就活全般

これで安心!就活のプロが教える鉄板のオワハラ対策【例文付き】

まだ受けたい企業があるのに、入社を決めなければ内定は出さないと言われてしまった・・・」「大手を受けたいのに、就職活動を終えなければ内定は出さないと言われてしまった・・・」と、企業からのオワハラに不快な思いをしたり、悩んだりしていませんか?

内定が出るまでどうしても立場が弱い就活生にとっては、かなりストレスがかかることですし、これまでいい人だと思っていた担当者がいきなり迫ってきてびっくりしているかもしれませんね。

でも、大丈夫です。オワハラは企業にとっては法的な拘束力もない駆け引きでしかなく、対策を知っていれば有利に話を進めていくことが可能です。

そこで今回は就活のプロが、オワハラ対策について徹底的に解説します。

オワハラとは?

はてなのイメージ

オワハラとは「就職活動終われハラスメント」の略で、企業が内定を出す直前に学生に入社承諾と就活終了を迫り、自社に確保しようとする行為のことです。

その企業が第一志望であれば問題ないですよね。そのまま入社宣言をして就職活動を終えればいいのです。しかし、第二志望や第三志望の場合悩まされてしまいます。

第一志望に合格するかもしれない、けど落ちたらどうしよう。もし第一志望に落ちてしまったら、第二志望の会社に入りたいけど、就活終わらないと内定出ない・・・」という葛藤に頭を悩まされてしまいます。

オワハラの様々なパターン

企業は、まるで脅しのようなきつい言い方から、優しい言い方まで、様々なパターンであなたに入社承諾を迫ってきます。

「最終選考は合格です。でも、就職活動を終わらないと内定出せません。」

「最終選考は合格だけど人数に限りがあるから、入社を承諾する順番で内定を出していきます。」

「あなたは合否ラインぎりぎり。もし今決めてくれるのであれば内定が出ます。」

「今決めたほうがいいんんじゃない?他のところ、落ちちゃうかもよ?」

「最終選考は不合格。入社意欲が足りない。合格したいなら、入社を決めて就職活動を終える覚悟を示してほしい」

「今決断しないと、枠埋まってしまうかも。」

他にもいろんなパターンが存在します。

では、企業はなぜこんなオワハラを仕掛けてくるのでしょうか。企業側の意図を知ることが、オワハラに対策として、有利に話を進めていくために重要です。

オワハラを仕掛けてくる企業側の意図

本音のイメージ

オワハラを行う理由は、あなたのことを採用したい気持ちが企業側にあるからです。それが大前提です。駆け引きまでして、あなたのことが欲しいのです。

ではその前提に立った上で、駆け引きの裏側にある企業側の意図について解説します。主にオワハラを行う背景には企業側の意図が2つあります。

意図1:主導権を渡したくない。

選考で選ぶ立場でもある企業が、内定を出したらみなさんが選ぶ立場になってしまう。つまり主導権が企業からあなたに移るわけです。そうなったらもう手の打ちようがない。

だから、その状態を避けるために、入社を決めてくれるまで内定を出したくないのが企業側の本音なのです。

意図2:志望度の確認

「内定出したら、就職活動を辞めてくれる?」といった瞬間の相手の反応表情発言企業は就活生の志望度を見極めようとしています

どれくらい企業に入りたい気持ちが強いのか、何番目に志望しているのか、他に第一志望はないか。オワハラはこれらを確認する作業なのです。

企業からすると、面接で本音の入社意欲を確認することは容易ではありません。面接中ほとんどの学生は、「御社が第一志望です!」と話すわけですが、本音を知る術はありません。

だからこそ、最後の最後で、本音を引き出そうとしてくるわけです。そういう意味ではオワハラは、真の最終選考だともいえるでしょう。では企業側の意図を踏まえた上で、対策について解説します!

オワハラ対策

まず、オワハラ対策のゴールを明確にしよう

まずは、オワハラ対策っていてもなんのためにするのか、ゴールは何なのかしっかりと整理しておきましょう。オワハラはなぜ困るのかというと、その企業の内定はほしいが、他に受けたい企業があり、就職活動を終えたくはないからですよね。

つまりオワハラのゴールは、合格はキープしたまま、納得いくまで就職活動を続けることができる状態にするです。

オワハラのゴールは、合格はキープしたまま納得いくまで就活を続けられる状態

目的が整理されたところで、対策について解説していきます。対策のパターンは2つ存在するので、自分や状況にあったやり方を選んでください!

