よく聞かれる質問対策

「他社の選考状況は?」という質問意図と答え方のコツ【例文付き】

面接官に唐突に他社の選考状況を聞かれて、なんて答えるのが正解かわからず困った経験はありませんか?

「御社が第一志望ですと言ったけど、他に受けている企業があったら疑われるんじゃないか・・・」

「人気企業を受けていることにしたほうがいいのかな・・・」

「なんて答えれば、面接では有利になるのかな・・・」

など、面接官の意図がわからなければ、いろんなことを考えてしまいますよね。

そこで今回は、面接官の視点を知り尽くす就活のプロが、他社の選考状況を聞いてくる面接官の意図を踏まえた上での効果的な答え方を、例文付きで解説していきます!

「他にどこ受けているの?」に隠された面接官の3つの意図

3つの意図

まず効果的な答え方を知るためには、面接官の意図を知ることが重要です。

では他社の選考状況を聞いてくる面接官の意図はなんなのでしょうか。大きくは3つの意図があります。

1:自社への入社意欲を確かめたい

2:あなたの就活軸を知りたい

3:あなたの賢さを見極めたい

この中のどれか、あるいは組み合わせたものが他社の選考状況を聞いてくる意図だと考えていいでしょう。それでは一つ一つ見ていきましょう。

1:自社への入社意欲を確かめたい

企業は面接で就活生を見極める立場というイメージがあるかもしれませんが、実際は企業も選ばれる立場です。あなたがどれだけ自社を好きでいてくれているか、当然気になるわけです。

企業にも採用計画があります。その計画を正確に遂行するためには、就活生の志望度を把握しておく必要があるのです。

2:あなたの就活軸を知りたい

他社の選考状況を聞くことで、あなたがどんな軸で就活をしているのかがわかります。就活する上で何を重視しているのか、企業に何を求めているのか、受けている企業を聞けばある程度把握することができます。

先ほども説明しましたが、企業も選ばれる立場。「あなたが何を重視していて、何に響く就活生なのか」を把握することができれば、もっと効果的に自社をアピールできると考えるのが普通です。

3:あなたの賢さを見極めたい。

他社の選考状況を聞き、その答えを聞くことで、あなたが賢いかどうかを見極めることができます。

あなたは選考を通じて色々な話を面接官にしてきているはず。例えば、「人材業界に興味がある」とか「中小企業の課題を解決したい」とか。

その話をした後で、選考状況を聞く。

そこであなたが中小企業も、人材業界も関係のない「食品メーカー」ばかり受けていたりすると、これまでの話はなんだったんだってことになります。信用が一気に下がることでしょう。

でもそこであなたが、「人材業界」や「中小企業のコンサルティング企業」などを上げると、あなたの発言と行動に整合性があるわけです。そうなると信用度は高まります。

ただそこまで一貫性のある行動をしている就活生なんてほとんどいません。なんだかんだ色々受けてみる人の方が多いはずです。

企業もそんなことはわかってます。わかっていて聞いているのです。

つまり、ここで整合性のある話をできるかどうか、そういう賢さがあるのかどうかを見極めるために他社の選考状況を聞いている場合もあるわけです。

「他社の選考状況」を聞かれた時の答え方のコツ

コツ

面接官の質問意図をご理解いただたところで、今度はそれらを踏まえて、面接官からの印象が良くなる答え方のコツをお伝えします。ポイントは2つ。

・入社意欲をアピールする

・これまでの発言と整合性のある企業の選考状況を話す

コツ1:入社意欲をアピールする

先述したように、他社の選考状況を聞いている時は、間接的に基本的に入社意欲を確かめたい場合が多いのです。なので、答える時は、他社の選考状況を伝えると同時に、志望度が高いことを伝えておくと面接官が本当に聞きたいことに答える形となります。ただ、別に一番だという必要はありません。

【例文】

他社はA社とB社が二次選考の結果待ちで、C社が次回最終選考です。D社、E社はエントリーシートの結果待ちという状況です。ただ、私としてはやはりその中でも御社に一番惹かれております。

【例文】

他社はA社とB社が二次選考の結果待ちで、C社が次回最終選考です。D社、E社はエントリーシートの結果待ちという状況です。私としては、A社と御社に惹かれております。

コツ2:これまでの話と整合性のある企業の選考状況を話す

これまでの面接で就活の軸や、志望動機などを話しているはずです。それらの話と受けている会社に整合性がなければ、これまで積み上げてきた話の信用が一気に低くなります。

またもちろん他社の選考状況を聞かれて、全て正直に話す必要はありません。ですから、これまで話した内容とズレない企業に絞って話すようにしましょう。

「他社の選考状況」を答える際の注意点

注意点

答えるコツを理解いただいたところで、最後に注意点をお伝えしておきます!

「御社しか受けていません」はやりすぎ!

たまに、嘘か本当か、「御社しか受けていません」と答える学生もいます。自分の信念に従ってそうしているならそれでもいいですが、それはあまりに視野が狭いというマイナスの判断にもなりかねません

ですから、無理に1社ですという必要はないということを知っておいてください。

嘘をつく必要はない。

他社の選考状況を聞かれた時に、自分は価値のある人材だとアピールしたいがために、就職難易度が高い有名人気企業で選考が進んでいると答えようとする就活生もいます。

しかし、そういう嘘を無理につくと、ボロが出たり、これまでの発言と整合性が取れなかったりします。ですから、嘘はつかずにあくまでも「整合性」を重視しましょう。

さいごに

まとめのイメージ

いかがでしたでしょうか。今回は他社の選考状況を聞かれた時の面接官の意図を踏まえた上での答え方のコツと注意点についてお伝えしてきました。

「他社の選考状況を聞いてくる」面接官の意図は主に3つ。

・入社意欲を確かめたい

・就活の軸を知りたい

・整合性を取る話をするかどうか、賢さを見極めたい

これらの意図を押さえた上で印象の良い答え方をするためのコツは2つ。

・入社意欲も同時にアピールする

・これまでの話と整合性のある企業の選考状況を答える

そして注意すべきポイントは2つ。

・御社しか受けていません!と伝える必要はない。

・大手人気企業を受けているなどの嘘をつく必要はない。

以上を踏まえて、ご自身なりに回答してみてください。きっと印象変わるはず。ぜひ合格を勝ち取ってくださいね。今回は以上です。

【まずはサクッと1社内定】最短3日で内定が取れる就職エージェント【無料です】
キャリアチケット

「キャリアチケット」はGoogleやTOYOTA、サイバーエージェントなど、超優良企業とも繋がっている優秀な就職エージェント。最短3日〜1ヶ月であなたにあった企業からの内定獲得を目指します。

第一志望の会社で緊張しないためにも、まずは1社内定を取っておくのはありですよ。完全無料です。まずはレビューをどうぞ!

レビュー公式ページ