自己PRの書き方・例文

「穏やかな性格」を面接でアピールする自己PRの作り方【例文付き】

穏やかな性格」だとよく言われるし自分でもそう思う。

能力みたいな感じでもないけど、就活の面接で「穏やかな性格」をアピールする方法はあるのかな。

自己PRに活かすとしたらどんな感じだろう・・・。

今回はそんな就活生の悩みに答えます。

就活のプロとして長年人材業界で働いている私から、正しい型での自己PRの作り方やアピールするためのポイントを例文交えて伝授させていただきます!

「穏やかな性格」は、一見「そんなのただの性格じゃん」と思われがちですが、実は社会にとって、とても大事な能力です。

穏やかな性格というのは、大きく分けて以下の2つのニュアンスを持ちます。

  • モチベーションなどの安定感がある
  • ストレス耐性が強く、どんな時でも協調性を乱さない

結果として「成果の安定」につながるものです。

以上のように考えると、「穏やかな性格」は自信持ってアピールできる自己PRになるし、部署や業種問わずにアピール可能な能力です。

是非大事なポイントや注意点を押さえた、正しい自己PRをマスターして、あなたの穏やかな性格という強みを効率的に面接官に伝えられるようになりましょう。

では、いきましょ〜!

自己PR成功率大幅UP
就活のプロに無料で相談する

穏やかな性格をアピールする自己PRの作り方【3つのステップ】

自己PRの作り方3ステップ

自己PRを作る際は下記3STEPを意識しましょう。すると効果的な自己PRを作りやすいです。

正しい自己PRを作る3STEP
  1. 結論
  2. 強みが活かされた経験(エピソード)
  3. 企業で強みをどう活かすか

自己PRを作る際の基本ステップについての詳細は下記の記事でまとめています。

鉄板自己PRの作り方【3ステップで簡単に説得力が高まります】 「自己PRが苦手・・・!」「どういう順番で何を話せばいいのかわからない」 当記事では、こんなのお悩みにおこたえします。...

それでは、各STEPごとに見ていきましょう。

STEP1:結論

結論

まずは結論から伝えるようにしましょう。

最初に「結論」を話すことで、まず相手の質問に答えることができますし、相手も話の全体像を掴みやすく、理解してもらいやすくなります。

【例文】

私の強みは穏やかな性格です。

キャッチコピーでさらに印象を強めましょう

自己PRではうまくキャッチコピーを使って印象を強めるという工夫をしても良いと思います!

【例文】

私の強みは、どれだけストレスがかかっても平穏でいられる「穏やかな性格」です。

私の強みは、仏と言われるレベルでの「穏やかな性格」です。

私の強みは、常に平常心を保つ「穏やかな性格」です。

いかがでしょうか、少し表現を変えるだけで単純に「穏やかな性格が強みです」というだけの自己PRよりも、印象に残りやすくなった気がしませんか?

ちょっと、「穏やかな性格」に「その心は」をつけてみたり、「より強調するための比較対象」を入れてみたりするだけで、変わるんです。

面接官は機械ではなく人間ですから、このような「ちょっとした表現の違い」だけでも、ウケるイメージが違えば評価も変わってきます。

面接の現場でいきなり出すのは難しいとしても、事前に準備できるものですから、ぜひ工夫していきましょう!

なお、面接官からの印象を強めるキャッチコピーの作り方は下記記事でまとめました!ぜひそちらをご覧ください。

【就活】キャッチコピーの作り方講座【例文付き/自己PRやESを強化】 自己PRやESなど、就活でより企業へのアピールを強めるためにキャッチコピーをうまく活用したい。 でも作り方と活用方法がよく...

STEP2:強みが活かされた経験(エピソード)

強みが生かされたエピソード

さて、結論を述べたあとは、これまであなたの「穏やかな性格」が活かされた時(あるいは培われた時)のエピソードを話しましょう。

「強みが活かされた経験」や「強みが培われたエピソードの話」は、あなたが本当に穏やかな性格だという根拠になり、あなたの自己PRの信ぴょう性を高める役割を果たします。

