自己PRの書き方・例文

吹奏楽を頑張ったことを就活の自己PRにいかすコツ【例文付き】

就活生
就活生

学生時代は吹奏楽をずっと頑張ってきた。

就活でもその経験を生かしたい。どうやって自己PRのネタとして使えばいいのかな?

当記事では上記のお悩みにお答えします。

就活ペンギン
就活ペンギン
どうもこんにちは!就活アドバイザーの就活ペンギンです。
就活ペンギンの中身はこんな人
  • 執筆者は企業の新卒採用支援に携わって10年
  • 人事や経営者が何を考えているか熟知
  • 就職エージェントサービスの責任者を経験

吹奏楽は自己PRのネタの宝庫といっても過言ではありません。

チームでいい音楽を作ると言う大きな目的の下で、何度も何度も練習し、自分のスキルを高め、そしてチームのために音を奏でていく。

体育会系以上に繊細なチームワークやストイックさが求められる活動でもありますね。当然社会人になっても生かされる経験です。

ただし、面接で「吹奏楽を頑張っていました。」と言うだけで内定をもらえるわけではありません。

面接での自己PRは、あなたが何をしてきたかを正確に伝えるのではなく、あなたを採用するメリットを相手に伝える場です。

つまり、吹奏楽の経験をうまく変換して、どう仕事に役立つのかをアピールする必要があります。

自己PRとは

と言うわけで、今回は「吹奏楽に力を注いだ」経験で効果的に自己PRする方法を例文交えて解説していきたいと思います!

▼当記事の内容▼

  • 効果的な自己PRの型
  • 吹奏楽の経験を生かす自己PRの作り方
  • 吹奏楽の経験で自己PRする際の注意点
  • 今すぐやるべきこと

それでは以下ご覧ください。

まずは自己PR作りで絶対失敗しないために、考えておくべき内容があります。

「吹奏楽を頑張った経験」をアピールする自己PRの仕上げ方は2通りある

「吹奏楽を頑張った経験」をアピールする自己PRの仕上げ方は2通りある

吹奏楽の経験をアピールする自己PRを考える方法は、2通りあります。

  • 自分で考えて作る
  • 就職エージェントを活用してプロと一緒に作る

就活エージェントとは、就活のプロがあなたとの面談を通じて、「就活力アップの支援」「あなたの条件に合う企業探しの代行」を無料で行ってくれる超便利サービス。

就活ペンギン
就活ペンギン
結論からいうと、プロと一緒に作る方が圧倒的にオススメです。

理由は以下。

  • 自分で作るのは、「第三者視点」と「人事視点」が欠けるために難しい。
  • プロから意見をもらいながら自己PR作った方が時短になる。
  • 実際に企業との面接で自己PRをした反応のフィードバックがもらえるため改善ができる。
  • そもそも完全に無料なので、使わない手はない。

「え・・・絶対そっちの方がいいじゃん・・・!」って思った方は、あーだこーだ自分で考える前に、まっさらの状態で就職エージェントに申し込んだ方が早いです。

ちなみに僕もエージェントで働く人間ですが、下記に同業者の僕がオススメする就職エージェントを紹介していますので、よければご参考ください。(自分の会社は紹介しません笑)

新卒向けおすすめ就職エージェント3選【プロが選び方も解説する】「新卒向けの就職エージェントでおすすめのサービスを知りたい。」←本記事では、こういった疑問に答えます。プロの就活アドバイザーの管理人が厳選した3つの就職エージェントとその厳選理由を解説します。...

