就活全般

内定先を人に言いたくない…【後悔しないために取るべき行動とは】

内定先人に言いたくない

納得してないし妥協したけど、もうこれから就活なんていやだ・・・

でも本当にこのままでいいのかな・・・。

当記事では上記のような悩みにお答えします。

就活ウルフ
就活ウルフ
どうもこんにちは!就活のプロとして情報発信しております就活ウルフです。(こう見えて実は30代半ばのおじさん)

「内定先を人に言いたくない」という気持ち、わかります。

実は、僕もそうでした。

僕の場合、周りの友達が大手企業ばかりに行って、自分だけ中小企業だったので、なんか恥ずかしくて言えませんでした。

そんな僕も今では「中小企業に来てよかった」と思っていますし、周りに堂々と言えるようになりました。

今回はそんな僕が、「内定先を人に言えない」という悩みを解決するための方法を解説します。

「内定先を人に言えない」人のパターンは2つ

「内定先を人に言えない」人のパターンは2つ

まずは、「自分がその企業に納得しているかどうか」を考えてみてください。

下記の2パターンでここから取るべき行動が変わります。

  1. その企業に納得して内定を承諾している場合
  2. その企業に内定承諾したが、納得していない場合

パターン1:その企業に納得して内定を承諾している場合

企業の内定を自身で納得している時、「内定先を人に言えない」のはほぼ世間体ですよね。

就活ウルフ
就活ウルフ
僕は完全にこのパターンでした。

このパターンは割とシンプルで、世間体が悪くならないような伝え方ができれば解決します。

僕は、中小企業に入社することが恥ずかしくて言えなかったのですが、その会社に入社することについては納得していました。

ですから、「自分には目標があり、その手段としてその会社に行くんだ。」と明言することにしました。

そしてそれを言うために、「自分がなぜ入社するのか、いつでも答えられるように明確にしておく」ことで、内定先を人に言うこと自体、恥ずかしくもなんともなくなりました。

就活ウルフ
就活ウルフ
このパターンの人は、僕と同じような方法で解決するはずです。

パターン2:その企業に内定承諾したが、納得していない場合

まずいのはこちら側ですね。

自分もその企業に入社することを納得していなくて、本当にこのままでいいのか迷っている場合。

もしこれからも会社を好きになれそうにない場合は、社会人の先輩として言わせてください。

「内定先を変えた方が良い」です。(断言)

人に言えない「内定先」に入社すると、今後もずっとしんどい件

人に言えない「内定先」に入社すると、今後もずっとしんどい件

このまま納得せずに入社すると、かなり後悔します。

理由は以下の通りです。

  1. 今後もずっと言えなくなる。
  2. 1日8時間以上過ごす会社を愛せないのはしんどい。
  3. 自分の成長が鈍化する。

理由1:今後もずっと言えなくなる。

人に内定先を言えない状況は、今後も続きます。

むしろ、内定者の時点ではまだその会社に属していないので他人事で済ますことができますが、入社後はまさに自分のメインコミュニティーになります。

コンプレックスは強まるばかり。

就活ウルフ
就活ウルフ
今言えてないのであれば、今後はもっと言えなくなりますよ。

理由2:1日8時間以上過ごす会社を愛せないのはしんどい。

会社は平日だと1日8時間以上いることになりますよね。起きている時間は16時間だとすると、半分も会社で仕事するわけです。

人生の多くを占める会社を「愛せない」のは相当ストレスがかかりますし、人生の満足度下がりますよね。

就活ウルフ
就活ウルフ
そんな精神状態では、何か辛いことが起きた時も我慢できなくなってしまいますね。

理由3:自分の成長が鈍化する。

「この会社で頑張るぞ!」と言う覚悟がなければ、成長が遅れます。気持ち半分で仕事をしても、得るものは少ないですからね。

社会人に初めてなってからの初速って超大事ですよ。

最初一気にアクセル踏めば、そのままの速度で進んでいきますが、最初遅れるとアクセル踏み直すのは結構大変なんです。

就活ウルフ
就活ウルフ
結局入社してすぐに辞めるとしても、「この会社で頑張るぞ!」と思えた方が成長が速いです。

再び就活するのはメンドイですが、次の内定は割とイージーです。

再び就活するのはメンドイですが、次の内定は割とイージーです。

とは言え再度これから就活するのは、メンドイですよね。

一社内定を取るのに苦労したはずですから、「またやるのは嫌だな・・・」というのが本音でしょう。

でも安心してください!

