自己PR

「根性」を面接官にアピールする自己PRの作り方【例文付き】

当記事では、「根性」を面接官にアピールしたいという方に向けて、自己PRの作り方を解説します。面接に苦手意識を持つ方でも、正しい自己PRの型と、重要なポイントをつかんでおけば、効果的な自己PRを作ることができます。まずは根性での自己PRがどんな職種に適しているのか見ていきましょう。

根性での自己PRが適している職種や業種

適合

「根性」は、どんな仕事でも求められますが、数字を貪欲に追い続けることが求められる「営業職全般」下積みの長い寿司職人などの「職人系職業」あるいは離職率が比較的高かったり、体力や精神力が求められる若いベンチャー企業に、よりマッチすると考えられます。

根性の自己PRのポイントは「根性が培われた経験と活かされた経験」

成長

自己PRで「根性があります!」というのは、言おうと思えば誰でも言えてしまいます。しかもなかなか面接の現場では証明が難しいものです。

面接の現場で、面接官から「確かに、あなたは根性があるね」と思われるためには、根性に関する「エピソード」を話して信ぴょう性を高めるしかありません。

そして話の信ぴょう性を高めるためには、「根性が活かされた経験のエピソード」だけでなく、「根性が培われた経験のエピソード」も併せて話すことが有効です。

自己PRを行う上での3つのステップ

自己PR攻略のための3ステップ

STEP1:結論
STEP2:強みが活かされた経験(エピソード)
STEP3:企業で強みをどう活かすか

自己PRの基本ステップについては以前の記事で詳しくまとめていますので、まだ読まれていない方はそちらからどうぞ!

>面接に合格する自己PR作りのための3つのステップ【サンプル文付き】

それでは、各STEPごとに見ていきましょう。

STEP1:結論

結論を話す

まずはシンプルに結論から伝えるようにしましょう!最初に結論から話すことで、あなたが言いたいことの全体像が面接官に伝わりやすく、話しているあなたの話もぶれにくくなります。

【例文】
私の強みは、根性です。

ポイント

「根性」は同じようなネタで自己PRをする人が多くいると考えられるので、差別化が重要です。そこで少しでも相手の印象を強めるために、キャッチコピーを使うのも手です。例えば、「不屈の根性」「3年間の野球部の地獄の特訓で培われた根性」など表現の工夫をしていくと有効です。キャッチコピーの使い方は、以前の記事にまとめましたので、そちらをご覧ください。

>自己PRや履歴書で使える!面接官にササるキャッチコピーの作り方6選

STEP2:強みが活かされた経験(エピソード)

自己PR攻略のための3ステップ

さて、結論を述べたあとは、これまであなたの「根性」が最も活かされた時のエピソードを話しましょう。根性という強みが活かされた経験の話は、あなたに「根性」があることの根拠となります。

エピソードを構成する際のポイント

重要なのは先述したように、「根性が活かされた経験」だけではなく、「根性が培われた経験」も合わせてお話しすることです。強みが培われた経験のエピソードは、あなたの話の信ぴょう性をさらに高めてくれる非常に重要な役割を果たします。

話の構造

オーソドックスな話の構造としては、

「どんな経験を通じて根性が培われたか」
「目標」(なにか達成すべきor達成したい目標がある)
「苦労」(うまくいかず普通ならあきらめてしまうような経験)
「行動」(根性があったからこそとった行動)
「成果」(行動の結果どうなったか)

という順番でお話しするとよいでしょう。

1:どんな経験を通じて根性が培われたか

ぐんぐん成長

生まれつき根性があった!なんて人はなかなかいません。何か目標に向かって、頑張り続けた経験があったからこそ、身についていくものです。なぜ根性があるのか、これを面接官に納得してもらうために重要なパートです。相手が「それは確かによく頑張ったね・・・」などと、イメージが膨らむように話していきましょう。

【例文】
私は、中学高校と陸上部にいたのですが、顧問の先生がものすごく厳しい人で、ほぼ毎日10km以上走らされていました。その入部の時から3か月もすれば部員が3分の1に減るほどの大変ハードな部活で、私は6年間耐え続け、そこで根性を培うことができました。

2:目標(なにか達成すべきor達成したい目標がある)

目標

ここからは、「根性が活かされた経験」を語っていきます。

根性が発揮されたエピソードを語る上で、まず何か目標があることは前提となります。目標のハードルの高さにこだわる必要はありませんが、あなたにとって達成したいという思いが強く、しかしなかなか達成が難しく努力が必要なものであれば、話を聞く面接官からしても、「なるほど!それは根性が必要だね」と納得しやすいはずです。

【例文】
そこで培った「根性」が最も生かされたのは、大学受験の時のことです。部活ばっかりやっていた私は、部活を引退する8月までほとんど勉強をしていませんでした。私立大学への推薦枠がありましたが、私は家の事情もあり、国公立の大学に行くと決めていたので、「国立のA大学」を目指して勉強を始めました。

3:苦労(うまくいかず普通ならあきらめてしまうような経験)

あきらめそうだにゃ

すんなりと目標達成してしまっては、根性のアピールにはつながりません。根性をアピールするために、エピソードには逆境が必要です。つまり、ここでの苦労がいかにきつかったかを面接官にもイメージしてもらえることで、あなたの発言の信ぴょう性が高まります

面接官に、「俺だったらあきらめちゃうな・・・」と思わせたらこっちのものです。

【例文】
8月時点での模擬試験ではE判定。そこからの巻き返しですから、相当な勉強量が必要でした。成績はなかなか伸びず、担任にも推薦や現実的に合格できそうな私立への進学をすすめられました。また、同級生たちはどんどん私立大学に推薦で決まっていき、遊びにも誘われました。

4:行動(根性があったからこそとった行動)

