就活全般

内定式に内定が間に合わなかった…デメリットは?【結論:問題無し】

頑張って就活してきたが、内定獲得が内定式間に合わなかった・・・。

間に合わないことの問題はあるの?何かデメリットがあれば知っておきたい。

ここから挽回して就活するための方法も教えたい。

当記事では上記のような疑問にお答えします。

就活ウルフ
就活ウルフ
どうもこんにちは!プロ就活アドバイザーの就活ウルフです。

今回は、10月の頭にある内定式に内定が間に合わなかったことによるデメリットを解説していきます。

結論、入社後にほぼ解決されるので、問題ないです。

一応どういうことがあるのかお伝えしておきますね。

内定式に内定獲得が間に合わなかったことによるデメリットは?

内定式に内定獲得が間に合わなかったことによるデメリットは?

デメリットは以下の通りです。

  • 内定者時期の研修が受けられない可能性がある。
  • 内定式に二度と出られない。
  • 同期同士の繋がりが遅れる。
就活ウルフ
就活ウルフ
ぱっと見、結構デメリットあるじゃん!と思っているかもしれませんが、社会人の僕からすると、本当に大したことない問題です。

僕がそう断言する理由も含めて、一つずつ解説していきますね。

内定者時期の研修が受けられない可能性がある。

内定者の時期から研修を行なっている企業も結構あります。

9月〜11月あたりで開催されることが多く、その時期に内定を持っていないと研修に出ることができません。

一見大きなデメリットに感じるかもしれませんが、この時期に行う研修は大した内容ではありません。入社後の研修で全てカバーできる内容です。

就活ウルフ
就活ウルフ
内定を辞退されるかもしれないのに、ビジネススキルアップの研修なんてやりませんから。

この時期の研修はビジネススキルをアップさせる目的ではなく、内定者と接触することを重視して研修を行うパターンが多いですね。

内定式に二度と出られない。

内定式は一年に一度しか開かれませんから、もう二度と出ることはできません。

記念的な意味ではデメリットかもですが、別になんてことない儀式で、結局目的は顔合わせですから。

そんなに出れなかったからといって、どうってことありません。

就活ウルフ
就活ウルフ
これを書いている時点で僕は社会人9年目ですが、ぶっちゃけ内定式のことなんて記憶にないです。

同期同士の繋がりが遅れる。

内定式などで同期同士の繋がりができるので、そこに遅れをとってしまいますよね。

でも結局、入社してから毎日のように会うんですから、入社半年前に数回会ってることなんて、なんのアドバンテージにもなりません。

就活ウルフ
就活ウルフ
文字通り、繋がるのが遅れるだけです。繋がりの深さなどは入社後に培われますから、気にしなくて大丈夫です。

とはいえ、内定式後の就職活動はスピード重視です

とはいえ、内定式後の就職活動はスピード重視です

以上で解説してきたように、内定式に間に合わなかったこと自体に問題はありません。

ただし、それでも、ここからの就職活動はスピード重視した方がいいです。

理由は以下の通り。

  • 優良企業の求人が減っていくから
  • メンタルが消耗してしまうから
  • 遊ぶ時間がなくなるから

解説しますね。

優良企業の求人が減っていくから

当然優良企業の求人は、遅くなればなるほど閉じられていきます。

就活ウルフ
就活ウルフ
1日でも早い方が、待遇の良い優良企業・人気企業からの内定をもらえる確率が高まりますよね。

そもそも優良企業が内定式後に採用活動を行なっていないのでは・・・

と疑問に思うかもしれませんが、結論から言うと、秋以降も非公開求人で行なっていますから求人はありますのでご安心を。

この辺りの詳しい話は以下の記事にまとめています。

秋採用以降の大手企業・ホワイト企業求人の探し方【正直1択です】 秋採用でも就活をすることになった。もうあまり求人も残っていないと思うけど、大手企業・ホワイト企業への入社を諦めきれない。 ...

メンタルが消耗してしまうから

シンプルに、10月以降は就活友達も減ってきますし、就活生も暗い雰囲気を漂わせ始めます。

メンタルも消耗してしまい、ストレスもかかります。

早く決めて精神的負担から解放されたいですよね。

遊ぶ時間がなくなるから

残りの学生生活、やりたいことはたくさんあると思います。

卒業旅行にもいきたいでしょうし、もっと友達と思い出作りたいですよね。

学生生活というのは社会人になるともう帰ってきませんから、早く内定を決めて、遊んじゃった方がいいです。

就活ウルフ
就活ウルフ
30代にもなると、より痛感しますけど、会社は後でいくらでも変えられますけど、学生生活は戻ってこないんですよね。

内定式後の就活でも100%間に合う!ただし就職エージェントを活用すべき

内定式後の就活でも100%間に合う!ただし就職エージェントを活用すべき

内定式後の就活って、求人も少なくなるし、実際にこれまで決まっていないことで自信もなくなっているでしょうから、不安しかないですよね。

でも、信じてください。

内定式後の就活でも全然間に合います。

ただ、「就職エージェント」を利用してください。無料で利用できますから。

就職エージェントとは、無料で利用できる就職支援サービス。プロのカウンセラーがあなたにマッチした企業を選定して紹介してくれます。

また、個社ごとに面接対策もしてくれるので、未経験からでも就活がはかどり、内定率がぐっと高まります。

今から就職エージェントを活用するメリットは3つ。

  1. 内定の確率が高まる。
  2. 内定までのスピードが早まる。
  3. 人気企業の非公開求人を紹介してもらえる。

これだけのメリットが無料で得られるのです。

秋以降の就活方法は「就職エージェントの活用」一択です

もう一択だと思います。面接の合格確率が高まりますし、特別な選考ルートが組まれているので、内定までのスピードも早いですね。

何より、人気企業の非公開求人は「就職エージェント」でなければ、出会えません。

以下のメモは結構重要なポイントです。

人気があって、春・夏までで十分な人数を採用できる会社も、内定辞退などが起きるので、追加で少数採用を行います。

ただし、秋以降の採用は「少数ピンポイント採用」ですから、わざわざナビで会社説明会などを大々的に告知したりはしません。

頼りになる就職エージェントに直接ピンポイントで依頼をかけるのです。

就活ウルフ
就活ウルフ
正直、社会人は転職の際、効率が良く条件にあった企業を探せるので、エージェントを利用するのが当たり前です。なので、就活生があまり利用しない意味がワカリマセン。絶対便利ですよ。

意図つ確実に言えるのは、行動するなら今です。

内定式後の就活はとにかくスピードが大事ですから。内定式後の就活について詳しく知りたい方は以下をどうぞ。

内定式後の就職活動に失敗しないための注意点【人気企業攻略法あり】 内定式後だけど、やっぱり納得いかないから就職活動をしたい。 もう時間もないから失敗しないためにも、注意しておくべきポイント...

採用活動ピーク後にオススメの就職エージェントを掲載しておきますので、是非利用してみてください。今回は以上です!

▼おすすめの相談型の就職エージェントサービス3選

キャリアチケット→知る人ぞ知る優秀な就職エージェント。大手企業を含む一流企業を紹介先に持っていて、最短3日で内定が出ます。人材業界で働く管理人もお墨付きのエージェント。全国展開していて参加しやすいです。

キャリアパーク就職エージェント→上場企業のポート社が運営する就職エージェント。大手企業というよりも、準大手やベンチャー企業の紹介に強い。拠点は東京です。

マイナビ新卒紹介→就活生ならみんなご存知マイナビのエージェント。マイナビという媒体を通じて企業との繋がりが広く、紹介先も充実しています。東京・名古屋・京都・大阪に拠点があります。