自己PRの書き方・例文

「縁の下の力持ち」を面接でアピールする自己PRの作り方【例文付き】

自分は「縁の下の力持ち」タイプの人間だ。

これまでも自分にスポットライトが当たらずとも、いろんなサポートをしてきた。そんな自分の性格をぜひ就活でも生かしたい。

でもどうやって自己PRを作ればいいんだろうか・・・。

当記事では、上記のような悩み・疑問にスカッと答えます。

就活のプロとして長年人材業界で働いている私から、正しい型での自己PRの作り方やアピールするためのポイントを例文交えて伝授させていただきます!

社会では、誰かのために役に立つことでお金を稼ぐことになります。「縁の下の力持ち」=「自分にスポットライトが当たらなくても頑張れる、誰かのために尽くせる才能」が生かされるのは言うまでもありません。

断言しますが、「縁の下の力持ち」は社会人として持っておくべき重要なスタンスです。業種・規模・職種問わず、どんな会社でも、自己PRのネタとして使えます。ただし、特に事務職や管理職にとってはわかりやすいアピールかもしれませんね。

このように、「縁の下の力持ち」という自己PRは、非常に汎用性の高いネタです。しかし場合によっては、「主役になりたくない」「センターに立ちたくない」というような負のニュアンスとして受け取られ、誤解されうる言葉でもありますので、十分に気をつけなければなりません。

では自己PRをつくっていきましょう!

無料でプロに相談してみませんか?

就職エージェントではなく、プロカウンセラーに無料で就活の相談をしてみませんか?

エージェントだと企業の紹介先が限られていますが、プロのカウンセラーなら、あなたが受けたい企業の攻略法のアドバイスがもらえます。

相談できる相手は、大手上場企業の内定獲得に特化した就活塾を運営する寺尾さん。Zoomで初回カウンセリングは無料です。実際に大手で活躍されている方なので、1回相談するだけでも価値がありますよ。大手インターンシップ選考の相談も受付中です!

>>プロカウンセラーに無料相談<<

縁の下の力持ちを長所として自己PRを行う上での3つのステップ

縁の下の力持ちを長所として自己PRを行う上での3つのステップ
正しい自己PRを作る3STEP
  1. 結論
  2. 強みが活かされた経験(エピソード)
  3. 企業で強みをどう活かすか

自己PRの基本ステップについては以前の記事で詳しくまとめていますので、まだ読まれていない方はそちらからどうぞ!

自己PRとは?面接が重視する項目と自己PR文の作り方【例文付き】当記事では、就活のプロアドバイザーが自己PRで企業が重視することや、企業ウケの良い自己PRの作り方を例文通じて解説しています。...

それでは、各STEPごとに見ていきましょう。

STEP1:結論

まずはシンプルに結論から伝えるようにしましょう!最初に結論から話すことで、面接官も話の全体像を掴みやすく、話をわかってもらいやすくなります。

また、ここで「縁の下の力持ち」=「センターに立ちたくない」という誤解を防ぐための手を打っておきます。先述した2つのポイント。

「スポットライトが当たらないことが苦ではない」というニュアンスを先に伝える。

「人のために貢献するのが好き」という感情を伝える。

これを最初から挿入することで誤解を防ぎやすくなります。

【例文】
私の強みは、縁の下の力持ちであることです。

私は、自分にスポットライトが当たらないことが苦ではなく、自分の働きの影響で人に喜んでもらうのがとても好きです。

自己PRの印象をキャッチコピーで強化しましょう

「縁の下の力持ち」や同じようなニュアンスの「ホスピタリティー」などのネタで自己PRをする就活生は多いため、差別化が必要です。

差別化のために、この結論の部分にてキャッチコピーを使って面接官からの印象を強めるというのも手です。

【例文】
私は、自称最強の名脇役。人を輝かせることに貢献するのが大好きな「縁の下の力持ち」です。

いかがでしょうか、少し表現を変えるだけで単純に「強みは縁の下の力持ちであることです」というよりも印象に残りやすくなった気がしませんか?面接官も人間ですから、こういうちょっとしたことで印象が変わったりするので、ぜひ工夫していきましょう!

なお、面接官に響かせるキャッチコピーの作り方は下記記事でまとめました!ぜひそちらをご覧ください。

【就活】キャッチコピーの作り方講座【例文付き/自己PRやESを強化】 自己PRやESなど、就活でより企業へのアピールを強めるためにキャッチコピーをうまく活用したい。 でも作り方と活用方法がよく...

