就活全般

就活はいつから始めるのがオススメ?企業の採用意欲が高いのはいつ?

大学3年生にもなると、一気に就活ムード。もう就活始めなきゃいけないの・・・!?と焦ってしまいますよね。

大学3年生の6月という心の準備がまだできていない時期からインターンシップのサイトがオープンし、インターンシップの合同説明会イベントが始まり、夏から本格的に各企業でインターンシップが開催されます。

でも会社説明会が開始するのは、3月。大手の選考が始まるのはさらにもう少し後。ということを考えると、本当に今から動かないといけないのだろうか・・・なんてことを考えていることでしょう。

そこで今回は、いつから就活を始めるのがベストなのか、企業の採用活動の動きを踏まえながら解説していきたいと思います。

企業はインターンシップ時期の就活生を狙っている

狙っている

今、採用に力を入れている多くの企業がどんな採用をしたいと考えているか。

結論から言うと、インターンシップ時期に優秀層を囲い込みor獲得したい」と考えています。

インターンシップ時期というのは、三年生の6月から2月までの間。できればこの期間内に唾をつけておきたい。そのように考えているのです。

確かに大手企業の多くは、インターンシップ時期に内々定出しをしてはいけないというルールに則っていますが、ベンチャー・中小企業にとってそのルールはほとんど機能していませんし、大手企業ですらそのルールを破っている企業も増えてきています。

また、ルールに則っていながらも内々定をほのめかしたりなどすることによる優秀学生の囲い込みは、水面下で行われています。

なぜ企業はインターンシップ時期に囲い込みを行いたいかというと、他社にとられていない優秀な人材が単純に多いから、また優秀な人材ほど早くから自分の成長のために動いているだろうと想定しているからです。

企業はインターンシップ時期にどのような動きをとるか

動きのイメージ

人気企業不人気企業、あるいは採用にお金をかけることができる企業お金がかけられない企業で動き方に差があります。

不人気企業・採用にお金がかけられない企業の動き方

不人気企業・採用にお金がかけられない企業は、インターンシップが始まる6月になっても前年度の採用活動が終わっていないことが多いのです。それは人気がないために集客しきれなかったり、広報費が十分にかけられなかったなど、様々な理由があります。

とにかく夏を過ぎても採用活動が終わらないことが多いのです。でも、なんとかインターンシップ時期の学生と接触したい。だから結局どうなるかというと、秋や冬でインターンシップを行うことになります。

人気企業・採用にお金がかけられる企業の動き方

人気企業や採用に投資できる企業は、目標採用人数を採用しきるまでのスピードが速く、採用活動が比較的速く終わります。そのため、インターンシップ時期から採用しようと思っている企業については、おそらく夏からインターンシップで動いてくるでしょう。

就活はいつ始めるのがベストか

ベストな方法教えます

これまで紹介した企業側の思惑を踏まえて考えると、やはり就活を始めるなら、6月からがベストです。

結果そっちの方が長引かずに就活が終わると思います。理由を解説していきますね!

理由1:インターンシップを重視する企業が増えている

なぜならば、インターンシップから採用しようと思っている企業がそもそも増えていますし、インターンシップのみで採用を終える企業も出てきます。

経団連のルールを無視している企業は増えていますから、3月にナビがオープンする前に採用活動が完了し、リクナビやマイナビなどのナビサイトには出てこないなんてこともありえます。

理由2:人気企業や採用に投資できる企業の動きに合わせられる

先述しましたように、人気企業や採用にお金がかけられる会社は、比較的夏からインターンシップを開催しているケースが多いため、少しミーハーですが、そのような企業の動きに合わすことができるということも一つメリットだと思います。

理由3:ヒトを重視する会社に出会える

開催する側になればわかることですが、インターンシップをやるって大変なんです。

説明会ほど人が来るわけでもないし、説明会よりも企画などの準備に時間がかかります。長期サマーインターンシップをやろうものなら、社員数名の数日間の人件費が飛んでいきます。

それぞれの社員が営業に当てたらもっと会社に利益が出たかもしれないのに、それでもマンパワーをかけるのです。でも逆に考えると、それだけ大変なことやってでも、いい人と会いたいと考えているということです。

人の力が企業の力だと考えていないと、なかなかそんな選択肢取れないですよね。どうせ入社するなら人を大事にしている企業に入りたいと思いませんか?

理由4:就活本番までに就活に慣れておくことができる

インターンシップに参加することで、企業の人と接したり、同年代で行うグループワークでの発言に慣れておくと必ず後で良い結果をもたらします。

急に3月から就活を始めてしまうと、右も左も分からないまま面接に参加して、ガチガチに緊張して、何も喋れない・・・。就活に慣れて、自分の力が発揮できるようになったころには、人気企業の採用活動は終わっている。

そのようなことにならないように、早めから慣れておき、就活本番を迎える際に、自分の力が発揮しやすい状況を作っておくことはとても重要なのです。

さいごに

まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は企業の採用活動の動きを踏まえた上で、就活を始めるのにオススメの時期をお伝えしました。

結論はやはり6月から就活を始めるのがベスト。理由は主に4つです。

インターンシップ時期に内定出しをする企業が増えている

人気企業や採用に投資ができる企業と接触しやすい

ヒトを重視する企業に出会える

就活本番までに慣れておくことができる

後で後悔しないように早めに動き出すということをしておきましょう!

結果としていい企業に出会える上に、はやく就活を終え、4年生の残りの時間をとことん楽しむことができるようになるはずです!

今回は以上です。

【スグに脱NNT可能】就職サイト・就職エージェント3選【プロのお墨付き】

キャリアチケット→普通のエージェントでは相手にすらされない超一流企業も紹介先にもつ「知る人ぞ知る」就職エージェント。同業者でも絶賛するレベルの優良サービスです。意外と就活生からの知名度は低いのでオススメです。最短3日で内定が出ます。詳細レビューはこちら

digmee(ディグミー)→LINEで友達登録するだけで、就活に必要な情報やあなたにマッチした企業の案内がもらえます。新しめのサービスということもあって、参画している企業が新しいもの好きのイケイケ企業。利用学生はまだ少ないので狙いめです。(詳細レビューはこちら

Meets Company(ミーツカンパニー)少数精鋭のマッチングイベント。イベント後はカウンセラーによる就職支援によって内定獲得確率は大幅アップ。開催エリアが広く、開催数も多いので参加しやすいのが特徴です。参加時期は早ければ早いほど優良企業と会えます。(詳細レビューはこちら

これらは下記記事の抜粋です。

スグに脱NNTできる就職サイト・就職エージェント3選【プロが教える】 優良企業から内定がほしい。NNTにはなりたくない。 新卒にオススメの厳選された就職サイト・就職エージェントが知りたい。 ...