就活全般

【新卒向け】冬採用攻略のための完全ガイド【大手内定も可能です】

冬採用は、就職活動における最後のチャンス。焦る気持ちはある。

でもせっかくの新卒入社で妥協したくはない。

当記事では上記のような悩みにお答えします。

就活ウルフ
就活ウルフ
どうもこんにちは、人材企業に勤め、就職支援を行っております就活ウルフです。

今回は、就職活動のプロである僕が「冬採用でホワイト企業から内定を獲得するためのノウハウ」をすべて詰め込みました。

以下ご覧ください。

冬採用とは?【春・夏・秋採用との違いは?】

冬採用とは?【春・夏・秋採用との違いは?】

まず冬採用ってどういう採用活動なのか解説しますね。

  • 冬採用の時期っていつから?
  • 春採用・夏採用との違い
  • 秋採用との違い

冬採用の時期っていつから?

冬採用とは、12月~3月までの採用のことを指します。不人気企業以外の採用活動はほぼ終了しつつあり、残り少ない採用枠をとり争うタイミングです。

「冬採用」と「春採用・夏採用」との違い

冬採用は、春採用・夏採用と比べて、以下のような特徴があります。

  • 会社説明会を開催する企業が少ない
  • 参加する学生は少数(ほぼ個別対応)
  • 説明会募集している会社は不人気業種が大半

冬採用になると、ナビ上で採用活動を行っている企業はほぼ不人気業種。

大手企業やホワイト企業の求人はナビ上では公開されず、非公開求人として就職エージェントに依頼がかけられます。

「冬採用」と「秋採用」との違い

秋採用との違いは、チャンスをつかむためのスピード感がよりいっそう大事になるというところ。

ホワイト企業の冬採用の活動は「1名募集かけてすぐに閉じる」というような感じになります。

秋採用も冬採用も基本的には内定辞退による欠員補充や内定者数の調整です。

ただ、秋の時点では数名の採用枠が用意されていますが、冬の場合は1名の求人がぱっと沸いてぱっとなくなるイメージです。

就活ウルフ
就活ウルフ
「採用枠が生じた瞬間をとらえられるかどうか」が就活成功のカギを握ります。

冬採用を行う企業の目的は4つに分かれる【ホワイト企業は存在する?】

冬採用を行う企業の目的は4つに分かれる【ホワイト企業は存在する?】

冬採用を行う企業の目的パターンは概ね以下の4つに分けられます。

  • 内定辞退などの欠員補充
  • 秋採用までで採用しきれていない
  • ずっと募集している通年採用
  • 初めて新卒採用を始めた

以下で詳しく説明しますね。

パターン1:内定辞退などの欠員補充

すでに内定は出そろっていたものの、内定辞退が急きょ起きたことによる欠員補充を行うというパターンです。

就活ウルフ
就活ウルフ
人気企業によくみられるケースですね。

ちなみに冬にもなると欠員も1名とか2名なので、会社説明会を開催するには効率が悪いです。

そのため、募集をかける先は就職ナビではなく、ピンポイント採用を就職エージェントに依頼するケースが多いです。

パターン2:秋採用までで採用しきれていない

まだまだ内定目標数に到達していないというパターンです。

就活ウルフ
就活ウルフ
不人気業種がこのパターンに陥りやすいです。

このような会社はできるだけ多くの就活生と会いたいため、会社説明会を開催します。

そのためリクナビやマイナビなどで検索することができます。

パターン3:ずっと募集している通年採用

文字通り通年でずっと採用活動を行っている企業もあります。

「いい人がいればいくらでも採用するよ」というスタンスです。

就活ウルフ
就活ウルフ
割と成長優良企業が多いですよ。

パターン4:初めて新卒採用を始めた

実は初めて「新卒採用」を始めるという企業もまれにあります。冬時点で「新着掲載企業」と出る会社の中にたまに混ざっている感じです。

裏話ですが、冬になるとマイナビもリクナビも掲載料金がめちゃくちゃ下がります。そのため、新卒採用をやったことない企業がテストをするにはいいタイミングなんです。

就活ウルフ
就活ウルフ
新卒採用をこれから始める企業は規模は小さい成長企業が多いですね。

冬採用で狙い目企業はズバリこの2タイプ

冬採用で狙い目企業はズバリこの2タイプ

