自己PR

「主体性」を面接官にアピールする自己PRの作り方【例文付き】

「主体性」で自己PRしたい!だけど、どうやって自己PRを作ったらいいかわからない!と悩んでいませんか?

当記事では、面接官の本音を知る就活のプロが「主体性」を面接官にアピールための自己PRの作り方やポイントを例文を交えてお伝えします。

面接が苦手な人も、事前にしっかりと準備して望むことで結果は大きく変わるので、ぜひ参考にしてみてください!

・・・ただし、今回のコラムはあくまでもじっくりと自分で自己PRを作りたいという方向け。時間もないし、早く自己PRを強化したい!という方は無料で就活のプロに相談して、素早く自己PRを仕上げましょう!

「主体性」の自己PRが効果的な職種や業種

企業からすると、「受け身」姿勢の従業員は、できるだけ採用したくないというのが本音です。

仕事指示の労力やコストがかかるからですね。

できれば、新人でも、自ら学んで、自ら考えて、自ら行動して欲しいのです。

この想いに業種の垣根はありません。

つまり、「主体性」という強みは、業種や職種を問わず、どんな企業でも求めるスタンスです。

そのため、汎用性の高い自己PRのネタといえます。

ただ中でも特に、仕事をどんどん自分で作っていく必要性が高い「ベンチャー企業」での面接、あるいは企業問わず「営業職」を面接する際の面接では、よりわかりやすくアピールできるネタとなります。

「主体性」の自己PRの3つのポイント

3つ

「主体性」の自己PRのポイントは3つ。

1:行動の理由を話せること

2:話を盛らないこと

3:自信をもつこと

実は、「主体性」での自己PRは面接官にいろんな突っ込みを入れられる可能性が高いです。

なぜならば誰でもそれなりに自己PRしやすいお題で、話を盛りやすいテーマだからです。

面接官から入りやすい突っ込みは「なぜその行動をしたのか」「本当にあなたがやろうといいだしたのか。」ということです。

そこで行動に理由がなかったり、自信がなかったり、話を盛っている場合は、質問へ答える際に声が小さくなったり、目が泳いだりしてしまうものです。

そこを面接官は見逃しません。

面接官はあなたが本当に主体性があるのかを見極めるために、そのような質問をするわけですから、「主体性」で自己PRする場合は、しっかりと等身大の経験を語り、自分の経験に自信を持って、行動の理由を話せるように準備しましょう。

もしその話に自信がもてない場合は、「主体性」以外のネタを話した方がよいでしょう。

「主体性」で自己PRを行う上での3つのステップ

自己PR攻略のためのポイント

STEP1:結論

STEP2:強みが活かされた経験(エピソード)
+α:他に「主体性」が発揮された例を出す

STEP3:企業で強みをどう活かすか

自己PRの基本ステップについては以前の記事で詳しくまとめていますので、まだ読まれていない方はそちらからどうぞ!

>面接に合格する自己PR作りのための3つのステップ【サンプル文付き】

それでは、各STEPごとに見ていきましょう。

STEP1:結論

まずはシンプルに結論から伝えるようにしましょう!最初に結論から話すことで、あなたが言いたいことの全体像が伝わりやすく、あなたの話もぶれにくくなります。

またここで「なぜ主体的に動くのか」の説明を添えるとより説得力が増してよりGOODです。

【例文】

私の強みは、主体性です。何事も自分ごととして動くことが最も自分を成長させると考えているからです。

キャッチコピーで主体性をより強くアピールする

キャッチコピーを使って、より印象を強めるという手もあります。

【例文】

私の強みは、どんなことでも自分ごととして捉える主体性です。

私の強みは、どんなことも人任せにしない主体性です。

私の強みは、なにごとも自分でやらないと気が済まないほどの主体性です。

単純に「私の強みは主体性です」というより印象が強くなったことがわかりますか?

面接官も人間です。1日複数人の面接をこなしているうちに、覚えている人と覚えていない人が必ず出てきます。

あとでまとめて評価するタイミングで、「あーこの子は主体性が強みって言ってたなぁ・・・」となってあなたの話を色々思い出してくれたらこっちのものです。

そのためにも、できるだけ表現を工夫して、相手の印象に少しでも残る自己PRを作るようにしましょう。

キャッチコピーの作り方は、以前の記事にまとめましたので、そちらをご覧ください。

>自己PRや履歴書で使える!面接官にササるキャッチコピーの作り方6選

STEP2:強みが活かされた経験(エピソード)

自己PR攻略のためのポイント

さて、結論を述べたあとは、これまであなたの「主体性」が最も活かされた時のエピソードを話しましょう。

強みが活かされた経験の話は、あなたに「主体性」があることの根拠となります。

話の構造

オーソドックスな話の構造としては、

1:何かやるべきことがある

2:主体性を発揮して行動に移す

3:成果 

という順番で話していくのがオススメです。

では一つ一つ見ていきましょう!

