面接苦手克服したい

一次選考で落ちる割合は50%!落ちる理由と対策は?【就活生向け】

一次選考は、一番簡単なはずなのに、なぜか落ちる

不合格になる理由を知りたい。

また一次選考突破のために対策も知れたら嬉しい。

当記事では上記のような悩みにお答えします。

就活ペンギン
就活ペンギン
どうもこんにちは、人材企業に勤め、就職支援を行っております就活ペンギンです。

一次選考は就活の登竜門とも言われおります。僕も就活生の頃、一次選考がめっちゃ苦手でした・・・。

今から思うと、これからお伝えする不合格になる理由全て当てはまっていたと思います。

というわけで、今回は、そんな僕の経験も踏まえて、一次選考に落ちまくって悩むあなたのために、理由や対策を書きます。

一次選考に落ちる割合は?【大手と中小で異なります】

一次選考に落ちる割合は?【大手と中小で異なります】

タイトルにも書きましたが、

一次選考で落ちる割合は平均して約50%程度

と言われています。

でも実は、大手企業と中小企業でかなり割合は異なります。

中小企業はなかなか就活生が集まりませんから、実際一次選考ではほとんど合格させ、企業がむしろ自分たちのアピールをする時間に使われる傾向にあります。

8〜9割合格させるところも多いですね。つまり落ちる割合位は10%〜20%程度。

就活ペンギン
就活ペンギン
むしろそうでもしないと中小企業は新卒採用できないですからね。

そう考えると大手企業では50%をはるかに上回るレベルで落ちるということです。特に人気の大手企業は合格のためのハードルも高いですから、7割〜8割くらい落ちると思っていた方がいいかも。

一次選考で落ちる割合は、大手中小に分けると、以下のイメージが正しいです。

  • 不人気・中小企業→10%〜20%
  • 人気・大手企業→70%〜80%

では一次選考に落ちる理由はなんなのでしょうか。それを説明するにあたって、まずは企業が一次選考を開催する目的から解説していきます。

企業にとっての一次選考とは【目的は第一印象の足切り】

一次選考の定義について

一次選考のやり方や目的は当然企業によって全然異なりますが、最も典型的なパターンで解説していきますね。

一次選考の目的=第一印象での足切り

一次選考は、最も多くの就活生が受ける選考です。

そのため、企業からすると、じっくり一人一人と話をして、質問して掘り下げ、潜在能力やキャラクターを見極めていく時間がありません。

面接官が見ることができるのは、せいぜい『第一印象』くらいです

具体的には、以下です。

  • ぱっと見の印象
  • 清潔感
  • キャラクターと社風のマッチ度
  • 最低限のコミュニケーション力  など

一次選考内では物理的に見ることができないことが多いのです。

ただし企業からすれば、第一印象だけで人を不合格にするのはリスクでもあります。

就活ペンギン
就活ペンギン
もしかしたら、第一印象はイマイチでも「ものすごく頭の切れる人」などがいるかもしれませんから。

だから、一次選考で、人を不合格にするのは、面接官としても、それなりにハードルがあるわけです。そこで以下のようなことが起きます。

一次選考には△評価が存在する!

第一印象がイマイチでも、合格の可能性を残せるように、一次選考には、通常△評価(オマケ合格)があります。 

イメージはこんな感じ。

〇=合格!

×=不合格!

△=わからない、、、から二次選考以降で、上の人にしっかり見てもらおう。

つまり、△がある分、合格しやすいはずなんです。なのになぜ一次選考に落ちるのか。

一次選考で落ちる3つのよくある理由と対策

不合格者の3つの特徴は?

本来合格しやすい一次選考で不合格になる人には、考えられる理由が3つあります。基本的にどれかに当てはまっているはずです。

  1. 第一印象悪い。(清潔感や明るさなど)
  2. 緊張しすぎて、本来の力が出ない。話すのが苦手すぎ。
  3. 企業が求めているものを全く考えていない。

一つずつ解説しますね。

1:第一印象が悪い(清潔感や明るさなど)

人は第一印象で相手の55%の評価を決めると言われています。

つまり、以下のような人は、瞬間的に、直感的に、「この就活生はおそらくダメだ」と判断されてしまうということです。

  • スーツがよれよれ
  • フケが付いている
  • 髪の毛がボサボサ
  • 靴が汚い
  • 姿勢が悪い など
就活ペンギン
就活ペンギン
一度そうなってしまっては、そのあと面接で挽回するのはとても難しくなります。

対策

まずは、見た目を整え、清潔感あるルックスで面接に臨むようにしましょう。

第一印象をよくするためには、第一声の明るさ・気持ちのいい挨拶・笑顔も大事です。

この辺りは全て家で練習できるはずですから、苦手な方はぜひ鏡の前で練習してみてください。

2:緊張しすぎて、本来の力が出ない。話すのが苦手すぎ。

面接でもグループディスカッションでも、本当は優秀なのに、緊張して、本来の力が全く出ていないという不幸なパターンも考えられます。

就活ペンギン
就活ペンギン
本当にこういう人が報われないのは残酷です。僕も極度のあがり症で悩んだので、よくわかります。

対策

短期で対策できることとすれば、『緊張した際の切り返しを予め準備しておく』という方法です。

緊張した時に、うまくその緊張を生かして言葉を切り返すことができれば、場の空気が和み、緊張が緩和されたりします。準備しておくだけで済むので、対策としてはかなり楽です。

この辺りの詳細は下記に書いているので是非ご参照ください。

【あがり症対策】面接で緊張した時に使える「切り返し」7選面接は誰でも緊張するもの。でも特にあがり症の方は手が震えたり、足が震えたり、声が震えたり、頭が真っ白になったりと他の人よりも少しわかりや...

