就活サービス

就職エージェントに潜むデメリットと気をつけるべき2つのこと

キャリアチケット 内定率が1.39倍になるカウンセリング。是非大手選考が始まる前に!早期内定への最短ルートはキャリアチケット!

詳細ページ公式ページ

「就職エージェントってぶっちゃけどうなの!?デメリットとかないの?」と疑問に思っていませんか?

エージェントは悩める就活生を助けたり、就活を効率的に進めるために非常に役に立つサービスである一方で、デメリットやリスクも内在します。

そこで今回は、就職エージェント(新卒紹介)サービスについて、サービスの裏側を知るプロの目線からエージェントサービスに潜むデメリットや気をつけるべきポイントについて解説していきます。

まずは簡単に就職エージェントというのが、どんなサービスなのかご説明します。

就職エージェントサービスの流れ

流れを説明します!のイメージ

就職エージェントのサービスは、大体どこも流れはこんな感じ。

就職エージェントサービスに申し込み、面談の予約をします。そして当日キャリアカウンセラーにいろいろと質問され、あなたの希望する条件などを伝えた上で、あなたの希望やあなたの志向にマッチしそうな企業を紹介されます。紹介された企業の中から、あなたが興味ある企業を選び、選考を受けに行きます面接などはキャリアカウンセラーが設定してくれるので、あなたはそれに向けて準備するだけ。企業の面接対策などの手伝いもしてくれます。

1:カウンセラーと面談予約

2:面談中カウンセラーから質問

3:自分にあった企業の紹介

4:その企業の面接対策

5:選考

一見いいサービスのようにも思えますよね。だけどその分、隠されたリスクもありますそのリスクを理解するためには、エージェントサービスのビジネスモデルを知っておく必要があります。

就職エージェントのビジネスモデルについて

ビジネスモデルのイメージ

就職エージェントの利用は無料だと先程お伝えしましたが、ではどこからエージェントサービスの会社は儲けているのかというと、紹介先の企業からお金をもらっているわけです。

で、費用形態はほとんどの場合が成功報酬制です。つまり就活生が紹介され、選考を受けた結果内定が出て、入社を承諾した時点で、企業は就職エージェントの会社に採用成功報酬費を支払うということです。この場合、採用しなければ費用はかかりません。

ただここで注意したいのは、企業側が採用したら紹介会社にフィーを払わなければならないってことは、ある意味企業側からするとみなさん(を採用すること)に値段がつくということなんです。エージェントによって費用は違いますが、一人採用するにあたり、大体50万~100万円くらいがボリュームゾーンかと思います。

この報酬体系が就職エージェントに隠されたリスクの根源です。

就職エージェントに隠されたデメリット

採用する企業側から考えるデメリット

みなさんがコミュニケーションをとることの多い採用担当者は、単純にみなさんの採用の面倒をみるだけでなく、コストを抑えながら、いかに良い人材を採用しようか考え続けてる場合がほとんどです(一部キャッシュリッチな企業は違うかもしれませんが・・・)

つまり、あなたに高い値段がつけば、それだけ採用しにくくなるというデメリットがあるのです。

エージェント側から考えるデメリット

基本的には就職エージェントも営利団体です。すごく悪い言い方をすると、「楽して紹介が成立し、学生を企業に採用してもらえれば、楽に儲かってそれでいいじゃん!」という考えを持っている可能性も否定できないのです。(もちろん全部の企業がそうではありませんよ。)

エージェントのビジネスモデルは成功報酬。つまり、たとえ面接の結果、企業が合格を出したとしても、学生が入社を決断しなければ、採用の成約にはなりません。するとフィーがもらえません。そのため、とにかく学生に入社を決断させたいと考え、「ここに決めるべきだ!」と価値観を押しつけられたり、「ここに就職しないともう決まんないよ?」みたいな脅迫観念のようなものを押しつけられたりする。そんな劣悪なエージェントに悩まされている就活生がいることも事実なのです。

では一体何に気をつければいいのでしょうか。

就活エージェントサービス利用時に気をつけるべき2つのこと

1:成功報酬費はいくらか

まずエージェントに登録するときは成功報酬費用も参考までに調べといたほうが良いということです。

当たり前ですが、安いほうが決まりやすいです。自分が採用される値段が安いってのは若干複雑ですが。。。でも採用担当にもお財布があるんです。いくらあなたを採用したくてもお金がないと採用できないのです。

成功報酬が50万〜80万程度であれば相場なので問題ありません理系や高学歴だと、100万程度まで値段が付いていることもありますが、理系や高学歴であればそれも相場内です。逆に文系で、高学歴でなければ、100万は少し高いと感じられるかもしれません。

あくまでも参考程度にですが、相場からあまりにも外れていないかどうかくらいは確認した方がいいと思います。

2:カウンセラーは中立かどうか

良質なエージェントサービスの特徴としては、しっかりとみなさんのカウンセリングをするということです。

カウンセリングは、みなさんに気づきを与えるコーチングが原則です。カウンセラーが「お前はこうするべきだ!」ということは原則ないはずなのです。あなたの気づきを得るきっかけを与えてくれはしますが、あなたの人生を強制することはありません。そんな中立的な存在であるはずなのです。

ですから、カウンセラーがあなたの人生を強制せず、あくまでも中立性を保ち、あなたに気づきを与えてくれるかどうか。これは、良質なエージェントを見極めるためのポイントになってくると思います。

良質なカウンセリングは必ずあなたの手助けになります。

メリットがたくさん

今回は就職エージェント利用について気をつけるべきこと2つについて話しました。

まず1つ目は、エージェントに登録した際、あなたに値段が付くことについて。エージェントに登録するのであれば、エージェントの企業に対する成果報酬額が相場から外れていないかどうか、ネットなどで調べておきましょう。

2つ目は、カウンセラーが中立であることの重要性について。カウンセリングの中で脅迫観念をおしつけられたり、とにかくやたらと向こうから答えを出してきて急かしてくる紹介会社は、みなさんのことをお金に見ている可能性があります。カウンセラーが価値観を押し付けず、あなた自身の気づきを促すような中立の立場を取っているかどうかが見極めのポイントです。

いろいろと申し上げましたが、良いカウンセリングを受けることができる就職エージェントであれば、間違いなく精度の高いマッチングを実現するすばらしいサービスなはずです。必ず皆さんの手助けになってくれますよ。

今回は以上です。

就職エージェントは就活力アップ&内定獲得までの最短ルート!
キャリアチケット

就職エージェントを利用すれば、無料で社会人から客観的に見たあなたの強みがわかるし、面接のトレーニング・フィードバックもしてくれる。友達同士でフィードバックするよりも、より効率よく就活力アップが見込めるはずです。

大手企業に行きたい方も、本番で失敗しないための練習をしておくことができるのです。

中でもキャリアチケットは優良な就活エージェントでおすすめ。エリアが合うのであれば、一度は足を運んでみては!

詳細ページ公式ページ