自己PR

「ハングリー精神」を面接官にアピールする自己PRの作り方【例文付き】

当記事では、「ハングリー精神」をアピールするための自己PRをより効果的に行うためのポイント自己PR作り方を、例文を交えて解説していきます。面接に苦手意識を持つ方でも、正しい自己PRの型と、自己PRする上でのポイントをつかんでおけば、効果的な自己PRを作ることができます。

まずはハングリー精神での自己PRがどんな職種に適しているのか見ていきましょう。

ハングリー精神での自己PRが適している職種や業種

適した職種を解説

「ハングリー精神」は、どんな仕事にでも通用するスタンスであり、業種規模を問わずアピールできます。特に数字を貪欲に追い続けることが求められる「営業職」にはよりマッチするでしょう。

ハングリー精神の自己PRのポイントは「行動」

行動力

面接の現場で「ハングリー精神」があるかないかの証明をする方法はなく、自己PRとして使おうと思えば、だれでも自己PRとして使うことができます。

そのため、面接の現場で話の信ぴょう性を高めるには、ただ「ハングリー精神」を持っているというだけではなく、ハングリー精神があるからこそ「実際にどれだけ、どのような行動をしているのか」ということをアピールすることが重要です。

それでは自己PRを実際に作っていきましょう。

自己PRを行う上での3つのステップ

自己PR攻略のための3つのポイント

STEP1:結論
STEP2:強みが活かされた経験(エピソード)
STEP3:企業で強みをどう活かすか

自己PRの基本ステップについては以前の記事で詳しくまとめていますので、まだ読まれていない方はそちらからどうぞ!

>面接に合格する自己PR作りのための3つのステップ【サンプル文付き】

それでは、各STEPごとに見ていきましょう。

STEP1:結論

結論を述べる

まずはシンプルに結論から伝えるようにしましょう!最初に結論から話すことで、あなたが言いたいことの全体像が面接官に伝わりやすく、話しているあなたの話もぶれにくくなります。

【サンプル文】

「私の強みは、ハングリー精神です。」

ポイント

ここでキャッチコピーを使って印象を強めるというのも手です。例えば、「空前絶後のハングリー精神」「ナンバー1になっても止まらないハングリー精神」など表現の工夫をしていくと有効です。キャッチコピーの使い方は、以前の記事にまとめましたので、そちらをご覧ください。

>自己PRや履歴書で使える!面接官にササるキャッチコピーの作り方6選

STEP2:強みが活かされた経験(エピソード)

自己PR攻略のための3つのポイント

さて、結論を述べたあとは、これまであなたの「ハングリー精神」が最も活かされた時のエピソードを話しましょう。強みが活かされた経験の話は、あなたに「ハングリー精神」があることの根拠となります。

エピソードを構成するときのポイント

先述したように「ハングリー精神」があるということの信ぴょう性を高めるために、どんな行動をしたか、どれだけ行動したかという部分をしっかりと相手に伝えることが前提となります。

エピソードの中には、「普通の人は満足するか十分だと思う状況」であなたの「ハングリー精神」があったからこそさらに行動に移したことを盛り込むと、自己PRであなたらしさやハングリー精神の強さを伝えることができます。

話の構造

オーソドックスな話の構造としては、

「通常の人が満足する・十分だと思う」ような状況で、
「満足せず」さらに上を目指して行動した結果、
「よりよい状況になった」

という順番でお話しするとよいでしょう。

1:「通常の人が満足する・十分だと思う」ような状況

満足!

ハングリー精神をアピールするためには、通常の人だと満足する状況が前提となります。

面接官が「そりゃ、それだけやったら普通満足するよね。別にそれ以上やることないよね。」と納得させたらこっちのものです。

丁寧に状況を描写していきましょう。

【例文】

私のハングリー精神を活かすことができたのは、大学受験のときです。私は一度大学受験で失敗していて、予備校に入り4月から再度受験勉強を始めました。

ちなみに、不合格だった要因は特に苦手な数学の点数が足を引っ張ってしまったことでした。それが非常に悔しくてたまらなかったことと、文系なので数学が得意になればきっと他の受験生とも差がつくだろうと思い、文系学生向けで一番難しいといわれている問題集を購入し、必死に勉強しました。

同じ問題集を何週も何週も解き続けた結果、半年ほどすればかなり実力がついていました。実際に模擬試験でも数学の偏差値は65を超え、気づけば数学は私の武器になっていました。

2:満足せずさらに上を目指して行動する

向上心

ここが最もあなたらしさが出るパートです。通常の人が満足するところで、満足することのないあなたはいったい何をするのか通常の人とのギャップをここでうまく伝えることができれば、「ハングリー精神」を効果的にアピールすることができます。

【例文】

文系としては十分な数学の実力をつけることができましたし、このまま同じ問題集を何週もこなしていれば、より知識も定着するだろうとも思いました。

すでにかなり他の文系の受験生よりも優位に立っている状態になり、志望校もA判定が出るようになっていましたが、さらに私の心は燃えてきて、もっと上の大学を目指そうと国公立の大学受験を決意しました。

そして、数学をさらに強化するべく、理系でも難しいと言われる難題ばかりの問題集を購入し、また何週も何週も解き続けました。

3:ハングリー精神のおかげで、より良い状況になった

良い状況!