オワハラ対策1 嘘をついて、入社を快諾する。

うそをつく

最もシンプルなやり方です。嘘をついて、「入社します。就職活動、やめます!」と相手に伝えることで、一旦内定を獲得し、より志望度の高い企業に合格したら、辞退するという方法です。このやり方は、納得いくまで就職活動を続ける上で、非常に長い時間を稼げます。

当然辞退すれば、企業の人は多少傷つくでしょう。また、その人と気まずい関係になってしまうかもしれません。ただし、企業の人も慣れていますから、結局そんなもんだと割り切ってる場合がほとんどです。

【メリット】

内定を確実にキープできる。
納得いくまで就活を続けるために長い時間を稼げる

【デメリット】

罪悪感を感じる。
企業担当者の方と気まずい関係になるかもしれない。

ただ、嘘が苦手な人もいると思います。自分の人生を有利に運ぶためだとはいえ、人間としてそもそもどうなんだろうと、感じてしまう方もいるでしょう。

そんな人のためにも、嘘をつく以外の方法もお伝えします。

オワハラ対策2 正直に話し、承諾期限を指定する。

正直に話すイメージ

正直に自分の気持ちを相手に伝え、承諾期限を自ら指定するという方法です。例えばこのような感じです。

【例文】

合格通知ありがとうございます。大変嬉しく思います。現状は本当に御社に行きたいと思っています。

ですが、就職活動は、自分の人生にとって大切なことだと思っているため、じっくり考えたいですし、心から納得して入社を決めたいと考えております。

正直申し上げると、実は今どうしても気になってる会社があり、一度そこの説明や選考は受け、そのあとでじっくり考えて、入社先を決めたいと考えております。

そのため、せっかくのありがたいお話をいただいたにもかかわらず大変恐縮ではございますが、◯月◯日まで時間をいただけませんでしょうか??

このような方法でうまくいけば、相手に嘘をつくこともなく、自分が納得するまで就活することができるでしょう。しかし、当然こちらも駆け引きを仕掛けているため、内定を確実にキープできないこともあります

【メリット】

嘘をつく必要がない。
うまくいけば、自分が指定した日にちまで就活を続けることができる。

【デメリット】

交渉に失敗するリスクはゼロではなく、内定をもらえない可能性がある。

では、この交渉を成功させるためのポイントをお伝えします。

ポイント1:感謝を伝えること。

まずは、自分を欲しいと思ってくれた企業の方に対して、感謝の気持ちを述べましょう。これは最低限のマナーですし、感謝を示すことで、真剣に会社のことを考えていることやあなたの誠実さが相手に伝わり、交渉にも影響するでしょう。

ポイント2:自分で期限を具体的に指定する

「待って欲しい」と伝えるだけでは、企業にとって有利な時間を指定されてしまいます。あなたが納得するまで就活をしたいのであれば、企業から指定される前に、あなたから期限を指定すると良いでしょう。

しかし相手から「もう少し短くできないか」と交渉される可能性もあるので、指定する期限は、できるだけ余裕をもった期限を指定しましょう。

オワハラがあっても落ち着いて対応しましょう。

オワハラを行う企業側の視点や、対策はご理解いただけたでしょうか?

企業はあなたを採用するためにいろんな駆け引きをしてくることでしょう。いざ面接官に「合格を出したいから就活を終えて欲しい・・・今決められる?」というようなこと言われると、経験値の少ない就活生としてはどうしても焦ってしまい、よく考えずに発言してしまうものです。

「オワハラ」にあったときは、まずは落ち着くことが大事です。落ち着いて、自分が納得いく就活ができるように冷静に交渉しましょう。

慣れないうちは、「今少し立て込んでるので、ちょっと考えてまた折り返します。」と伝えて、じっくり作戦を練ってから電話するようにしましょう。

みなさんの人生は一度きり。納得する就活ができるように、ぜひ解説を参考にオワハラ対策を行ってください!

今回は以上です。

【スグに脱NNT可能】就職サイト・就職エージェント3選【プロのお墨付き】

キャリアチケット→普通のエージェントでは相手にすらされない超一流企業も紹介先にもつ「知る人ぞ知る」就職エージェント。同業者でも絶賛するレベルの優良サービスです。意外と就活生からの知名度は低いのでオススメです。最短3日で内定が出ます。詳細レビューはこちら

digmee(ディグミー)→LINEで友達登録するだけで、就活に必要な情報やあなたにマッチした企業の案内がもらえます。新しめのサービスということもあって、参画している企業が新しいもの好きのイケイケ企業。利用学生はまだ少ないので狙いめです。(詳細レビューはこちら

Meets Company(ミーツカンパニー)少数精鋭のマッチングイベント。イベント後はカウンセラーによる就職支援によって内定獲得確率は大幅アップ。開催エリアが広く、開催数も多いので参加しやすいのが特徴です。参加時期は早ければ早いほど優良企業と会えます。(詳細レビューはこちら

これらは下記記事の抜粋です。

スグに脱NNTできる就職サイト・就職エージェント3選【プロが教える】 優良企業から内定がほしい。NNTにはなりたくない。 新卒にオススメの厳選された就職サイト・就職エージェントが知りたい。 ...