そして、ここからは具体的に「吹奏楽の経験」をアピールする自己PRの作り方に入っていきます。

なので、やっぱり自分で自己PRを作りたいという方は以下読み進めてくださいませ!↓

吹奏楽に力を注いだ経験をアピールするための正しい自己PRの型

吹奏楽に力を注いだ経験をアピールするための正しい自己PRの型

自己PRで過不足なく、面接官に魅力を伝えるためのおすすめの型はこの4ステップです。

結論:
私は●●という強みを生かして、御社に貢献できます。

理由:
理由は〜〜〜からです。

具体例(エピソード):
実際に〜〜な経験があります。

結論(まとめ):
私は●●という強みを生かして、御社に貢献できます。

上記の自己PRフォーマットのメリットは以下3つです。

  • 徹底した相手目線
  • PREP法で説得力が高まる
  • 他の就活生との差別化になる

自分のすごさをアピールするだけではなく、相手が自分を採用するメリットをメインで語ることができる就活生は多くありません。

就活ペンギン
就活ペンギン
ライバルと差をつけるチャンスですよ。

またPREP法というビジネスでも用いられる「説得力を高める構造」にもなっています。

PREP法とは、「結論(Point)→理由(Reason)→具体例(Example)→結論」の順番で話すことで、論理的に主張を伝えることができるフレームワークのことです。

この辺りの詳細は下記にまとめていますので、なぜこんな型がいいのか、もっと詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

自己PRとは?面接が重視する項目と自己PR文の作り方【例文付き】当記事では、就活のプロアドバイザーが自己PRで企業が重視することや、企業ウケの良い自己PRの作り方を例文通じて解説しています。...

吹奏楽で頑張ったことを就活の自己PRにいかすコツ【例文付き】

それでは、具体的な自己PRの作り方に入っていきます。

先ほどもお伝えしたように、「私は学生時代は、吹奏楽に没頭していました。」と言ってもそれは自己PRになりません。相手からしたら「あっそう」となって終わりです。

自己PRにするには、「吹奏楽を頑張った」経験を、あなたの強みに、変換しなければなりません。

というわけでここからは、「吹奏楽」というネタから、どんな強みをアピールできるのか、例文付きで解説していきたいと思います。

ホスピタリティ

ホスピタリティ

吹奏楽は、ホスピタリティが重要。

全体でいい音を作るために、それぞれの楽器を持つ人の「見せ場」がありますから、自分ばかりが目立つのではなく、相手が際立つように演奏することも求められます。

常に自分ばかりがスポットライトを当てられに行くのではなく、相手のために、そして全体のためにと言う気持ちが重要。

この気持ちは当然、企業でも役立ちます。

自分のことばかり考えるのではなく、会社のために、お客様のために、エネルギーを注ぐことができるスタンスは職種問わず、どんな会社からも求められる力ですからね。

ホスピタリティをアピールする自己PRの作り方については下記に自己PR時の注意点やコツをまとめていますので、興味ある方は是非ご一読ください。

「ホスピタリティ」を面接でアピールする自己PRの作り方【例文付き】「ホスピタリティを自己PRでアピールしたい!例文を見てみたい!」←このような疑問に答えます。プロの就活アドバイザーがホスピタリティを強みとした自己PRの作り方を例文交えて解説します。...

【例文】

(結論)
私が入社しましたら、吹奏楽で培ったホスピタリティを生かして御社に貢献できます。

(理由)
と言うのも、私は事務職を志望しておりますが、事務として活躍するには、ただ言われたことだけを行うのではなく、自ら進んで誰かの役に立とうとする姿勢が大切だと考えるからです。

(具体例・エピソード)
吹奏楽は、他パートの人が目立つように、縁の下の力持ちとなって演奏する場面も多く、全体のために、そして誰かのために音を出す。そして、そのために必死に練習する。そんな誰かに貢献するための活動をずっと行ってきました。

(まとめの結論)
私はこの吹奏楽で培ってきた全体に貢献する気持ちを生かし、常に会社の全体のために、会社の皆様がフルに力を発揮できる環境を作り上げることで、成果に貢献する事務職になりたいと考えております。

よろしくお願いします。

ストイックさ

ストイックさ

吹奏楽は、練習しても練習しても納得いく音がなかなか出ないという、奥深い活動です。

また一人だけ音が出ないと、チーム全体に影響しますから、足を引っ張り合わないためにも、自分が最高の音が出せるところまで必死に練習するストイックさが求められます。

ビジネスでも同じです。チームワークが求められるのは当然なのですが、それは傷の舐め合いとか、足を引っ張り合うわけではなく、スキルを高めたプロがお互いの力を引き出すように連携していくことが求められます。

つまり、個人としての力を高める「ストイック」なスタンスは、どんな企業にだって求められるスタンスです。

「ストイックさ」をアピールする自己PRの作り方については、下記リンク先の記事に詳細をまとめています。吹奏楽で培ったストイックさを面接でアピールしたい!という方はぜひ下記をご覧ください。

「ストイック」を面接でアピールする自己PRの作り方【例文付き】 今回はそんな就活生の悩みに答えます。 まずはストイックさが社会でどう活かされるかを見ていきましょう。 ス...

