よく聞かれる質問対策

「短所を教えてください」の意図と効果的な答え方【例文付き】

『あなたの短所を教えてください』と面接官に聞かれて、どう答えていいかわからず困った経験はありませんか?

よく面接官に聞かれるこの質問。単純に自分の短所を答えたら自分がダメだというアピールになってしまいまい、変な空気になりますし、かといって質問されたからには答えないといけません。

この質問はシンプルに見えて、実は答え方が難しい質問なのです。

そこで今回は、短所を聞いてくる面接官の意図を踏まえた上で、うまく答えるにはどうしたらいいか解説していきたいと思います。

短所を聞いてくる面接官の3つの意図

面接官の意図

短所を聞いてくる面接官には、3つの意図があります。

・自己分析ができているかどうかのチェック

・仕事を行う上で、致命的な弱みを持っていないかのチェック

・機転を利かせた答え方ができるかどうかのチェック

1:自己分析ができているかどうかのチェック

まず、就活が始まってやるべきことをやっているのか。具体的には自分の弱点をちゃんと自分で認識できているのか、ちゃんと就活上の準備を行い、自己分析できているのかを試していると考えられます。

自己分析を行なっていれば、自分の強みや弱みについては認識しているはず。つまり、聞かれたらすぐに答えることができるはずなのです。

就活が始まっているのにもかかわらず、自己分析すらしていなければ準備不足。きっと入社して仕事が始まっても同じようなスタンスで臨まれるだろうなんて思われたらもったいないですよね。

2:仕事を行う上で、致命的な弱みを持っていないかのチェック

どんな人でも弱み・短所はあります。しかし、仕事において致命的になる短所もあるのです。

例えば、営業職であれば、人見知りやコミュニケーションが苦手となると、致命的です。

事務職だと細かい作業が苦手となると致命的。マーケティング職だと数字に弱ければ致命的です。

致命的な短所を持っていれば、戦力化するまでにどうしても時間がかかります。そうすると企業としてはマイナスとしか言いようがありません。

ですから、面接官からすると、面接の段階で致命的な短所があるかないかをチェックしておく必要があるのです。

3:機転を利かせた答え方ができるかどうかのチェック

自分の弱みの話をさせられる。これはある意味、自分の強みや長所をアピールしたい面接の場で、弱点をさらけ出さなければならないという意味ではピンチな状況です。

しかし、うまく話せば、自分の短所というネガティブな話をプラスに持っていくこともできます

例えば、自分の弱みは現時点ではこれ。しかし、乗り越えたいから、今改善している。なんて話ができます。

あるいは、自分の弱みはこれだけども、これは強みともとらえることができる。こういう力はきっと御社でいかせるはずだ

みたいな話ができると、かなり印象は変わるはずです。

馬鹿正直に弱みをストレートに答えていたら、ただマイナスな印象になってしまうだけ。機転を利かしてプラスの話に持って行き、短所の話ですらうまくアピールの材料に使いましょう。

そういう機転を利かせる賢さを持っているかどうかを見ている企業だってありますよ。

短所を聞かれた時の効果的な答え方

ポイント

質問の裏に隠された面接官の意図を踏まえた上で、短所を聞かれた時の答え方を解説していきます。

ポイントは3つです。

まずは素直に結論から答える

致命的になる短所は避けて答える

最後はプラスの話で終える

まずは素直に答える

まずは結論から素直に答えること。弱みや短所を聞かれても、すぐに答えられるように、自己分析や準備を進めておくことが重要です。

【例文】

私の短所は、猪突猛進なところで、これと決めたらとことん夢中になってしまい、視野が狭くなってしまうところです。

致命的になる短所は避けて答える

先述したように、応募している職業に就く上で、致命傷になりそうな短所は避けた方が無難です。例えば営業職だったらコミュニケーション力が低いとか人見知りであると言わない方が良いでしょうし、事務職だったら緻密性が低いとかルーチンに耐えられないとかそういう話は言わない方が無難です。

あなたが応募している職業に就くにはどんな力が必要なのか、そして逆にどんな力がなければ致命傷になるのか想像しておくことが重要です。

最後はプラスの話で終える

話の最後というのは、その話の中で最も印象に残りやすい部分です。ですから、たとえ短所を聞かれたとしても、できるだけ話の最後はプラスの話で締めた方が良いのです。

プラスで話を締める方法は大きく2つ。

短所がある。でも今は改善している。

短所がある。でもその短所は長所にもなる。

上記のように答えることで、短所を聞かれても話をプラスに終えることができます。

【例文1】短所がある。でも今は改善している。の場合

私の短所は、猪突猛進なところで、これと決めたらとことん夢中になってしまい、視野が狭くなってしまうところです。ですから、対策として私は毎日日記をつけ、客観的に自分を見つめ直す機会を作り、自分をコントロールする努力を行っています。

【例文2】短所がある。でもその短所は長所になる。の場合

私の短所は、猪突猛進なところで、これと決めたらとことん夢中になってしまい、視野が狭くなってしまうところです。ただ、この短所は、一つのことにとことん集中することができるという長所にも繋がっています。私は自分の集中力を生かし、自分の仕事にとことんのめり込むことで、誰も追いつけないスピードで成長していきたいと考えています。

まとめ

まとめのイメージ

いかがでしたでしょうか。今回は、『あなたの短所を教えてください』という質問の裏にある面接官の意図と、効果的な答え方について解説してきました。

短所を聞く質問の背景には、3つの意図があります。

・自己分析ができているかどうかのチェック

・仕事を行う上で、致命的な弱みを持っていないかのチェック

・機転を利かせた答え方ができるかどうかのチェック

それらの意図を踏まえた上で、質問に答える時のポイントは3つあります。

・まずは素直に結論から答える

・致命的になる短所は避けて答える

・最後はプラスの話で終える

これらを意識して答えることで、短所を伝えながらも面接官に良い印象を残すことができます。

ぜひ、うまく乗り越えて合格を勝ち取ってください。今回は以上です。

【まずはサクッと1社内定】最短3日で内定が取れる就職エージェント【無料です】
キャリアチケット

「キャリアチケット」はGoogleやTOYOTA、サイバーエージェントなど、超優良企業とも繋がっている優秀な就職エージェント。最短3日〜1ヶ月であなたにあった企業からの内定獲得を目指します。

第一志望の会社で緊張しないためにも、まずは1社内定を取っておくのはありですよ。完全無料です。まずはレビューをどうぞ!

レビュー公式ページ