ただし、一社内定を持っていることで、今後の就活は圧倒的に有利になりますから、思っているより次の内定はイージーですよ。

1社の内定を持っている効果は絶大

1社内定を持っていると次のような心理が働きます。

  • 他の会社が認めた証拠だからじっくり見極めなくて済む
  • 他の会社が好きな人だから、略奪したい
  • 早く内定を出してあげたい

他の会社の内定を持っていることは、「素質がある」という証拠にもなるので、わりとウェルカムな感じで対応されることが多いです。

また、「彼女がいる男性」がモテるように、他の人のものは欲しがられるもの。「略奪して、こっちに振り向かせたい・・・」という心理は採用活動でも同じように働きます。

また、別の内定を持っていると、「早くうちも内定を出して決断させてあげたい」と採用担当は考えますので、内定が出るスピードも早いですね。

リスクはゼロです【メンドイ以外はプラスしかない】

内定先に何も言わずに、就活を始めれば、メンドイ以外に大きなリスクはないですよね。

内定が出たということは、あなたに主導権があります。

就活ウルフ
就活ウルフ
あなたが内定を蹴るのは自由。だけど会社が内定を取り消すのは簡単にはできませんから。

だから、内定を保持したまま、他にいい企業があるかを確かめればいいのです。

その活動はあなたにとってプラスしかない活動ですよ。

求人は時期に関わらずありますよ

また秋採用や冬採用の時期でも、全然求人はあります。

人気企業ですら、秋・冬あたりに内定辞退が起きて人数調整を行ったりしますから。

ただしナビ上で探していても求人は見つかりません。

秋以降は「非公開求人」として就職エージェントの方に求人が集まりますからね。

就職エージェントをうまく活用しましょう

就職エージェントをうまく活用しましょう

これから就活を始めるとして、自分でまたイチから情報収集して、会社説明会に通って…というのはあまりにめんどくさいですよね。

就活ウルフ
就活ウルフ
僕ならできません。それに秋以降だとその方法はかえって効率が悪かったりします。

この辺りの詳細は以下にまとめています。

秋採用攻略が難しい理由と攻略法【ナビ上にブラック企業が増殖】 秋採用を攻略するのは難しいの? ホワイト企業から内定獲得できるコツがあれば知りたい。 当記事では上記のような悩み...

というわけで、納得する内定先を求めて、就活をリスタートするのであれば、いい方法があります。

それは就職エージェントを活用するという方法です。

就職エージェントとは、無料で利用できる就職支援サービス。プロのカウンセラーがあなたにマッチした企業を選定して紹介してくれます。

また、個社ごとに面接対策もしてくれるので、未経験からでも就活がはかどり、内定率がぐっと高まります。

就職エージェントを活用すれば他力本願で優良企業が見つかる

上記の説明の通りですが、就職エージェントは非常に便利。

あなたが「企業に求める条件」を伝えれば、「条件を満たす企業を探してくれる」のです。

そして、その企業に対し、「あなたが内定を持ってること」などを説明してくれた上で、あなたをプッシュしてくれるのです。

就活ウルフ
就活ウルフ
めっちゃ他力本願で楽ですよね。

内定を1社取ることで、あなたの中で会社に求める条件は定まったはず。「どうやったら自分は納得できるのか」がもうわかってるはずです。

なので、以前よりもはるかに会社をうまく絞れるし、内定を持っていることで以前よりもはるかにイージーにことが進むはずです。

納得する就活をして後悔ない社会人生活を送ろう

就活ウルフ
就活ウルフ
とにかくまだ時間があるなら納得する就活を行うべきですよ。

「人にも堂々と言える」会社に入社できると、以下のメリットがあります。

  • 毎日が楽しい
  • 生きがいがある
  • 辛い時も我慢できる
  • 成長が加速化する など

少し面倒かもしれませんが、就職エージェントを利用すればほとんど動くことなく他力本願で内定が出ますから、少しの行動の勇気を出してみましょう。

逆に就活して、他を見ることで、今の会社のよさに気づくこともあるかもですしね。

以下オススメの就職エージェントを掲載しておきます。良い求人はどんどんなくなっていくので、なる早で申し込んだ方がいいですよ。

今回は以上です。納得いく内定先が決まるといいですね!

▼おすすめの相談型の就職エージェントサービス3選

キャリアチケット→知る人ぞ知る優秀な就職エージェント。大手企業を含む一流企業を紹介先に持っていて、最短3日で内定が出ます。人材業界で働く管理人もお墨付きのエージェント。全国展開していて参加しやすいです。

キャリアパーク就職エージェント→上場企業のポート社が運営する就職エージェント。大手企業というよりも、準大手やベンチャー企業の紹介に強い。拠点は東京です。

マイナビ新卒紹介→就活生ならみんなご存知マイナビのエージェント。マイナビという媒体を通じて企業との繋がりが広く、紹介先も充実しています。東京・名古屋・京都・大阪に拠点があります。