【例文】

(結論)
私が入社しましたら、自分のストイックさを生かして御社に貢献できます。

(理由)
と言うのも、私は営業職を志望しておりますが、常に会社の最前線で仕事を取ってくるためには、誰よりも動き、誰よりも勉強し、努力する必要があると考えるからです。

(具体例・エピソード)
私は学生時代は吹奏楽に打ち込んできましたが、
吹奏楽はチーム全体で最高の音を奏でるために、当然個としてのスキルを高め続ける必要があります。

私はその自分のスキルを高めるために、毎日サボることなく、練習を続け、キャプテンに任命された経験もあります。

(まとめの結論)
私はこの強みを生かし、営業という役割を全うするべく、商品知識やコミュニケーションスキルなど、ひたすらにインプットと練習を繰り返し、誰よりも早く、誰よりも大きく、全社の役に立てる営業になりたいと考えております。

よろしくお願いします。

協調性

協調性

吹奏楽は、スポーツ以上に繊細な協調性が非常に求められます。

一人だけが圧倒的に良い音を立てても、全体のクオリティーは上がりません。お互いがお互いを尊重しあい、引くところは引いて、行くところは行く。そんな高い協調性が必要とされます。

社会で協調性が役に立つことは言うまでもありません。会社はチーム。チーム全体のアウトプットの最大化のために、チームメンバーの一人一人が動きます。吹奏楽での経験はそのまま社会でも生かされます。

「協調性」をアピールする自己PRの作り方については、自己PRのポイントとともに下記リンク先の記事に詳細をまとめていますので、吹奏楽で培った「協調性」をぜひアピールしたいという方は是非ご一読ください。

「協調性」を面接でアピールする自己PRの作り方【例文付き】 今回はそんな就活生の悩みに答えます。 仕事は一人で行うよりも、高いスキルを持ったスペシャリスト達がチームで...

【例文】

(結論)
私が入社しましたら、吹奏楽で培った協調性で御社に貢献できます。

(理由)
と言うのも、私は営業職を志望しておりますが、お客様に最高のサービスを提供するためには、プロジェクトチームをまとめ、チームワークを発揮する協調性が求められると考えるからです。

(具体例・エピソード)
私は学生時代は吹奏楽に打ち込んできました。

吹奏楽は独りよがりでは絶対に成り立ちません。チーム全体で最高の音楽を作るために、お互いがお互いの音を尊重し、助け合うことが常に求められます。

私は、常にチームの音のために練習し、音楽を奏でている時も、チーム全体を俯瞰して、チームの音楽が最も素晴らしい音になるように、他の人の力が最大限発揮できるように、自分の役割を全うするという活動を続けてきました。

(まとめの結論)
私は自分の強みを生かし、プロジェクト全体を俯瞰し、メンバーの力を最大限引き出すために全力を尽くす、そんな営業として御社に貢献していきたいと考えております。

どうぞよろしくお願いします。

その他の強みをアピールする

その他の強みをアピールする

ここで紹介させていただいた「吹奏楽」をネタとする自己PRの作り方はもちろんほんの一例にすぎません。

他にも、部活の部長などを務めていた人は「リーダーシップ」をアピールすることができるでしょうし、人のために、全体のために音を出し続けた経験から、「縁の下の力持ち」をアピールできるかもしれません。

とにかく、「吹奏楽」という高度で繊細なチームワークが求められる活動に時間を注いだ経験には企業が欲しがる資質がたくさん詰まっているので、いくらでも自己PRを作ることができるのです。

そこで、大事なのは、あなたにとってハマる、しっくりくる自己PRを行うことです。

自分が最も効果的にアピールできる、あなたらしいネタを探しましょう。

様々な長所から探せる自己PR解説と例文は下記記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

失敗しない自己PRの例文集【アピールしたい長所別にまとめました】当記事は鉄板の自己PRの例文集。あなたの強みから逆引きできるようにまとめています。ぜひうまく活用して、効率よく内定を獲得してください。...

