就活全般

就活なんてクソ食らえ!就活のプロですらそう思う件。だけどね・・・

キャリアチケット 内定率が1.39倍になるカウンセリング。是非大手選考が始まる前に!早期内定への最短ルートはキャリアチケット!

詳細ページ公式ページ

就活なんてくそくらえ。

多くの就活生が一度は思うことではないだろうか。

確かにそうかもしれないと、管理人自身も思うことがある。

一人でも面接が苦手な人が何かをつかめるようにと、日々記事の内容を考えながらアップをしている一方で、企業の採用担当者と接し、学生とも接していると、今の就活の問題点は本当にたくさんあるなぁと思う。

今回は就活がなぜクソだと私ですら思うのか、語りたいと思う。

管理人ですら就活がクソだと思うって話

だめだー

仕事力より就活力が重視される件

これまで何人もの面接官とあってきたが、選考でポテンシャルを見抜ける面接官なんてほとんどいない。

もし見抜けるとしたら相当の手練れだ。長年面接を専門でやり続けてやっとたどり着けるレベルの能力だ。

だから結局、ほとんどの面接官は、就活生が面接の瞬間で出すいわゆる「就活力」に騙される。

面接の瞬間に、グループディスカッションの進め方を知っているか、面接慣れしているか、社会人とのコミュニケーションに慣れているか。

結局のところ、ほとんどの面接官は、そんな表面的なことしか評価できないのだ。

いかに優秀で、頭が良く、将来的なポテンシャルを持っていたとしても、面接の時点で社会人とのコミュニケーションに慣れておらず、うまく伝えられなければ不合格。

そんな、バカバカしいことが日常で起こっているのだ。アァ残念。

面接官と就活生の温度差がえぐい件

就活生からしたら、人生をかけてるといってもいい面接。でも面接官からしたら、日々のタスクの一つでしかなく、そこまで思い入れがない。

これくらいの温度差は常にあるといってもいい。

面接官が冷めている理由はいろいろあるが、本当に親身になって就活生のためを思ったところで、面接官からするとなんのメリットもないことが多いのが実際だ。いくら一人に時間をかけたところで、時間がとられるだけで、結局辞退されたり裏切られることも多く、面接官からすると熱を入れるメリットが少ないのだ。

会社の上層部の人間は、比較的採用の本気度が高い。会社のことが自分ごとになっている人が多く、優秀な人材を獲得することがいかに大切かをわかっているからだ。

でも選考の最初の方で出てくる末端社員の多くは、ほぼ何も考えていないといっても過言ではない。極端な話で言えば、誰が受かろうが、誰が落ちようが、彼らからすると自分ごとではなく、どうでもいいのだ。

一方就活生は、ものすごく準備して、ドキドキしながら真剣に臨んでいる。

この温度差は本当に残念だ。

一次選考で落としてくる面接官に若手が多い件

一次選考を足切りとして使っている企業も多い。だいたいそこで出てくる面接官は企業の中でも若手の方が多い。

時給の高い上層部の時間を、全然ダメな就活生のために取るのはもったいないから、できるだけ若手で序盤の選考をこなし、ダメな就活生を不合格にしておく。企業からすると、確かに、合理的な考えかもしれない。

しかし、一次選考が一番参加人数が多く、一人一人にかけられる時間が短い。

そんな短時間で、感覚的に相手のことを見抜くなんてことをしなければならない。もはや仙人クラスのスキルだ。

にもかかわらず、そこででてくるのがもっともスキルや経験のない若手。

それで受かればいいけど、一次選考に合格できない就活生からすると腹立たしいことこの上ないだろう。

しかし企業は営利団体だ。効率性を考え、そのような体制をとるのは至極当然なのだ。

そんなどうしようもない矛盾が就活にはある。アァ残念。

誘ってきたくせに、落としてくる件

実際に会うまではあの手この手で必死に自分を誘ってくるくせに、会った瞬間にテンションを下げてくるのも実に腹立たしい。

就活生からすると、マイナビやリクナビでスカウトメール送ってきたから、あるいは、熱心に電話をかけてくれたから、そんなに言うんだったら行ってみようかと思い、相手から求められているという喜びを胸に、貴重な時間と交通費を使って会社説明会、選考会に訪れるのだ。

