自己PR

「負けず嫌い」を面接官にアピールする自己PRの作り方【例文あり】

キャリアチケット 内定率が1.39倍になるカウンセリング。是非大手選考が始まる前に!早期内定への最短ルートはキャリアチケット!

詳細ページ公式ページ

負けず嫌いなら誰にも負けない!面接や履歴書の自己PRで負けず嫌いをアピールしたいけど、どうやって自己PRを作ればいいかわからない。

当記事では、上記のようなお悩みに答えます。

就活のプロとして長年人材業界で働いている私から、正しい型での自己PRの作り方やアピールするためのポイントを例文交えて徹底解説していきますね。

社会は競争です。同じ業界であれば、会社同士も競争しますし、同じ会社内でも成果の競争が常に行われています。

「負けず嫌い」という性格は、そんな競争社会において。競争力の源泉になりますから、業種や職種を問わず生かされる強みとなります。

是非ポイントを押さえた、正しい自己PRをマスターして、最大限負けず嫌いの強みを相手に伝えられるようになりましょう。

面接官の視点を知り、自己PRの正しい型がわかっていると、面接の現場で自分の発言に自信が持てるようになるので、それだけでもメリットがありますよ。

では、いきましょ〜!

「負けず嫌い」の自己PRのポイントは差別化

負けず嫌いというのは、どんな業種でもどんな職種でも対応できる自己PRであり、しかもそもそも負けることが嫌いな人ってたくさんいますよね。つまり負けず嫌いで自己PRを行いたいと考える人は多いのです。

そのため、重要なのは、差別化です。極端な話、面接官が「こりゃ本当に負けず嫌いだな・・・・」とうなるくらい、「負けず嫌い」を裏付けるエピソードが必要と知っておきましょう。

負けず嫌いをアピールする自己PRの作り方【3つのステップ】

自己PR攻略のための3つのステップ

自己PRを作る際は下記3STEPを意識しましょう。すると効果的な自己PRを作りやすいです。

正しい自己PRを作る3STEP
  1. 結論
  2. 強みが活かされた経験(エピソード)
  3. 企業で強みをどう活かすか

自己PRを作る際の基本ステップについての詳細は下記の記事でまとめています。

鉄板自己PRの作り方【3ステップで簡単に説得力が高まります】 「自己PRが苦手・・・!」「どういう順番で何を話せばいいのかわからない」 当記事では、こんなのお悩みにおこたえします。...

それでは、各STEPごとに見ていきましょう。

STEP1:結論

結論

まずはシンプルに結論から伝えるようにしましょう。

最初に結論から話すことで、あなたが言いたいことの全体像が伝わりやすく、あなたの話もぶれにくくなります。

【例文】
「私の強みは、負けず嫌いです。」

キャッチコピーでさらに印象を強めましょう

自己PRではうまくキャッチコピーを使って印象を強めるという工夫をしても良いと思います!

【例文】

私の強みは、勝つまでやめない負けず嫌いな性格です。

私の強みは、自称日本一の負けず嫌いな性格です。

いかがでしょうか、少し表現を変えるだけで単純に「負けず嫌いが自分の強みです」というよりも、印象に残りやすくなった気がしませんか?

面接官は機械ではなく人間ですから、このような「ちょっとした表現の違い」で印象が変わったりするものです。ぜひ工夫していきましょう!

なお、面接官からの印象を強めるキャッチコピーの作り方は下記記事でまとめました!ぜひそちらをご覧ください。

自己PRや履歴書で使える!面接官にササるキャッチコピーの作り方6選 「この面接官本当に今僕の話聞いてくれてるのかな・・・」「履歴書一生懸命書いてるけど本当にちゃんと読んでくれてるのだろうか・・・」...

STEP2:負けず嫌いの強みが活かされた経験(エピソード)

強みが生かされたエピソード

さて、結論を述べたあとは、これまで「負けず嫌い」が最も活かされた経験を話しましょう。

強みが活かされた経験の話は、あなたが「負けず嫌い」であることの根拠となり、あなたの自己PRの信ぴょう性を高める役割を果たします。

オーソドックスな話の構造としては、下記のような順番でお話しするとよいでしょう。

エピソードトークの構造
  1. 何かで負ける経験をする
  2. 負けず嫌いの性格が発動する
  3. 成果が出る

エピソード1:何かで負ける経験をする

負けず嫌いな性格が最も際立つのは、負ける経験をした時でしょう。

負けず嫌いなあなたが何かで負けた時、あなたの心に火がつくわけです。ここでは、ただ単純に「負けた」というわけではなく、しっかりと「負けた時の悔しさ」が伝わるように話しましょう

