面接対策

誰でもできる!質疑応答で面接官から評価される話の聞き方5つのコツ

面接の質疑応答の際に、面接官に質問したはいいものの、相手の話にどうリアクションしていいかわからないどんな顔をして聞けばいいかわからないどこに視線を向ければいいのかわからない、なんてことで困っていませんか?

話に興味ないわけじゃないのに、どうリアクションとっていいのかわからないまま、結果薄いリアクションしかできずに、相手に微妙な印象を与えてしまった・・・なんてことは社会人慣れしていない 就活生によくあること。

そこで今回は、質疑応答の際、あたかも「話に興味がありそう」に見せるためのリアクションの取り方について解説していきたいと思います。誰でもできる簡単なものですから、当記事を読んだ後、出来ていなかった部分は、次の日からすぐに実践してみてください。

まず、質疑応答の際に相手に興味を示すことが、いかに重要なのかということからお伝えします。

質疑応答の際、興味を示すことの重要性

相手に興味を示す

質疑応答の時間は基本的には評価対象だと考えたほうが無難です。面接官によっては、「これで面接は終了です。ここからは評価しませんので安心してください。」なんてことを言って質疑応答の時間にはいったりもしますが、結局合否の決定は、質疑応答後にされるのです。直接評価されないにしても、面接の評価に影響を与えないはずがありません。

また、質疑応答は入社意欲を見極める非常に重要なシーンです。入社意欲が高ければ、会社に興味が強いはず、そうすると当然質問も出てくるはずで、質問への答えには興味を持って聞くはずだ。と面接官は考えています。そして当然、入社意欲が高いと判断されたほうが合格に近づきます。

つまり、質疑応答を通じて、面接官には「志望度が高く、興味がある」という印象を残したいところ。そのためには、質問後の聞いている姿勢やリアクションで面接官の話に興味を示すことが非常に重要なのです。

それでは、具体的に面接官の話に興味を示すためのコツについて解説していきます。

質疑応答で相手に興味を示す5つのコツ

1:前のめりな姿勢で話を聞く

前のめりのイメージ

話を聞くときは、前のめりな姿勢で話を聞きましょう。具体的にはちょっと体を前に傾けるだけです。本当にそれだけで面接官からの印象がぐっと変わりますので、すぐにでも試してみてください。

ただし、前のめりすぎに注意。若干前に傾けるくらいが違和感なく丁度良いです。また、その際に背筋は曲がらないように注意しましょう。

こちらが前のめりな姿勢にするだけで、話している側は、相手からの興味を感じ、気持ちよく話すことができます。相手から情報を引き出すプロである記者も意識している姿勢です。

2:視線は相手と目をずっと合わせないように

視線を合わせるイメージ

話を聞くときは、相手と目を合わせることが正解、みたいな先入観があるかもしれません。でも、ずっと目を合わせられると、話し手としては圧迫感があり、非常に話しにくくなります

また、ずっと目を合わせていると本当に話を聞いているのか不安にもなります。相手が目を合わせているときは自分の話を受け入れて、目をそらしている間は話の情報を自分の中で咀嚼している。話し手は自然とそのように受け取るものです。そのため、目をずっと合わせていると、情報を聞き流している印象になってしまうのです。

緊張して表情が硬くなるのはわかりますが、聞いている側も適度に視線を話すように意識しましょう

3:表情は大げさに

大げさな表情のイメージ

聞いてるときの表情も非常に重要です。リアクション下手な就活生は表情作りを恥ずかしがっているパターンも多いです。

でも、話し手の気持ちになって考えてみてください。無表情の人に話し続けることほど辛いことはありません。できれば、笑ってほしいところは笑ってくれて、納得してほしいところは納得した表情になってほしいものです。

目を見開いたり、笑顔を見せたり、納得したという顔をしてみたり、どんどんその場に合わせた顔のリアクションをとりましょう。

表情は大げさだと自分が感じるくらいが丁度よいです。自分としては表情を変えたつもりでも、自分で思ってるほど、表情は変わってません。緊張する面接の場だったら尚更です。表情の変化も相手に伝わらなければ意味がありません。遠慮せずどんどん表情を変えていきましょう。

結果として、面接官にも「話を聞いている感」が伝わり、印象もよくなるはずです。

4:相槌も大げさに

大げさな相槌のイメージ

相槌についても、自分では大げさに感じるくらいが丁度いいです。なぜならば、社会人同士のコミュニケーションは学生に比べて相槌が大きく、面接官はそれに慣れているため、学生が大げさと感じるくらいが丁度良いのです。

なるほど!そんなことがあったんですか!
へぇ!そうなんですね!
面白いですね!
すっごくおもしろそうですね!

など、相手の話に合わせて大きくリアクションしてみましょう。面接官もあなたからの反応があればあるほど、話しやすくなるものですよ。

5:リアクションに困ったときは、おうむ返し

オウム返しのイメージ

これまでリアクションのコツをお伝えしてきましたが、どうしても相手の話にどう反応していいかわからず、リアクションや相槌に困ってしまうこともあると思います。

そんなときは最終手段「おうむ返し」という技を使えます。相手が言ったことをほぼそのまま繰り返すことで、話を理解している印象を与えながら、リアクションするというテクニックです。

【面接官】
「仕事で面白いことはお客様が経営者である場合が多く、話しているだけで勉強になることですね。」

【あなた】
「なるほどですね!お客さまが経営者であることが多くて、話しているだけで勉強になるんですね。」

みたいな感じです。

頭が回っていないときでも、オウム返しをすることでしばらくは時間が稼げますし、オウム返しをしているだけでも、相手はどんどん乗ってくる場合もあります。

すぐにできるスキルとして覚えておくと便利ですよ。

面接官とはいえ話し手はデリケート

これまで、相手に興味を示すリアクションの取り方について解説してきました。

面接官とはいえ、話す側は非常にデリケート。「相手は自分の話に興味あるのかな」と常に不安に思いながら話しているのです。ですから、こちらから面接官が話しやすい空気を作ってあげましょう。それだけで面接官からの印象はよくなります。面接官だって一人の人間ですから、そういう感情は大事なんですよ。

お伝えしたコツを振り返りましょう。

前のめりな姿勢

視線を適度に外す

表情は大げさに

相槌お大げさに

困ったらオウム返し

全て明日からにでもすぐに実践できますので、ぜひ試してみてください。リアクションは才能ではありません。
トレーニングで身に付けることができます。

ぜひ、鏡の前で練習してみてください。そして、いいリアクションをとって、面接官からの好印象を獲得しましょう!

今回は以上です。

【まずはサクッと1社内定】最短3日で内定が取れる就職エージェント【無料です】
キャリアチケット

「キャリアチケット」はGoogleやTOYOTA、サイバーエージェントなど、超優良企業とも繋がっている優秀な就職エージェント。最短3日〜1ヶ月であなたにあった企業からの内定獲得を目指します。

第一志望の会社で緊張しないためにも、まずは1社内定を取っておくのはありですよ。完全無料です。まずはレビューをどうぞ!

レビュー公式ページ