行動力

ここが「根性」を示すコアの部分です。あなたの根性を証明するのは行動しかありません。そして面接の現場では、その行動をとったことを話すしかありません。通常諦めてしまうような逆境があったのにもかかわらず、何を思って、どういう行動をとったか具体的に話すようにしましょう。

【例文】
そんな中で、自分を信じ続け、楽しそうな友達の誘いも断り、勉強を継続することはなかなかつらいものがありましたが、陸上部の練習と比べたら大したことない!と思い、誘惑を断ち切り、一度お友達と遊ぶことなく、一度も休むことなく、一日13時間の勉強を毎日続けました。

5:成果(行動の結果どうなったか)

成果

行動の結果どうなったのかを話すパートです。嘘をつく必要はありませんし、話を盛る必要もないですが、ここではできるだけうまくいったことをお話しするとよいでしょう。

理由はわかりやすいからです。もちろん、根性出したけどうまくいかなかったこともたくさんあるとは思いますが、うまくいかなかったことを話すと、「なんでうまくいかなかったのにその話をしたんだろう・・・」と意味のない変な疑問を増やしてしまいかねません。

うまくいかなかったことを話すには、それなりに思い入れや、理由がある場合のみにしておくことをお勧めします。

【例文】
それほどまでして勉強しても、受験直前の12月時点でもC判定と、やはり受験は甘いものではなく、なかなか成績は上がりませんでしたが、それでも必ず努力は報われるはずだと信じ、受験前日までとにかくさぼらずに勉強し続けました。結果として、A大学に合格するに至りました。

STEP3:企業で強みをどう活かすか

自己PR攻略のための3ステップ

STEP1の結論部分で話したあなたの強みを、STEP2のエピソードで根拠付けたあとは、その強みが企業でのどんな活躍につながるかを語りましょう。自己PRはあくまでも「私は御社で活躍できますよ」というアピールですから、ある意味自己PR全体の中でここが一番大事です。ここまでの話は、すべてこのSTEP3のためにあるといっても過言ではありません。

ここで重要なのは、2つです。

1:相手の企業の仕事をしっかりとイメージしていること。

2:あなたの強みがなぜその仕事に生かされるのかの理由を話せていること。

まずは自分が応募している仕事がどんな仕事で、どういう力が求められているかをホームページや説明会での話などから情報収集しましょう。そしてあなたの強みがその仕事にて活躍するために、どう生かされるのかをイメージしてから、話の構成を考えましょう。

【例文】
私は御社の営業職を志望しておりますが、営業職はつらいことも多いと思いますが、それでも常に前向きに行動して数字を追いかけるためには根性が必要だと思っていまして、私の陸上部で培われた根性を生かせるのではないかと考えております。常に心折れることなく、行動し、成長し続けることで、営業として御社に貢献できればと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

ポイントまとめ

ポイント

いかがでしたでしょうか。基本的には、結論→エピソード→企業としてどう活躍できるか。と話すことが重要です。また「根性」というテーマにおいては、「根性」を自己PRネタにする人が多いため、他の就活生ライバルとの差別化が重要です。キャッチコピーなども使って、効果的に面接官にアピールしていきましょう。

例文まとめ

私の強みは、根性です。

私は、中学高校と陸上部にいたのですが、顧問の先生がものすごく厳しい人で、ほぼ毎日10km以上走らされていました。その入部の時から3か月もすれば部員が3分の1に減るほどの大変ハードな部活で、私は6年間耐え続け、そこで根性を培うことができました。

そこで培った「根性」が最も生かされたのは、大学受験の時のことです。部活ばっかりやっていた私は、部活を引退する8月までほとんど勉強をしていませんでした。私立大学への推薦枠がありましたが、私は家の事情もあり、国公立の大学に行くと決めていたので、「国立のA大学」を目指して勉強を始めました。

8月時点での模擬試験ではE判定。そこからの巻き返しですから、相当な勉強量が必要でした。成績はなかなか伸びず、担任にも推薦や現実的に合格できそうな私立への進学をすすめられました。また、同級生たちはどんどん私立大学に推薦で決まっていき、遊びにも誘われました。

そんな中で、自分を信じ続け、楽しそうな友達の誘いも断り、勉強を継続することはなかなかつらいものがありましたが、陸上部の練習と比べたら大したことない!と思い、誘惑を断ち切り、一度お友達と遊ぶことなく、一度も休むことなく、一日13時間の勉強を毎日続けました。

それほどまでして勉強しても、受験直前の12月時点でもC判定と、やはり受験は甘いものではなく、なかなか成績は上がりませんでしたが、それでも必ず努力は報われるはずだと信じ、受験前日までとにかくさぼらずに勉強し続けました。結果として、A大学に合格するに至りました。

私は御社の営業職を志望しておりますが、営業職はつらいことも多いと思いますが、それでも常に前向きに行動して数字を追いかけるためには根性が必要だと思っていまして、私の陸上部で培われた根性を生かせるのではないかと考えております。常に心折れることなく、行動し、成長し続けることで、営業として御社に貢献できればと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。

こちらの例文は2〜3分程度で会話の中でお話しする前提の長さなので、尺や履歴書のフォーマットに合わせて分量は調整してください。

その他の強みで自己PRを考えてみたい方は下記の記事をご覧ください!

【まずはサクッと1社内定】最短3日で内定が取れる就職エージェント【無料です】
キャリアチケット

「キャリアチケット」はGoogleやTOYOTA、サイバーエージェントなど、超優良企業とも繋がっている優秀な就職エージェント。最短3日〜1ヶ月であなたにあった企業からの内定獲得を目指します。

第一志望の会社で緊張しないためにも、まずは1社内定を取っておくのはありですよ。完全無料です。まずはレビューをどうぞ!

レビュー公式ページ