そのためには、「どれだけ準備してそこに臨んだか」「どんな強い思いで挑んだか」というような話を入れると効果的です。

【例文】

私の負けず嫌いな経験が最も活かされたのは、一度受験に失敗し、二度目の大学受験の際です。

私はもともと負けず嫌いという性格もあって、1度目の受験の際も他の生徒に成績で負けないよう毎日学校から帰ったら復習をし、学校の中間テストや期末テストでは、常にトップ層にいました。「お前なら東京大学も合格するだろう」と先生には言われており、私もそのつもりで受験に臨みました。

しかし東京大学の受験に私は落ちました。そして私より成績が悪かった同級生が数名合格していきました。

エピソード2:負けず嫌いの性格が発動

ここの表現次第で、あなたの「負けず嫌い」がどれほどのものなのかが評価されます。特に行動の部分については、あなたの負けず嫌いであることの証明にもなります

負けることで、どれだけ悔しい思いをしたのか、そして負けた原因はなんだったのかをどのように分析し、どう行動を変えていったのかを語ると効果的です。

【例文】

(思いの部分)ずっと勝ってきた相手に負けたことも悔しかったですが、何よりも、東京大学の受験そのものに敗北したことが悔しかったです。その他私立大学には滑り止めで合格していたので大学生になる手もあったのですが、東京大学に負けたままでは絶対に後悔すると思い、浪人する覚悟を決めました。

(行動の部分)そして、まず合格するだろうと言われていた自分がなぜ不合格になったのかをとことん追求しようと思い、これまでの成績表などをすべて取り出し、お世話になった先生にも相談し、自分に何が足りないのかを探りました。結果見えてきたのは、自分の勉強スタイルは定期試験で点数を取るための勉強で、実力をつけるための勉強ができていなかったという仮説でした。

そこで、勉強方法を見直し、テストに出るところの答えを覚えるような勉強するのではなく、本質が何なのかをしっかりと考え、様々な問題を想定して自分で問題を作り、どんなことが聞かれても答えられるようにインプットとアウトプットを繰り返すスタイルで1年間勉強しました。

エピソード3:成果が出る

ここでは、負けず嫌いさによって行動を変えた結果、どのようなことが起こったかを伝えましょう。もちろん行動を変えても成果が出なかったなんてことは多々あると思います。

でも、自己PRで使うネタとしては、ここの成果が出たネタを使うことをオススメします

人は成功体験の時の行動を繰り返しますから、面接官としてもあなたがどんな成功体験をしているかは気になるところなのです。

【例文】

するとみるみる成績は上がり、気づけば模擬試験の順位も、受験生の中でトップを争うレベルにまで到達し、次の年ぶっちぎりで合格することができました。

エピソードを語る時のポイント

差別化が重要です。「負けず嫌い」で自己PRを行う就活生のライバルは非常に多いため、差別化が重要となります。つまり負けず嫌いだった→負けた→トレーニングした→勝ったでは少し物足りないですね。

負けた後にあなたが何を考え、そしてどう行動したか。その行動が極端であればあるほど印象には強く残ります。サンプルだと、私立大学の合格を蹴ってでも浪人したっていう極端な行動を入れています。

むしろここでのインパクトや差別化に自信が持てないのであれば、「負けず嫌い」以外で攻めたほうがいいのかもしれません。それくらいライバルが多い自己PRネタなのです。

STEP3:企業で強みをどう活かすか

企業で強みが生きる

さて、ここでもう一度自己PRの作り方を振り返りましょう。

正しい自己PRを作る3STEP
  1. 結論
  2. 強みが活かされた経験(エピソード)
  3. 企業で強みをどう活かすか

STEP1の結論で話したあなたの強みを、STEP2のエピソードで根拠付けましたから、あとは、その強みが企業でのどんな活躍につながるかを語ります。

自己PRはあくまでも「私は御社で活躍できますよ」というアピールですから、完全なメインパートです。

ここまでの話は、すべてこのSTEP3のためにあるといっても過言ではありません。

ここで重要なのは、2つです。

1:相手の企業の仕事をしっかりとイメージしていること。

2:あなたの強みがなぜその仕事に生かされるのかの理由を話せていること。

まずは自分が応募している仕事がどんな仕事で、どういう力が求められているかをホームページや説明会での話などから情報収集しましょう。

そしてあなたの「負けず嫌い」という強みが、その仕事でどう生かされるのかをイメージしてから、話の構成を考えましょう。

【例文】

この度私は御社の営業職を志望しておりますが、御社の営業職で重要なことの一つとして、一つでも行動を多くとり続けることがあげられると思っています。

私の負けず嫌いな性質は、同期のメンバーなど社内の方だけでなく、社外の競合他社に対しても負けないようにと、とことん競争にこだわり、行動量を増やせる自信があります。

また量をこなすことで、私自信の成長も加速させることができると思っております。以上です。宜しくお願いします。

負けず嫌いを自己PRでアピールするためのポイント

ポイントはここ!