冬採用で狙い目の企業は、以下2つのタイプの企業です。

  • 内定辞退により欠員補充が必要になった人気企業
  • 無名だけど待遇が良い中小企業

内定辞退により欠員補充が必要になった人気企業

待遇がよい人気企業の急な内定辞退などによる欠員補充の採用にのっかることです。

先ほど説明したように、冬採用における人気企業の採用枠は、非公開求人としてパッと出てパッとなくなります。

就活ウルフ
就活ウルフ
圧倒的にスピード勝負です。

無名だけど待遇が良い中小企業

いわゆる「穴」って感じの企業を狙うのも手です。

無名で知られていなくて不人気。だけど待遇もよいホワイト企業。

こんな会社もたくさん埋まっています。

ただ、こういうスタンスの会社は中小企業であっても、生産性を高める動きをとっています。

そのため、集客効率の悪い冬に「採用担当を使って何度も会社説明会を開催させる」なんて生産性低すぎですから、基本的にあまりナビ上では見つけられないかもですね。

就職エージェントに採用したいターゲットを依頼して、効率よく採用するパターンも多いです。

就活生にとっての冬採用のメリット・デメリット【浪人すべき?】

就活生にとっての冬採用のメリット・デメリット【浪人すべき?】

冬採用になると就職浪人すべきかどうか迷うかもしれません。もちろんあなたの人生なのでご自身で決断するのがよいと思います。

ただ、1年という時間で社会人になった人とそうでない人は大きな差がつきますので、納得いく就職先が見つかるなら今年決めてしまった方がいいと僕は思いますよ。

就活ウルフ
就活ウルフ
別に気に入らなければ転職すればいいわけですから。

というわけで、就活生にとっての冬採用のメリット・デメリットを押さえておきましょう。は以下の通り。

まずメリットから。

冬採用のメリット
  • 企業が焦っているため受かりやすい。
  • 内定まで早い。
  • 周りの就活生のレベルが低い。

そして次にデメリットです。

冬採用のデメリット
  • 企業が選べない。
  • ブラック企業の見極めが大変。

以下で少し解説しますね。

メリット1:企業が焦っているため受かりやすい。

冬にもなると、就活生が焦っているように企業も焦っています。

結局合否を出すのは人であり、人は感情の生き物ですから、なんだかんだいって多少は合格のハードルが下がる傾向にあります。

メリット2:内定まで早い。

冬は選考ステップが省略されるケースが多いですね。

上述の通り、企業の採用担当者も焦っているので、内定までのスピードが早いです。

メリット3:周りの就活生のレベルが低い。

これもメリットですが、春採用や夏採用に比べて、就活生のレベルが低いです。

就活力もそうですが、何より雰囲気が暗いですから、面接対策をしっかりして、明るく元気にするだけでも目立ちますよ。

デメリット1:企業が選べない。

デメリットとしては、行きたい企業が必ずして追加採用を行うとは限らないということ。つまり企業が選べません。

どうしても行きたい企業がある場合は、一旦似た業種に入って転職を狙うか、就職浪人も手ですね。

デメリット2:ブラック企業の見極めが大変。

ナビ上で不人気企業の割合が増えます。

不人気企業にももちろん優良企業・ホワイト企業もありますが、ブラック企業の率も当然大きいので見極めが非常に大変。

できれば就職エージェントなどを利用して、企業の目利きはプロに依頼した方がいいかも。

冬採用の攻略なら「就職エージェント」活用がおすすめ

冬採用は就職エージェント活用がおすすめ

というわけで冬採用においては就職エージェントの利用をお勧めします。

就職エージェントとは、無料で利用できる就職支援サービス。プロのカウンセラーがあなたにマッチした企業を選定して紹介してくれます。

また、個社ごとに面接対策もしてくれるので、未経験からでも就活がはかどり、内定率がぐっと高まります。

就職エージェント活用をおすすめする理由は以下です。

  • ブラック企業の見極めをプロに任せることができる
  • パッと出てくる人気企業の非公開求人をとらえることができる
  • 面接対策などを通じて、就活力を高めてくれるため、他就活生と差がつく