ここはあなたの「ハングリー精神」を発揮したことによる成果の部分です。ハングリー精神を伝えるためのエピソードはきっと自分の人生の中で何度もあるかと思いますが、その中でも結果として成果がわかりやすく出たものをお話しするといいでしょう。

もしかしたら、繊細な方だと、「都合が良すぎると思われそう・・・」なんて思ってるかもしれませんが、もし「ハングリー精神を発揮したけれども、結果うまくいかなかった話」をしたとすれば、「じゃあなんでその話をチョイスしたんだろう・・・」っていう変な違和感が残ります。

確かに日本人はストレートに手前味噌な話をするのが苦手ではありますが、ここは自己PRだと割り切って、わかりやすさ重視で良い成果の出たエピソードをお話ししましょう。

【例文】

結果として、私の数学は文系では全国で見てもトップクラスのレベルに至り、模擬試験でも成績優秀者として発表されるレベルに達しました。

いざ受験本番も、数学でほぼ満点の手応えで合格。数学が武器になったおかげで私は当初の志望校よりもずっと上のレベルの大学に合格することができました。

STEP3:企業で強みをどう活かすか

自己PR攻略のための3つのポイント

STEP1の結論部分で話したあなたの強みを、STEP2のエピソードで根拠付けたあとは、その強みが企業でのどんな活躍につながるかを語りましょう。

自己PRはあくまでも「私は御社で活躍できますよ」というアピールですから、結局ここが一番大事です。ここまでの話は、すべてこのSTEP3のためにあるといっても過言ではありません。

ここで重要なのは、2つです。

1:相手の企業の仕事をしっかりとイメージしていること。

2:あなたの強みがなぜその仕事に生かされるのかの理由を話せていること。

まずは自分が応募している仕事がどんな仕事で、どういう力が求められているかをホームページや説明会での話などから情報収集しましょう。

そしてあなたの強みがその仕事にて活躍するために、どう生かされるのかをイメージしてから、話の構成を考えましょう。

【例文】

私は御社の営業職を志望しております。
営業という仕事は、会社の業績を最前線で支える仕事だと思っておりまして、常に目標を達成し続け、さらに目標を達成しても貪欲に仕事を取り続けることがスタンスとして求められるのではないかと思っております。

私は、御社で自分の強みである「ハングリー精神」を生かし、常に上を目指し続けることで目標の達成はもちろんのこと、常に仕事を取り続けるナンバーワン営業マンを目指して頑張りたいと考えております。

どうぞよろしく御願いいたします。

ポイントまとめ

いかがでしたでしょうか。基本的には、結論→エピソード→企業としてどう活躍できるか。という流れで話すことが自己PRでは重要です。

また「ハングリー精神」というテーマにおいては、貪欲な気持ちだけではなく、どんな行動に移したのかを語ることが話の信憑性を高めるために非常に重要です。

行動の部分にフォーカスを当て、自己PRを作るようにしましょう。するといい自己PRが出来上がるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

例文まとめ

私の強みは、ハングリー精神です。

私のハングリー精神を活かすことができたのは、大学受験のときです。私は一度大学受験で失敗していて、予備校に入り4月から再度受験勉強を始めました。

不合格だった要因は苦手な数学でした。

それが非常に悔しくてたまらなかったことと、文系なので数学が得意になればきっと他の受験生とも差がつくだろうと思い、文系学生向けで一番難しいといわれている問題集を購入し、必死に勉強しました。同じ問題集を何週も何週も解き続けた結果、半年ほどすればかなり実力がついていました。実際に模擬試験でも数学の偏差値は65を超え、気づけば数学は私の武器になっていました。

文系としては十分な数学の実力をつけることができましたし、このまま同じ問題集を何週もこなしていれば、より知識も定着するだろうとも思いました。

すでにかなり他の文系の受験生よりも優位に立っている状態になり、志望校もA判定が出るようになっていましたが、さらに私の心は燃えてきて、もっと上の大学を目指そうと国公立の大学受験を決意しました。

そして、数学をさらに強化するべく、理系でも難しいと言われる難題ばかりの問題集を購入し、
また何週も何週も解き続けました。

結果として、私の数学は文系では全国で見てもトップクラスのレベルに至り、模擬試験でも成績優秀者として発表されるレベルに達しました。いざ受験本番も、数学でほぼ満点の手応えで合格。数学が武器になったおかげで私は当初の志望校よりもずっと上のレベルの大学に合格することができました。

私は御社の営業職を志望しております。

営業という仕事は、会社の業績を最前線で支える仕事だと思っておりまして、常に目標を達成し続け、さらに目標を達成しても貪欲に仕事を取り続けることがスタンスとして求められるのではないかと思っております。

私は、御社で自分の強みである「ハングリー精神」を生かし、常に上を目指し続けることで目標の達成はもちろんのこと、常に仕事を取り続けるナンバーワン営業マンを目指して頑張りたいと考えております。

どうぞよろしくお願いいたします。

こちらの例文は2〜3分程度で会話の中でお話しする前提の長さなので、尺や履歴書のフォーマットに合わせて分量は調整してください。

その他の強みで自己PRを考えてみたい方は下記の記事をご覧ください!

【まずはサクッと1社内定】最短3日で内定が取れる就職エージェント【無料です】
キャリアチケット

「キャリアチケット」はGoogleやTOYOTA、サイバーエージェントなど、超優良企業とも繋がっている優秀な就職エージェント。最短3日〜1ヶ月であなたにあった企業からの内定獲得を目指します。

第一志望の会社で緊張しないためにも、まずは1社内定を取っておくのはありですよ。完全無料です。まずはレビューをどうぞ!

レビュー公式ページ