吹奏楽を頑張ったことをネタの自己PRする際の注意点

吹奏楽を頑張ったことをネタの自己PRする際の注意点

「吹奏楽」の経験は、先に伝えたように自己PRネタの宝庫と言える経験が詰まっていますが、以下2つに気をつけましょう。

  • 吹奏楽の厳しさを伝える必要があります
  • アピールしたいことを詰め込みすぎないように

吹奏楽の厳しさを伝える必要があります

吹奏楽は非常に繊細で高度なチームワークが求められるし、何よりストイックに練習も必要です。

ただ、どうしても、文化系の活動というイメージで見られてしまいがちで、「体育会系の方が厳しいイメージ」が世の中のイメージです。

ただ、そういうイメージを持つ人は吹奏楽を知らないケースがほとんどなので、説明するだけでオッケー。

持っているイメージを覆すためにも、吹奏楽の練習がいかに大変か、チームワークがいかに繊細かということなど、その厳しさを面接官に教えてあげましょう。

アピールしたいことは詰め込みすぎないようにしましょう

自己PRをする時はアピールしたいことを詰め込みすぎないことです。

自分を良く見せようとして、色々と話を詰め込みたい気持ちはわかりますが、詰め込みすぎても、印象が弱くなるだけ。面接官も人間ですから脳みその処理能力には限界があります。

言いたいことは絞ったほうが伝わります。アピールすることはその中でも特に「あなたらしいこと」に絞り、謙虚さを保ちましょう。

極端な例ですが、以下の例をみてください。

私の強みは吹奏楽で培った協調性にホスピタリティです。さらにストイックさや継続力も自信があり、体力もある方です。常に笑顔も絶やしません。

どうでしょう?これだと印象に残りづらくないでしょうか?印象がごちゃつきますよね?

私の強みは、吹奏楽で培った協調性です。自分一人の音ではなく、チーム全体の音を作る活動なので、お互い息を合わせうことはもちろん、お互いの音を尊重し、常にメンバーの音のために、全体の音のために演奏するというスタンスで、学生時代6年間吹奏楽に時間を費やしてきました。

こっちだと、非常にシンプルで印象に残りやすいのがわかりますか?「協調性は高い」というシンプルで強烈なイメージが伝わりますね。

「吹奏楽」はいろんなことがアピールできるからこそ、アピールするネタは絞ることを特に意識しましょう。

アピールする強みは一つもあれば十分です。あなたらしい強みを一つ抽出し、その一つのアピールを輝かせ、面接官の印象に残すことを意識しましょう。

吹奏楽を誤解している人に向けて、吹奏楽の厳しさをしっかりと説明してあげましょう。

アピールする「強み」はひとつに絞りましょう!その方が印象が強まるし、謙虚な印象を与えることができます。

自己PRができたらまずは企業の反応を見てみましょう

自己PRができたらまずは企業の反応を見てみましょう

自己PRができたものの、本当にこのエピソードは企業に響くのか?という心配はありますよね。

その心配は、スカウトサイトに自己PRを登録すると解決できます。

就活生
就活生
ん?スカウトサイトと自己PRがなんの関係があるの?
就活ペンギン
就活ペンギン
以下で説明しますね。

スカウトサイトのプロフィールを書くと企業からの反応がわかり、自己PRが上達します。

スカウトサイトは、あなたのプロフィールを登録しておくことで、それを見た企業から「うちを受けないかい?」とスカウトされるサービスです。

ということは・・・

「あなたの強みや経験」に対し、企業がどんな反応をするか見ることができるってことです。

就活生
就活生
第一志望の本番前に、色々試せそうでいいですね!
就活ペンギン
就活ペンギン
その通り!いわゆるマーケティングってやつですね!

スカウトサイトは無料で使えるので、自己PRを磨くためにも、プロフィールをスカウトサイトに登録することをオススメします。

就活生
就活生
無料なら、デメリットないですね!すぐ登録します!