だけど、実際にあって喋った途端に「あっやっぱ違うわ・・・」みたいな態度をとってくる。

なんてやつだ・・・と思う。

そんなこと就活以外の場だったら許されない。

貴重な時間を使わせた分、責任を取るべきだ。

せめて一発で不合格にしないで、どうすれば合格できるのか一緒に作戦を考えるくらいのことはしてほしい。

なのに、何もやらない。

企業によっては、スカウトメールを送っている人、電話をしている人は、その会社の事務の人が言われた通りにやってるだけであったり、アウトソーシング請負企業の社員だったりもする。だから、採用担当の人がスカウトメールを送ったことすら知らないというケースはざらにある。

それでも、誘ったんだから、せめて責任とれよ。と本気で思う。アァ残念。

企業の情報が少なすぎるし、偏りすぎてる件

面接では就活生に対し、聞かなくていいようなことまで細々と聞いてくるくせに、自分たちの情報はなかなか出さない。

いいことばかり言って、ほぼ全知全能かのような会社説明をする。そして、痛いところをつくと不合格にしてくる。

企業は就活生のアピール方法をエントリーシートとして縛るくせに、企業は自分たちで勝手に決めたフォーマットで自社をアピールしてくる。

このように、そもそも情報という観点で、企業と就活生は不平等なのだ。

就活生は、結局入社してみないと企業の本当の中身なんてわからない。

だから中小・ベンチャー企業なんて行きたくならない。リスクが高すぎるから。

多くの人が認めていて、いろんな人からお墨付きの大手企業に行く方が安全に決まっているのだ。

だけど、大手の門は狭い。

最後は、手持ちの中小企業でギャンブルするしかなくなるのだ。

そんな状態で、人生かけろと言われている日本の新卒制度はダメだと言わざるを得ない。アァ残念・・・。

 

その他、今の就活の問題をいろいろダメなところを出そうと思えば、湯水のようにいくらでもでてくるが、このくらいにしておこう。

でも、ここからが大事だ。一旦就活のプロとしての視点に戻ろうと思う。

変わらないものより、変わるものについて考える方が得策だ。

前向きに

結局、今まで説明してきたクソみたいな新卒採用の制度が、今の日本の就活の現状なのだ。

今後は、今のアメリカみたいにインターンシップとして仕事体験をしながら、お互い仕事力や人柄をみて、お互いが納得しながら入社するかしないかを決めるという流れに変わっていくのかもしれない。

だが、それはもしあったとしても、かなり先の話だろう。今いきなりこの習慣が変わるなんてことはまず考えられない。

つまり、この就活の制度は環境はいくらクソだと嘆いてもしばらくは「変わらない」のだ。

そう考えると、クソみたいな就活に費やしている時間よりも、その「変わらない」ものに対して文句を言っている時間の方が無駄のような気もしてくる。

極端な話だが、なぜ地球が青いんだ、気持ち悪い!俺は青が嫌いだ・・・なんてことを言って、有限の人生の時間を浪費してしまっているようなものだ。

これほど非生産的なことがあるだろうか。

私は、もっと「変えられるもの」に時間を使うべきだと思う。

他人も含め、外部環境はいくら何を言っても変わらない。しかし、自分の行動は「変えられる。」

どれだけ就活がクソだったとしても、絶対変わらない就活の制度にブツブツ文句を言っていることより、自分の行動や考え方を変化させ、うまく対応する方が、はるかに生産的ではないだろうか。

また、結局「変えられないもの」に文句を言うばかりではなく、「変えられるもの」に意識を集中できる人は間違いなく、どの企業からも欲される人材だと思う。

なかなか内定決まらない。それを嘆いていても実は意味がない。誰もあなたを助けようとはしないだろう。

だけど、一歩踏み出し、行動を起こせば、少なくとも今よりは前進するのだ。いくらか今よりも変わった成果が出るはずだと私は思う。

就職エージェントは就活力アップ&内定獲得までの最短ルート!
キャリアチケット

就職エージェントを利用すれば、無料で社会人から客観的に見たあなたの強みがわかるし、面接のトレーニング・フィードバックもしてくれる。友達同士でフィードバックするよりも、より効率よく就活力アップが見込めるはずです。

大手企業に行きたい方も、本番で失敗しないための練習をしておくことができるのです。

中でもキャリアチケットは優良な就活エージェントでおすすめ。エリアが合うのであれば、一度は足を運んでみては!

詳細ページ公式ページ