改めてまとめると以下のような感じ。

  1. 社名を直接検索する
  2. イベントで直接企業と出会う
  3. 新卒紹介・就職エージェントを使う
  4. スカウトサイトを使う
  5. LINEを使った新しい就活方法

ナビからの就活は非効率的で消耗しますから、みんなと同じやり方で就活する必要はありませんよ。

就活ウルフ
就活ウルフ
自分に合う就活方法を選べばいいと思います。採用に力を入れている企業は、ナビ以外でも出会えますので。

紹介したものについては全部やってもオッケーです。全部無料だし、1社の会社説明会に行ってる時間で全部登録完了しますから。

ナビは辞書として利用すると良いです

とはいえリクナビ・マイナビを使ってないと不安って人もいると思います。

もちろんリクナビ・マイナビを使うなと言っているわけではありません。リクナビ・マイナビだけで就活をしているとあまりに非効率ですよという話。

リクナビ・マイナビは企業情報が詰まってる辞書として利用するのはありだと思います。

就活ウルフ
就活ウルフ
とにかくリクナビ・マイナビに固執せず、いろんな武器を試しておいた方がいい時代ですね。

まず一つ登録してみよう【世界が変わる】

このままこの記事を閉じてしまっては、また同じことを繰り返すことになると思います。

就活ウルフ
就活ウルフ
なので、まず一つでいいので、今登録してみませんか?

全部1分あれば登録完了するものばかりです。1分動くだけで明日からの就活が激変しますよ。

MeetsCompany少人数制の合同説明会イベント。(レビュー記事はこちら

キャリアチケット→知る人ぞ知る優秀な就職エージェント。(レビュー記事はこちら

OfferBox→適性診断も無料で利用できるスカウトサイト。

digmee→LINEを使って隙間時間を活用できる就活サービス。