冬以降、就活イベントも激減しますし、ナビ上はどの企業がブラック企業なのか判別がとても難しくなります。

就活ウルフ
就活ウルフ
働いたことのない学生からすれば、その見極めは困難。プロに任せた方が安全です。

人気企業の求人も基本的に就職エージェントに集約され、非公開求人として募集されますので、頼まない手はないと思います。

何より、相談できる相手がいることで、残り時間が少ない状況で就活を行うストレスが軽減されますよ。

就活ウルフ
就活ウルフ
友達や親だと親しすぎて相談しにくい内容でもありますからね。

冬採用にに強い「就職エージェント」を選ぶための3つのポイント

冬採用にに強い「就職エージェント」を選ぶための3つのポイント

冬採用での就職エージェントの選び方のポイントは以下の3つです。

  • 実績があること
  • 就活生を積極応募していること
  • カウンセラーと相性が良いこと

実績があること

まずエージェントとして無名で、実績がないところは若干危ないです。紹介先がブラック企業・不人気業種だらけってこともあります。

有名で実績のあるエージェントに人気企業の求人は集まりますので、実績があるかどうかはチェックしましょう。

就活生を積極応募していること

冬になっても「積極的に就活生の申し込み」を募集しているしているエージェントは「非公開求人」をまだまだもっているということですね。

求人数が多ければ多いほどチャンスがありますから、公式サイトなどを見て「募集を促すようなメッセージ」があるかどうかは確認しましょう。

カウンセラーと相性が良いこと

これは実際に行ってみないとわかりませんが、カウンセラーと相性は相当気にした方がいいですね。

卒業まで残り時間が少ない中で、優良企業の内定を決めるためには就職エージェントのカウンセラーとのチームワークが非常に重要です。

就活ウルフ
就活ウルフ
あなたも言いたいことが言えて、相手も言いたいことが言える関係になれそうな、パートナーを探しましょう。

エージェントに行ってみて合わないと感じたら、即他のエージェントに乗り換えでオッケーです。←この割り切りは結構大事。

冬採用に強い就職エージェントはキャリアチケット

冬採用に強い就職エージェントはキャリアチケット

僕は就職支援を行っている会社で働いていますが、ぶっちゃけ同業者の僕からもおすすめできる冬採用対策としての就職エージェントは「キャリアチケットです。

おすすめする理由としては、キャリアチケットには以下のような特徴があるからです。

  • 実績がめちゃくちゃあるため人気企業からの信頼も厚い
  • 非公開求人をたくさん抱えている
  • 内定までのスピードが超速い【最短3日】

業界的にも有名な就職エージェントですから安心ですし、内定までスピード感があったり、全国展開していて通いやすかったりと、冬の就活生のニーズにこたえてくれています。

就活ウルフ
就活ウルフ
もちろんキャリアチケットは非公開求人をたくさん持っていますから、冬以降も積極的に募集をかけています。

キャリアチケットの完全無料申し込みは以下のリンクより可能です。

興味ある方は僕のレビュー記事などもご覧ください。

【悪評あり】キャリアチケットをレビュー【同業者が解説します】 就職エージェントの「キャリアチケット」ってぶっちゃけどうなの? 悪評があるなら知っておきたいし、メリットやデメリット、口コ...

冬採用成功のポイントは行動スピード

冬採用で成功するには、極端な話、一日でも、一時間でも早く行動して、「パッと出てくるチャンス」をつかむことが大事です。

刻一刻と求人は減り続けていきますし、エージェントの面談枠も無くなっていきますからまずすぐに「キャリアチケット」に申し込んでみましょう。

就活ウルフ
就活ウルフ
申し込みは1〜2分程度で済みます。

行動スピードを速めてチャンスをつかんでください。1か月でも1週間でも最後の学生時代を楽しんでください。

面談枠がなくならないうちに今すぐ申し込みどうぞ!

【スグに脱NNT可能】就職サイト・就職エージェント3選【プロのお墨付き】

キャリアチケット→普通のエージェントでは相手にすらされない超一流企業も紹介先にもつ「知る人ぞ知る」就職エージェント。同業者でも絶賛するレベルの優良サービスです。意外と就活生からの知名度は低いのでオススメです。最短3日で内定が出ます。詳細レビューはこちら

digmee(ディグミー)→LINEで友達登録するだけで、就活に必要な情報やあなたにマッチした企業の案内がもらえます。新しめのサービスということもあって、参画している企業が新しいもの好きのイケイケ企業。利用学生はまだ少ないので狙いめです。(詳細レビューはこちら

即日内定イベント MeetsCompany少数精鋭のマッチングイベント。イベント後はカウンセラーによる就職支援によって内定獲得確率は大幅アップ。開催エリアが広く、開催数も多いので参加しやすいのが特徴です。参加時期は早ければ早いほど優良企業と会えます。(詳細レビューはこちら

これらは下記記事の抜粋です。

スグに脱NNTできる就職サイト・就職エージェント3選【プロが教える】 優良企業から内定がほしい。NNTにはなりたくない。 新卒にオススメの厳選された就職サイト・就職エージェントが知りたい。 ...