また、話すのが苦手な方も仕方ありません。人には得手不得手がありますから。

ただし、話すことがない職業はありません。ですから、話すのが苦手だとしても、まずは「話し方のコツ」を知り、「話す練習をする」ことをオススメします

当サイトでも、効果的な話し方について解説していますのでぜひご覧ください。

【プロが伝授】面接の話し方のコツ7つと練習法【すぐ評価が上がる】 当記事では上記のような悩みに答えます! 「面接で話すのが苦手。」「本当に伝わっているのかわからない・・・」など、面...

3:企業が求めているものを全く考えていない。

企業には「採用したいターゲット像」があります。

それをまったく考えずに面接に臨むと、一次選考ですら大外しする可能性があります。

例えば、営業職を募集しているとします。

当然、人とのコミュニケーションをとる仕事。適性のある人間を採用したいと考えているとします。

ということを全く考えずに、就活生が「僕実は、人見知りで、話すことが苦手なんですよ・・・」なんてことを言ってきたら、採用しようと思うでしょうか。

面接官からすると、「なんでわざわざ自分が不利になることを言うんだろう・・・アピールする気ないのかな?あるいは何も考えてないのかな?」と捉えざるを得ません。

就活ペンギン
就活ペンギン
こうなってしまっては一次選考の時点でアウトを出すジャッジになってもおかしくないですね。

対策

対策としては非常にシンプル。

本当にその会社に入社したいのであれば、「その会社がどういう人を求めているのか」を考えて、「自分をそのターゲットに近づけていく」ことをオススメします。

一次選考で落ちる理由はプロに相談したら秒速でわかります

一次選考で落ちる理由はプロに相談したら秒速でわかります

以上が一次選考で落ちる理由のあるあるですが、人によっては「どれも当てはまらない…」ということもあるでしょう。

「対策を打ってもなかなか改善されない…。」なんてこともあるかもしれません。

そんな時は、就職エージェントに申し込むのがおすすめ。

就職エージェントとは、無料で利用できる就職支援サービス。プロのカウンセラーがあなたにマッチした企業を選定して紹介してくれます。

また、個社ごとに面接対策もしてくれるので、未経験からでも就活がはかどり、内定率がぐっと高まります。

就活ペンギン
就活ペンギン
たくさんの就活生の内定を支えてきたプロのカウンセラーに相談すれば秒速で不合格の理由が明確になりますよ。

無料で利用できるし、プロを味方につけることはできるし、就活のアドバイスがもらえるし、面接対策もしてくれる。

だけど、紹介された企業を受ける必要もないし、決まったとして行っても行かなくてもいい。

正直就職エージェントは利用するメリットが大きすぎです。

以下オススメの就職エージェントを掲載しておきますね。

▼おすすめの就職エージェントサービス3選

キャリアチケット→実績が豊富で、紹介される企業の質が高いことで有名な人気エージェント。最短3日という内定スピードに定評ありです。全国に拠点があります。(詳細レビューはこちら

MeetsCompany4人に1人の就活生が利用する人気のエージェント。少数精鋭の合同説明会イベントと内定までのサポートがセット。全国で開催されるので、地方学生も参加しやすいです。(詳細レビューはこちら

マイナビ新卒紹介→マイナビのエージェント。企業との繋がりが抜群に広く、紹介先が充実しています。東京・名古屋・京都・大阪に拠点があり、面談はそこで行います。(詳細レビューはこちら

今回は以上です。

新卒向けおすすめ就職エージェント3選【プロが選び方も解説する】「新卒向けの就職エージェントでおすすめのサービスを知りたい。」←本記事では、こういった疑問に答えます。プロの就活アドバイザーの管理人が厳選した3つの就職エージェントとその厳選理由を解説します。...

一次選考はコツを掴めば必ず突破できます。

就活ペンギン
就活ペンギン
実際に大手企業だと一次選考に落ちる割合も高まりますが、コツを掴んでいる人がそれだけ少ないということなのです。

是非エージェントをうまく活用して、就活力をアップさせ、最高の内定先を獲得してください!応援しています。

内定スピード重視の就活サービス3選【全部無料】

キャリアチケット→満足度No1の人気エージェント。実績が豊富で、紹介される企業の質が高いことで有名です。最短3日という内定スピードも人気の秘訣。全国に拠点があって使いやすいです。(詳細レビューはこちら

ジョブスプリング→関東での就職を考えているならおすすめ!AIを活用しつつ、活躍できる企業にこだわって紹介されるので、3年以内の離職率は0.1%。一人一人大切に扱ってくれるエージェントです。 (詳細レビューはこちら

MeetsCompany→変り種。4人に1人の就活生が利用する人気のイベント型エージェント。少数精鋭の合同説明会イベントと内定までのサポートがセット。全国で開催されるので、地方学生も参加しやすいです。(詳細レビューはこちら

新卒向けおすすめ就職エージェント3選【プロが選び方も解説する】「新卒向けの就職エージェントでおすすめのサービスを知りたい。」←本記事では、こういった疑問に答えます。プロの就活アドバイザーの管理人が厳選した3つの就職エージェントとその厳選理由を解説します。...