1:何かをやるべきことがある

なにをやろうかなぁ

あなたが主体性を発揮するためには、あなたが「これはやらなければならない!」という状況にいることが前提となります。あなたが「このままではまずい」と思ったり、「もっとこうしたらいいのに・・・」と思った状況を面接官にもわかりやすく伝えましょう。

また、本来あなたがやらなくてもどうにかなるような内容であれば、よりいっそう「あなたがやったこと」の価値が際立ちます

【例文】

私の主体性が最も発揮されたのは、居酒屋アルバイトの販促キャンペーンをうったときです。

私は朝まで開店している居酒屋でアルバイトとして働いているのですが、深夜の売上がどうしてもあがらないという店の課題がありました。

2:主体性を発揮して行動に移す

主体的に行動!

ここで重要なのは、「なぜあなたが動いたのか」という理由を明確に語ることができることです。

ここがしっかりとしていれば、あとで面接官に突っ込まれたとしても、ぶれることはありません。あなたが行動した理由を明確に自信もって語れるようにしましょう。

【例文】

このままでは、自分のお世話になっているお店がつぶれてしまうかもしれないし、つぶれなくても大好きな店長の社内での評価が下がってしまうと思い、非常に危機感を覚えました。

私自身、居酒屋のアルバイトで学んだことも多く、なんとしてでも店を守りたいと思い、アルバイトでありながら、深夜の販促PJTの企画をぶつけてみることにしました。

まずは深夜お客様が入っているお店をいくつかピックアップして、お店に足を運びました。

そして何がお客様が入っている要因なのか自分なりに共通点を見出そうとした結果、どの店も「深夜限定の目玉メニューがある」ことに気が付きました。

そこで、私は自分の店でも深夜の目玉メニューをつくってはどうか・・・ということを考え、「朝まで食べ放題 エンドレスフライドポテト」というメニューを店長に提案しました。

正直フライドポテトを食べ放題にして原価が取れるかどうかなど、わからないことは多かったのですが、提案してみてまずは店長の意見を伺おうと思い、四の五の考えずまず提案してみました。

3:成果

成果出ました

ここでは、「あなたの働きがどういう結果を残したのか」という話をします。

主体性を発揮することに関しては、プロセスの方が重要なので、うまくいったかいっていないかについてはそこまで関係がない話ですが、ネタとして選んだからには、成果を上げている話をする方が自然です。

【例文】

提案を見た店長は喜んでくれました。何よりもアルバイトという立場の私が主体的に店の危機を救おうと動いてくれたことがうれしかったといってもらえました。

そして、せっかくだから形にしようと、そこから店長と一緒に食べ放題の細かいルール決めなどを行い、メニューをリリースしました。

すると学生の間でエンドレスポテトが話題になり、一気に口コミが広がったようで、一週間後には深夜2時に満席で回らないといううれしい悲鳴も聞こえてきました。

結局利益はプラスになっているようで、今でも深夜は大盛り上がりが続いています。

エピソードを語る時のポイント

「主体性」での自己PRのエピソードを語る時のポイントは、すべての行動に理由があるかどうかということです。

あなたが行ったことでも理由なく何となく気まぐれに行ったのであれば、それは主体性があるという判断にはなりません。

全ての行動の理由を一気に話す必要はありませんが、話し終えた後に突っ込まれても答えられるようにしておくことがおすすめです。

むしろ理由を言語化できないのであれば、「主体性」は自己PRのネタとして使わない方が無難でしょう。

+α:他に「主体性」が発揮された例を出す

また、「主体性」というのは言ってしまえば、自分で行った行動を例に出せばエピソードとして成り立ってしまうので、誰でもそれなりのエピソードを話すことはできてしまいます。

そのため更なる根拠をつけるためには、他にも簡単に2〜3つ程度、「主体性」が発揮された例を出すとよいでしょう。

ただし、ここはあくまでもおまけです。あまりに強調すると自己顕示欲が強いという判断にもなりかねませんので、さらっと追加するイメージでお話ししましょう。

【例文】

それだけでなく、他にもサークルの合宿を自らしきって企画したり、オープンキャンパスの実行委員長として新入生歓迎の企画立てを行ったりと、
誰かがやらなければならないことに対して、進んで手をあげてきました。

STEP3:企業で強みをどう活かすか

自己PR攻略のためのポイント

STEP1の結論部分で話したあなたの強みを、STEP2のエピソードで根拠付けたあとは、その強みが企業でのどんな活躍につながるかを語りましょう。

自己PRはあくまでも「私は御社で活躍できますよ」というアピールですから、ここが一番大事です。ここまでの話は、すべてこのSTEP3のためにあるといっても過言ではありません。