STEP2:強みが活かされた経験(エピソード)

さて、結論を述べたあとは、これまであなたの「縁の下の力持ちであること」が最も活かされた時のエピソードを話しましょう。

強みが活かされた経験の話は、あなたが縁の下の力持ちとして力を発揮できる人材であることの根拠になり、信ぴょう性を高める役割を果たします。

あなたにしか語れないエピソードを具体的に面接官に話すことで、「こんなエピソードが語れるのであれば、本当に縁の下の力持ちに違いない」という印象につなげるようにしましょう。

オーソドックスな話の構造としては、以下のような順番でお話しするとよいでしょう。

エピソードトークの構造
  1. 達成すべき目標がある
  2. 縁の下の力持ちとして力を発揮する
  3. 成果が出る

エピソード1:達成すべき目標がある

縁の下の力持ちとしての能力を発揮するための前提となる目標や課題の描写です。

【例文】

そんな私の強みが最大限発揮されたのは、バスケットボール部のマネージャーとして練習メニューを考えた時のことです。

私たちのチームは大学リーグ戦で一回戦で負けてしまうような弱小チームでしたが、私の代のチームのメンバーはモチベーションは高く、大学リーグ戦で優勝しようという実績からは考えられないくらい高い目標を掲げていました。しかし目標を立てただけで、状況はなかなか変わらず、目的のない練習が続いてました。

エピソード2:縁の下の力持ちとして力を発揮する

縁の下の力持ちとしての能力を発揮したエピソードを語る場面です。話自体の信ぴょう性を高めるためにも、具体的にどのような行動をとったのかをエピソードに組み込みましょう。

【例文】

私はこのままでは何も変われないと感じ、試合のビデオを見返しながら自分なりに研究したり、バスケのプロの方にしつこくコンタクトをとり、会う機会を得て、課題をヒアリングする事で、今のチームに何が足りないかを明確化しました。

また強豪チームやプロの練習法を研究し、自分のチーム用にカスタマイズしながらオリジナルの練習メニューを作り上げました。

チームメンバーにとってはかなりハードな練習メニューでしたが、みんなは私のことを信じ、練習に打ち込んでくれました。

エピソード3:成果が出る

縁の下の力持ちとしての能力を発揮した結果、どういう成果を導いたのかを話していきます。ここではできるだけ良い成果が出たエピソードを語りましょう。

日本は謙虚さが重んじられるため、人によっては、良い成果を話すことに抵抗があるかもしれません。

しかし、これはあくまでも自己PRです。もし謙虚になりすぎて、成果が出てない話などをしてしまうと、面接官からすれば「なぜこの話をしているんだろう。アピールする気ないのかな・・・」と不安に思ってしまいかねません。

素直に都合の良い成果の話をするのも、志望度を相手に伝えるという意味では重要なのです。

【例文】

すると練習の成果が出て、チームの課題が徐々に克服されていき、翌年の大学リーグでは優勝とまではいきませんでしたが、ベスト8という史上最高の順位を取ることができました。

確実な成長と、縁の下にいる自分が役に立った喜びを感じました。

STEP3:企業で強みをどう活かすか

ここでもう一度自己PRの作り方を振り返りましょうか。

正しい自己PRを作る3STEP
  1. 結論
  2. 強みが活かされた経験(エピソード)
  3. 企業で強みをどう活かすか

STEP1の結論で話したあなたの強みを、STEP2のエピソードで根拠付けましたから、あとは、その強みが企業でのどんな活躍につながるかを語ります。

自己PRはあくまでも「私は御社で活躍できますよ」というアピールですから、ある意味自己PR全体の中でここが一番大事です。

ここまでの話は、すべてこのSTEP3のためにあるといっても過言ではありません。

ここで重要なのは、2つです。

1:相手の企業の仕事をしっかりとイメージしていること。

2:あなたの強みがなぜその仕事に生かされるのかの理由を話せていること。

まずは自分が応募している仕事がどんな仕事で、どういう力が求められているかをホームページや説明会での話などから情報収集しましょう。

そしてあなたの「縁の下の力持ち」という強みがその仕事にて活躍するために、どう生かされるのかをイメージしてから、話の構成を考えましょう。

【例文】

私は御社のコンサルティング職を志望しておりますが、お客様よりお客様のことを考え、縁の下の力持ちとしてお客様への価値提供に徹することができるコンサルタントとして、御社に貢献していきたいと考えております。