「負けず嫌い」というテーマにおいては、「負けず嫌い」を自己PRネタにする人が多いことが考えられます。

面接官も人間ですから、あまりに多くの人が自己PRで「負けず嫌い」のことを話してきたら流石に飽きてしまいますし、それぞれの個性も埋もれてしまうことでしょう。

なので大事なのは、「負けず嫌い」をアピールしながらも、他の負けず嫌いな就活生ライバルとの差別化が重要です。

特に先ほど紹介したキャッチコピーは有効ですし、エピソードでもあなたにしか話せない独自のエピソードを話すことを意識しましょう。

「負けず嫌い」をあピースるす就活生は多いので、差別化するのが大事です。

「負けず嫌い」での自己PRの例文まとめ

私の強みは、勝つまでやめない負けず嫌いな性格です。

私の負けず嫌いな経験が最も活かされたのは、一度受験に失敗し、二度目の大学受験の際です。私はもともと負けず嫌いという性格もあって、1度目の受験の際も他の生徒に成績で負けないよう毎日学校から帰ったら復習をし、学校の中間テストや期末テストでは、常にトップ層にいました。「お前なら東京大学も合格するだろう」と先生には言われており、私もそのつもりで受験に臨みました。しかし東京大学の受験に私は落ちました。そして私より成績が悪かった同級生が数名合格していきました。

ずっと勝ってきた相手に負けたことも悔しかったですが、何よりも、東京大学の受験そのものに敗北したことが悔しかったです。その他私立大学には滑り止めで合格していたので大学生になる手もあったのですが、東京大学に負けたままでは絶対に後悔すると思い、浪人する覚悟を決めました。

そして、まず合格するだろうと言われていた自分がなぜ不合格になったのかをとことん追求しようと思い、これまでの成績表などをすべて取り出し、お世話になった先生にも相談し、自分に何が足りないのかを探りました。結果見えてきたのは、自分の勉強スタイルは定期試験で点数を取るための勉強で、実力をつけるための勉強ができていなかったという仮説でした。

そこで、勉強方法を見直し、テストに出るところの答えを覚えるような勉強するのではなく、本質が何なのかをしっかりと考え、様々な問題を想定して自分で問題を作り、どんなことが聞かれても答えられるようにインプットとアウトプットを繰り返すスタイルで1年間勉強しました。

するとみるみる成績は上がり、気づけば模擬試験の順位も、受験生の中でトップを争うレベルにまで到達し、次の年ぶっちぎりで合格することができました。

この度私は御社の営業職を志望しておりますが、御社の営業職で重要なことの一つとして、一つでも行動を多くとり続けることがあげられると思っています。私の負けず嫌いな性質は、同期のメンバーなど社内の方だけでなく、社外の競合他社に対しても負けないようにと、とことん競争にこだわり、行動量を増やせる自信があります。また量をこなすことで、私自身の成長も加速させることができると思っております。以上です。宜しくお願いします。

こちらの例文は2〜3分程度で会話の中でお話しする前提の長さなので、尺や履歴書のフォーマットに合わせて分量は調整してください。

その他の強みで自己PRを考えてみたい方は下記の記事をご覧ください!

自己PRの例文集【アピールしたい長所別にまとめました】当記事は鉄板の自己PRの例文集。あなたの強みから逆引きできるようにまとめています。ぜひうまく活用して、効率よく内定を獲得してください。...
就職エージェントは就活力アップ&内定獲得までの最短ルート!
キャリアチケット

就職エージェントを利用すれば、無料で社会人から客観的に見たあなたの強みがわかるし、面接のトレーニング・フィードバックもしてくれる。友達同士でフィードバックするよりも、より効率よく就活力アップが見込めるはずです。

大手企業に行きたい方も、本番で失敗しないための練習をしておくことができるのです。

中でもキャリアチケットは優良な就活エージェントでおすすめ。エリアが合うのであれば、一度は足を運んでみては!

詳細ページ公式ページ