ここで重要なのは、2つです。

1:相手の企業の仕事をしっかりとイメージしていること。

2:あなたの強みがなぜその仕事に生かされるのかの理由を話せていること。

まずは自分が応募している仕事がどんな仕事で、どういう力が求められているかをホームページや説明会での話などから情報収集しましょう。

そしてあなたの強みがその仕事にて活躍するために、どう生かされるのかをイメージしてから、話の構成を考えましょう。

【例文】

私は御社のコンサルタント職を志望しておりますが、自分の強みを生かしてとにかくいろんな仕事に手を上げて果敢に挑み、だれよりもはやく成長するつもりです。

また、お客様がお持ちの課題を自分事としてとらえ、お客様よりもお客様のことを考える姿勢で、主体的に課題解決案を提案できるようなコンサルタントになりたいと思っています。

自己PRで「主体性」をアピールするためのポイントまとめ

いかがでしたでしょうか。基本的には、結論→エピソード→企業としてどう活躍できるか。と話すことが重要です。

また「主体性」というテーマにおいては、あなたの行動の理由を話すことができること、等身大の経験を語ること、自信を持って話すことがポイントです。

色々と面接官に突っ込まれたとしても、ぶれずに堂々と話すことを心がけましょう。

下記に例文を示します。

例文は大体2分程度で話せるように、長文になっていますが、求められる長さに合わせて調整する場合は、STEP2のエピソードの部分を調整するようにしましょう。

例文まとめ

私の強みは、主体性です。何事も自分ごととして動くことが最も自分を成長させると考えているからです。

私の主体性が最も発揮されたのは、居酒屋アルバイトの販促キャンペーンをうったときです。

私は朝まで開店している居酒屋でアルバイトとして働いているのですが、深夜の売上がどうしてもあがらないという店の課題がありました。

このままでは、自分のお世話になっているお店がつぶれてしまうかもしれないし、つぶれなくても大好きな店長の社内での評価が下がってしまうと思い、非常に危機感を覚えました。

私自身、居酒屋のアルバイトで学んだことも多く、なんとしてでも店を守りたいと思い、アルバイトでありながら、深夜の販促PJTの企画をぶつけてみることにしました。

まずは深夜お客様が入っているお店をいくつかピックアップして、お店に足を運びました。

そして何がお客様が入っている要因なのか自分なりに共通点を見出そうとした結果、どの店も「深夜限定の目玉メニューがある」ことに気が付きました。

そこで、私は自分の店でも深夜の目玉メニューをつくってはどうか・・・ということを考え、「朝まで食べ放題 エンドレスフライドポテト」というメニューを店長に提案しました。

正直フライドポテトを食べ放題にして原価が取れるかどうかなど、わからないことは多かったのですが、提案してみてまずは店長の意見を伺おうと思い、四の五の考えずまず提案してみました。

提案を見た店長は喜んでくれました。何よりもアルバイトという立場の私が主体的に店の危機を救おうと動いてくれたことがうれしかったといってもらえました。

そして、せっかくだから形にしようと、そこから店長と一緒に食べ放題の細かいルール決めなどを行い、メニューをリリースしました。

すると学生の間でエンドレスポテトが話題になり、一気に口コミが広がったようで、一週間後には深夜2時に満席で回らないといううれしい悲鳴も聞こえてきました。結局利益はプラスになっているようで、今でも深夜は大盛り上がりが続いています。

それだけでなく、他にもサークルの合宿を自らしきって企画したり、オープンキャンパスの実行委員長として新入生歓迎の企画立てを行ったりと、誰かがやらなければならないことに対して、進んで手をあげてきました。

私は御社のコンサルタント職を志望しておりますが、自分の強みを生かしてとにかくいろんな仕事に手を上げて果敢に挑み、だれよりもはやく成長するつもりです。

また、お客様がお持ちの課題を自分事としてとらえ、お客様よりもお客様のことを考える姿勢で、主体的に課題解決案を提案できるようなコンサルタントになりたいと思っています。

こちらの例文は2〜3分程度で会話の中でお話しする前提の長さなので、尺や履歴書のフォーマットに合わせて分量は調整してください。

その他の強みで自己PRを考えてみたい方は下記の記事をご覧ください!

【まずはサクッと1社内定】最短3日で内定が取れる就職エージェント【無料です】
キャリアチケット

「キャリアチケット」はGoogleやTOYOTA、サイバーエージェントなど、超優良企業とも繋がっている優秀な就職エージェント。最短3日〜1ヶ月であなたにあった企業からの内定獲得を目指します。

第一志望の会社で緊張しないためにも、まずは1社内定を取っておくのはありですよ。完全無料です。まずはレビューをどうぞ!

レビュー公式ページ