どうぞよろしくお願いします。

縁の下の力持ちの自己PRを作る際のポイントまとめ

縁の下の力持ちの自己PRを作る際のポイントまとめ

縁の下の力持ちを長所とした自己PRを行う上で重要なポイントがあります。

「縁の下の力持ち」=「主役になりたくない」という負のニュアンスを回避すること

「縁の下の力持ち」というのは、確かに社会人として求められる力ですが、嫌なニュアンスで捉えられると、「プレッシャーのかかる主役になりたくない」、というようなニュアンスで捉えられなくもありません。

会社の本音はこうです。

対顧客では相手のために貢献し、会社の中では主役になるつもりで働いて欲しい。

「プレッシャーのかかる主役になりたくない」と捉えられると、上昇志向がなかったり、上に立つつもりがないという受け取られ方をされるリスクがあるのです。

この誤解を回避するためには、2つのことを伝えることをオススメします。

「スポットライトにあたりたくない」のではなく「スポットライトが当たらないことが苦ではない」というニュアンスを先に伝え、さらに「人のために貢献するのが好き」という感情を伝えることです。

「スポットライトが当たらないことが苦ではない」というニュアンスを先に伝える。

「人のために貢献するのが好き」という感情を伝える。

ぜひ以上を参考にして、オリジナルの自己PRを作り上げ、ぜひとも面接で合格を勝ち取ってください!

縁の下の力持ちでの自己PRの例文まとめ

縁の下の力持ちでの自己PRの例文まとめ

いかがでしょうか。下記のように自己PRを作ると、信ぴょう性もあり、企業とも繋げられる自己PRになります。

正しい自己PRを作る3STEP
  1. 結論
  2. 強みが活かされた経験(エピソード)
  3. 企業で強みをどう活かすか

例文をつなげると以下のようになります。

私の強みは、縁の下の力持ちであることです。

私は、自分にスポットライトが当たらないことが苦ではなく、自分の働きの影響で人に喜んでもらうのがとても好きです。

そんな私の強みが最大限発揮されたのは、バスケットボール部のマネージャーとして練習メニューを考えた時のことです。

私たちのチームは大学リーグ戦で一回戦で負けてしまうような弱小チームでしたが、私の代のチームのメンバーはモチベーションは高く、大学リーグ戦で優勝しようという実績からは考えられないくらい高い目標を掲げていました。しかし目標を立てただけで、状況はなかなか変わらず、目的のない練習が続いてました。

私はこのままでは何も変われないと感じ、試合のビデオを見返しながら自分なりに研究したり、バスケのプロの方にしつこくコンタクトをとり、会う機会を得て、課題をヒアリングする事で、今のチームに何が足りないかを明確化しました。

また強豪チームやプロの練習法を研究し、自分のチーム用にカスタマイズしながらオリジナルの練習メニューを作り上げました。

チームメンバーにとってはかなりハードな練習メニューでしたが、みんなは私のことを信じ、練習に打ち込んでくれました。

すると練習の成果が出て、チームの課題が徐々に克服されていき、翌年の大学リーグでは優勝とまではいきませんでしたが、ベスト8という史上最高の順位を取ることができました。

確実な成長と、縁の下にいる自分が役に立った喜びを感じました。

私は御社のコンサルティング職を志望しておりますが、お客様よりお客様のことを考え、縁の下の力持ちとしてお客様への価値提供に徹することができるコンサルタントとして、御社に貢献していきたいと考えております。

どうぞよろしくお願いします。

ちらの例文は2〜3分程度で会話の中でお話しする前提の長さなので、尺や履歴書のフォーマットに合わせて分量は調整してください。以下に尺別、用途別の自己PRのテンプレートをまとめています。

自己PR文テンプレート集【尺・用途別にまとめました】自己PRをどういう風に作っていいかわからない・・・と悩んでいませんか? 履歴書や、面接のシーンで、一言、1分、3分といろんな尺で求...

その他、いろんな強みで自己PRを考えてみたい方は、下記の記事をご覧ください!様々な自己PRの例文が詰まっていますので!

失敗しない自己PRの例文集【アピールしたい長所別にまとめました】当記事は鉄板の自己PRの例文集。あなたの強みから逆引きできるようにまとめています。ぜひうまく活用して、効率よく内定を獲得してください。...