また、「穏やかな性格」がどう仕事や成果に生かされるのかをよりイメージしやすくなります。

オーソドックスな話の構造としては、下記のような順番でお話しするとよいでしょう。

エピソードトークの構造
  1. 課題がある
  2. あなたの穏やかな性格が役に立つ
  3. 成果が出る

エピソード1:課題がある

穏やかな性格が役に立つ前提となる課題を描写しましょう。

【例文】

その強みが最も生かされたのは、ゼミの研究です。

私のゼミでは、無形資産が企業価値の及ぼす影響を研究するために、上場している会社の財務データをとってきて、エクセルで分析して、仮説を検証することをひたすら繰り返す必要がありました。

ところが、当初想定していた成果はいくら作業してもなかなか出ませんで、ゼミのメンバーがみんな心折れたり、ストレスがかかって性格が荒れたりして、ゼミの空気が非常に悪くなりかけたことがありました。

エピソード2:あなたの穏やかな性格が役に立つ

あなたの強みである穏やかな性格が発揮された場面です。

【例文】

そこで、私は平常心を保ち、苛立つ人たちをなだめつつ、自分が中心となって終わりの見えない仮説検証作業をひたすらに続けました。

エピソード3:成果が出る

穏やかな性格が強みとして発揮された結果、どういう成果を導いたのかを話していきます。

ここでは嘘っぽい感じにならない範囲で、できるだけ良い成果が出たエピソードを語るといいでしょう。

日本は謙虚さが重んじられるため、人によっては、良い成果を話すことに抵抗があるかもしれません。

しかし、これはあくまでも自己PRです。もし謙虚になりすぎて、成果が出てない話などをしてしまうと、面接官からすれば「なぜわざわざこんな成果が微妙な話をしているんだろう。うちにアピールする気ないのかな・・・」と不安に思ってしまいかねません。

逆にしっかりとアピールしていれば、「ちゃんとうちに入社したいという気持ちがあるんだな」と思ってもらえます。

面接ってそんなもんです。

【例文】

その結果、研究レポート提出期限の1週間前に立てた仮説通りの成果が出ました。

誰もが心折れて、嫌になっていたところでしたが、動じず続けることで出せた成果だと思っています。メンバーからは非常に感謝されました。

STEP3:企業で強みをどう活かすか【最重要パート】

企業で強みが生きる

さて、ここでもう一度自己PRの作り方を振り返りましょう。

正しい自己PRを作る3STEP
  1. 結論
  2. 強みが活かされた経験(エピソード)
  3. 企業で強みをどう活かすか

STEP1の結論で話したあなたの強みを、STEP2のエピソードで根拠付けましたから、あとは、その強みが企業でのどんな活躍につながるかを語ります。

自己PRはあくまでも「私は御社で活躍できますよ」というアピールですから、まさにここがメインとなるべきパートです。

ここまでの話は、すべてこのSTEP3のためにあるといっても過言ではありません。

ここで重要なのは、2つです。

1:相手の企業の仕事をしっかりとイメージしていること。

2:あなたの強みがなぜその仕事に生かされるのかの理由を話せていること。

まずは自分が応募している仕事がどんな仕事で、どういう力が求められているかをホームページや説明会での話などから情報収集しましょう。

そしてあなたの「穏やかな性格」という強みが、その仕事でどう生かされるのかをイメージしてから、話の構成を考えましょう。

【例文】

私は、営業職を希望していますが、ゼミのエピソードのように、どれだけ嫌なことがあっても、どれだけうまくいかなくても、またプライベートで何があったとしても、いつも穏やかに平常心を保ち、安定した成果を出し続ける営業として御社に貢献していければと考えております。