でも・・・スカウトサイトって、どのサービスがいいの?

スカウトサイトってどんなサービスがあるの?

結論から言うと、スカウトサイトは有名どころだけ登録すればオッケーです。

就活ペンギン
就活ペンギン
利用企業数が少なくて、スカウトが来なかったら意味ないですからね。

となれば、選択肢は以下の3択に絞れます。全部登録してもメリットはありますし、まずは一つからでも大丈夫です。

dodaキャンパス35万人以上が登録する日本最大級のスカウトサイト。運営企業は大手企業のベネッセなので安心です。JTBやmixiなど大手有名企業も参画しています。無料の適性診断ツールも利用できるので、自己PR作成に役立ちます。

OfferBox就活生の4人に1人が登録するスカウトサイト。こちらも高品質な無料の適性診断AnalyzeU+を利用できます。上記のdodaキャンパスか、OfferBoxのどちらかは登録しておきましょう。

キミスカ→変り種ですが、有名です。他社の選考状況を登録することで、スカウトをもらえるという少し変わったサービス。有名企業の選考を進んでいる方にオススメです。

就活ペンギン
就活ペンギン
僕の一押しは、dodaキャンパス。運営企業があのベネッセです。大手有名企業のサービスには、大手有名企業が集まる傾向があります。

無料で登録できます

※仮登録は所要時間1分です

なかなか自己PR作成が進まない方は他人にアドバイスをもらいましょう

就活生
就活生
それでも、なかなか自己PRがうまく作れない場合はどうしたらいいのかなぁ?
就活ペンギン
就活ペンギン
他人から客観的に見たあなたの強みを教えてもらうといいですよ。

他人からアドバイスをもらうのは、以下のような方法があります。

  • 自己PRの例文を徹底的に見る
  • 友達とか親に聞いてみる
  • 就職エージェントに相談する

下記に当サイトの強み別に分けて例文を用意していますので、読むと参考になるはず。(旧自己PR版から工事中です)

失敗しない自己PRの例文集【アピールしたい長所別にまとめました】当記事は鉄板の自己PRの例文集。あなたの強みから逆引きできるようにまとめています。ぜひうまく活用して、効率よく内定を獲得してください。...

また、友達とか親に聞いてみると、自分で考えているものとは全然違う強みが見つかるはずですよ。

さらに、就職エージェントを利用して、専門的なプロから無料で自己PRのアドバイスをもらう方法もあります。

就職エージェントも無料で利用できます。下記にまとめていますので、興味ある方はどうぞ。

新卒向けおすすめ就職エージェント3選【プロが選び方も解説する】「新卒向けの就職エージェントでおすすめのサービスを知りたい。」←本記事では、こういった疑問に答えます。プロの就活アドバイザーの管理人が厳選した3つの就職エージェントとその厳選理由を解説します。...

就活生
就活生
エージェントも無料で利用できるのか・・・ナビだけじゃなくて、色々使ってみよ!
就活ペンギン
就活ペンギン
就活サービスは企業からお金をもらっているケースが多いので、ほとんど無料で利用できますよ!頑張ってくださいね!

自己PRの情報収集中のあなたへ【失敗する前に必読です】

ここまで読んでくださったあなただからこそ、お伝えしたいことがあります。

実は、自己PR情報収集を積極的に行う人は自己PRに失敗しやすい傾向にあるんです。

もし下記全てに自信持って答えることができるのであれば、スルーしてください。

  • 自己PRでアピールする強みは本当に今想定してるものでいいのか。
  • 自己PRの尺はどれくらいがベストなのか。
  • 本当にそのエピソードが刺さるのか。
  • 強みはどんな言い回しで表現するのが正解なのか。

難しければ、今後面接や履歴書での自己PRで失敗する可能性が高いです。その理由や対策は下記にまとめているので、是非ご覧ください。

【必読です】自己PRの情報収集する9割の就活生がやらかす失敗とは 自己PRの情報収集を行う9割くらいの就活生が自己PRに失敗します。 僕は、就職エージェントで働いていたり、自社の面...