自己PRができたらまずは企業の反応を見てみましょう

自己PRができたらまずは企業の反応を見てみましょう

自己PRができたものの、本当にこのエピソードは企業に響くのか?という心配はありますよね。

その心配は、スカウトサイトに自己PRを登録すると解決できます。

就活生
就活生
ん?スカウトサイトと自己PRがなんの関係があるの?
就活ペンギン
就活ペンギン
以下で説明しますね。

スカウトサイトのプロフィールを書くと企業からの反応がわかり、自己PRが上達します。

スカウトサイトは、あなたのプロフィールを登録しておくことで、それを見た企業から「うちを受けないかい?」とスカウトされるサービスです。

ということは・・・

「あなたの強みや経験」に対し、企業がどんな反応をするか見ることができるってことです。

就活生
就活生
第一志望の本番前に、色々試せそうでいいですね!
就活ペンギン
就活ペンギン
その通り!いわゆるマーケティングってやつですね!

スカウトサイトは無料で使えるので、自己PRを磨くためにも、プロフィールをスカウトサイトに登録することをオススメします。

就活生
就活生
無料なら、デメリットないですね!すぐ登録します!

でも・・・スカウトサイトって、どのサービスがいいの?

スカウトサイトってどんなサービスがあるの?

結論から言うと、スカウトサイトは有名どころだけ登録すればオッケーです。

就活ペンギン
就活ペンギン
利用企業数が少なくて、スカウトが来なかったら意味ないですからね。

となれば、選択肢は以下の3択に絞れます。全部登録してもメリットはありますし、まずは一つからでも大丈夫です。

OfferBox就活生の4人に1人が登録するスカウトサイト業界では圧倒的にナンバー1です。高品質な無料の適性診断AnalyzeU+を利用できます。アクティブユーザー数が多く、企業のスカウトに対するモチベーションも高いです。

dodaキャンパス→穴場のスカウトサイト。運営企業は大手企業のベネッセなので安心です。JTBやmixiなど大手有名企業も参画しています。無料の適性診断ツールも利用できるので、自己PR作成に役立ちます。

キミスカ→変り種ですが、有名です。他社の選考状況を登録することで、スカウトをもらえるという少し変わったサービス。有名企業の選考を進んでいる方にオススメです。

就活ペンギン
就活ペンギン
僕の一押しは、OfferBoxです。僕自身が人材業界にいるので分かりますが、スカウトサイト業界では”1強”です。圧倒的に企業数が多く、スカウトをもらえる確率も高いです。

\人気企業の枠には限りがあります/

無料で登録できます

※仮登録は所要時間1分です

なかなか自己PR作成が進まない方は他人にアドバイスをもらいましょう

就活生
就活生
それでも、なかなか自己PRがうまく作れない場合はどうしたらいいのかなぁ?
就活ペンギン
就活ペンギン
他人から客観的に見たあなたの強みを教えてもらうといいですよ。

他人からアドバイスをもらうのは、以下のような方法があります。

  • 自己PRの例文を徹底的に見る
  • 友達とか親に聞いてみる
  • 就職エージェントに相談する

下記に当サイトの強み別に分けて例文を用意していますので、読むと参考になるはず。(旧自己PR版から工事中です)

失敗しない自己PRの例文集【アピールしたい長所別にまとめました】当記事は鉄板の自己PRの例文集。あなたの強みから逆引きできるようにまとめています。ぜひうまく活用して、効率よく内定を獲得してください。...

また、友達とか親に聞いてみると、自分で考えているものとは全然違う強みが見つかるはずですよ。

さらに、就職エージェントを利用して、専門的なプロから無料で自己PRのアドバイスをもらう方法もあります。

就職エージェントも無料で利用できます。下記にまとめていますので、興味ある方はどうぞ。

新卒向けおすすめ就職エージェント3選【プロが選び方も解説する】「新卒向けの就職エージェントでおすすめのサービスを知りたい。」←本記事では、こういった疑問に答えます。プロの就活アドバイザーの管理人が厳選した3つの就職エージェントとその厳選理由を解説します。...

就活生
就活生
エージェントも無料で利用できるのか・・・ナビだけじゃなくて、色々使ってみよ!
就活ペンギン
就活ペンギン
就活サービスは企業からお金をもらっているケースが多いので、ほとんど無料で利用できますよ!頑張ってくださいね!
無料でプロに相談してみませんか?

就職エージェントではなく、プロカウンセラーに無料で就活の相談をしてみませんか?

エージェントだと企業の紹介先が限られていますが、プロのカウンセラーなら、あなたが受けたい企業の攻略法のアドバイスがもらえます。

相談できる相手は、大手上場企業の内定獲得に特化した就活塾を運営する寺尾さん。Zoomで初回カウンセリングは無料です。実際に大手で活躍されている方なので、1回相談するだけでも価値がありますよ。

大手インターンシップ選考の相談も受付中です!

>>寺尾さんの無料相談はこちらから<<