どうぞよろしくお願いします。

穏やかな性格をアピールする自己PRで注意すべきポイント

注意すべきポイント

穏やかな性格というネタで自己PRする際は以下に気をつけましょう。

  • 成果を出すための能力であることのアピールをする
  • 面接現場での印象との整合性で違和感がないように

成果を出すための能力であることのアピールをする

「穏やかな性格」は社会人にとって大事な力であることは述べた通り。

しかし、「穏やかな性格が強み」と言っただけで、ピンとくる面接官は多くはないでしょうね。

ですから、「穏やかな心が強みである」の「その心は」を語るのは非常に大事になってきます。

モチベーションにムラがない、人との協調性にムラがない、そのために成果を安定させることができる。など、

成果につながる能力であることがアピールできると良いです。

面接現場での印象との整合性で違和感がないように

「穏やかな性格」で自己PRしながらも、面接現場での印象がそわそわしている感じだと違和感しかありません。

どっしりしているのがベストですが、もし緊張からそわそわしてしまうようでしたら、「これは緊張からくるものです」と正直に伝えてしまうのもありですね。

穏やかな性格かどうかは、「面接現場」でも見られるということを認識しておきましょう。

穏やかな性格をアピールする自己PRの例文まとめ

例文まとめ

いかがでしょうか。下記のように自己PRを作ると、信ぴょう性もあり、企業とも繋げられる自己PRになります。

正しい自己PRを作る3STEP
  1. 結論
  2. 強みが活かされた経験(エピソード)
  3. 企業で強みをどう活かすか

例文をつなげると以下のようになります。

私の強みは、どれだけストレスがかかっても平穏でいられる「穏やかな性格」です。

その強みが最も生かされたのは、ゼミの研究です。

私のゼミでは、無形資産が企業価値の及ぼす影響を研究するために、上場している会社の財務データをとってきて、エクセルで分析して、仮説を検証することをひたすら繰り返す必要がありました。

ところが、当初想定していた成果はいくら作業してもなかなか出ませんで、ゼミのメンバーがみんな心折れたり、ストレスがかかって性格が荒れたりして、ゼミの空気が非常に悪くなりかけたことがありました。

そこで、私は平常心を保ち、苛立つ人たちをなだめつつ、自分が中心となって終わりの見えない仮説検証作業をひたすらに続けました。

その結果、研究レポート提出期限の1週間前に立てた仮説通りの成果が出ました。

誰もが心折れて、嫌になっていたところでしたが、動じず続けることで出せた成果だと思っています。メンバーからは非常に感謝されました。

私は、営業職を希望していますが、ゼミのエピソードのように、どれだけ嫌なことがあっても、どれだけうまくいかなくても、またプライベートで何があったとしても、いつも穏やかに平常心を保ち、安定した成果を出し続ける営業として御社に貢献していければと考えております。

どうぞよろしくお願いします。

こちらの例文は2〜3分程度で会話の中でお話しする前提の長さなので、尺や履歴書のフォーマットに合わせて分量は調整してください。以下に尺別、用途別の自己PRのテンプレートをまとめています。

自己PR文テンプレート集【尺・用途別にまとめました】自己PRをどういう風に作っていいかわからない・・・と悩んでいませんか? 履歴書や、面接のシーンで、一言、1分、3分といろんな尺で求...

その他、いろんな強みで自己PRを考えてみたい方は、下記の記事をご覧ください!様々な自己PRの例文が詰まっていますので!

失敗しない自己PRの例文集【アピールしたい長所別にまとめました】当記事は鉄板の自己PRの例文集。あなたの強みから逆引きできるようにまとめています。ぜひうまく活用して、効率よく内定を獲得してください。...

今回は以上です!

自己PR成功率大幅UP
就活のプロに無料で相談する

新卒就職エージェントおすすめ10選【自分に合ったサービスがわかる】 新卒向けの就職エージェントでおすすめのサービスを知りたい。 当記事では上記のお悩みにお答えします。 就職エージェ...
【スグに脱NNT可能】就職サイト・就職エージェント3選【プロのお墨付き】

キャリアチケット→普通のエージェントでは相手にすらされない超一流企業も紹介先にもつ「知る人ぞ知る」就職エージェント。同業者でも絶賛するレベルの優良サービスです。意外と就活生からの知名度は低いのでオススメです。最短3日で内定が出ます。詳細レビューはこちら

digmee(ディグミー)→LINEで友達登録するだけで、就活に必要な情報やあなたにマッチした企業の案内がもらえます。新しめのサービスということもあって、参画している企業が新しいもの好きのイケイケ企業。利用学生はまだ少ないので狙いめです。(詳細レビューはこちら

即日内定イベント MeetsCompany少数精鋭のマッチングイベント。イベント後はカウンセラーによる就職支援によって内定獲得確率は大幅アップ。開催エリアが広く、開催数も多いので参加しやすいのが特徴です。参加時期は早ければ早いほど優良企業と会えます。(詳細レビューはこちら

これらは下記記事の抜粋です。

スグに脱NNTできる就職サイト・就職エージェント3選【プロが教える】 優良企業から内定がほしい。NNTにはなりたくない。 新卒にオススメの厳選された就職サイト・就職エージェントが知りたい。 ...