自己PRの書き方・例文

簿記の資格を活かした自己PRの作り方【例文あり/注意点も解説】

就活生

学生時代には勉強を頑張って、簿記の資格を取得した。就活でも自己PRに活かしたい。
どういう風にまとめたらいいかな。例文とかもあればみたい。

当記事では上記のような疑問に答えます。

就活ペンギン

どうも!就活アドバイザーの就活ペンギンです。

就活ペンギンの中身はこんな人
  • 企業の新卒採用支援に携わって10年
  • 人事や経営者が何を考えているか熟知
  • 就職エージェントサービスの責任者を経験

大学時代に自らすすんで簿記の資格を取ったあなた。せっかく合格したのだから就活にも活かしたいですよね。

就活ペンギン

何を隠そう、僕も簿記2級を大学時代に取得し、それを就活でアピールした経験があります。

もちろん、簿記という資格は面接での自己PRのネタとしては十分成り立ちます。

しかし当たり前ですが、面接の場で「私は簿記を取得しました!」と面接官に伝えるだけでは到底面接の合格は勝ち取れません。

自己PRは企業があなたを採用するメリットを語る場ですから、あなたの強みは何で、どのように仕事に役立つのかをアピールする必要があります。

自己PRとは

また、「簿記」を活かして自己PRを行うという場合に、注意すべきこともあります。

そこで、当記事では「簿記を取得した経験」を効果的に面接官にアピールし、失敗しない自己PRをするためのコツや注意点を解説していきます。

▼当記事の内容▼

  • 自己PRの仕上げ方
  • 効果的な自己PRの型
  • 簿記の資格を活かす自己PRの作り方【例文あり】
  • 簿記の資格を活かす自己PRを行う際の注意点
  • 自己PRを実際に作ってみよう

それでは以下ご覧ください。まずは自己PR作りで絶対失敗しないために、考えておくべき内容があります。

簿記の資格をアピールする自己PRの仕上げ方は2通りある

簿記の資格をアピールする自己PRの仕上げ方は2通りある

簿記を続けてきた経験をアピールする自己PRを考える方法は、2通りあります。

  • 自分で考えて自己PRを作る
  • 就職エージェントに添削してもらいながら作る

就活エージェントとは、就活のプロがあなたとの面談を通じて、「ES・面接対策」や「企業探しの代行」を無料で行ってくれる便利サービスです。

就活ペンギン

僕としては、添削してもらいながら作る方をオススメします。理由は以下の通り。

  • 自分で作ると「第三者視点」と「人事視点」が欠けやすいから。
  • プロと一緒に自己PRを作った方が成果が出るスピードがはやいから。
  • 面接官のフィードバックを教えてもらえるので、改善しやすいから。
  • 完全に無料なので、リスクもないから。

「えっ・・・絶対そっちの方がいいじゃん・・・!」

って思った方は、自分でいろいろ考える前に、まっさらの状態で就職エージェントに申し込んだ方が早いです。

下記に同業者の僕がオススメする就職エージェントを紹介していますので、よければご参考ください。

>プロがおすすめする就職エージェント3選

記事で紹介しているのは以下の3つのエージェントです。最近はオンライン面談もあるので、エリアもあまり考えなくて大丈夫です。

就活ペンギン

というわけで、ここからは「やっぱり自分で自己PRを作りたい!」という方向けの情報です!

ちなみに自己PRを作る際は、紙やワードに書くのではなく、アプリに登録しながら作ると効率的です。

今回の記事を読みながら、以下のアプリをダウンロードして、フォーマットを埋めていくだけで、効率的に自己PRを作れる上に、企業からの反応も見れますよ!

キャリアチケットスカウト/自己分析・就活アプリ

キャリアチケットスカウト/自己分析・就活アプリ

Leverages Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

ではいきましょう。

簿記をアピールする自己PRの正しい型

簿記をアピールする自己PRの正しい型

自己PRで過不足なく、面接官に魅力を伝えるためのおすすめの型はこの3ステップがおすすめです。

結論:
私は●●という強みを生かして、御社に貢献できます。

エピソード:
実際に私は自分の強みを活かし〜〜〜という経験があります。
or
私が強みを培ったのは〜〜〜という経験です。

会社とつなげる:
この強みを御社でこのように活かします。

このような自己PRフォーマットを利用するメリットは、以下の通り。

  • 徹底した相手目線で一目置かれる
  • 信憑性が高い
就活ペンギン

会社が自分を採用するメリットを相手視点で語ることができる就活生は多くありませんので、差をつけるチャンスです。

この辺りの詳細は下記にまとめていますので、なぜこんな型がいいのか、もっと詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

簿記取得の経験を活かす自己PRの作り方【例文付き】

というわけでここからは、「簿記の資格を取得した」というネタから、どんな強みをアピールできるのか、例文付きで解説していきたいと思います。

例文まで紹介するのは以下の3つを強みとする自己PRのパターンです。

  • 挑戦心
  • 目標達成力
  • 真面目さ

「挑戦心」をアピールする

「挑戦心」をアピールする

簿記の資格をとったあなたは「何かに挑戦しよう」という気持ちが強いのではないでしょうか。

ビジネスはやったことないことだらけの世界。そんな中で成長し続けるために大事なのは、やったことない領域でも失敗を恐れずに行動し、挑戦するマインドです。

あなたの強い「挑戦心」は社会人になったあなたの成長をきっと促してくれるはずです。

是非自信を持ってアピールしてください。

【例文】

(結論)
私が入社しましたら、自分の強みである挑戦心を活かして御社に貢献できます。

(エピソード)
私はとにかく未知なるものにチャレンジすることが好きです。

大学に入ってからは、留学に行ったり、TOEIC900点を取るために勉強したり、格闘技を始めたり、簿記2級の資格を取得したり、これまでやったことのない様々なことに挑戦してきました。

そのようなチャレンジを通じて、挑戦することでしか得られなかった知見や経験を手にし、成長につなげることができました。

(会社とつなげる)
私は、御社に入社しましたら、この自分の挑戦心を活かし、過去誰もやったことがないようなことでもどんどん挑戦し、誰よりも行動し、勉強し、成長することで、御社に貢献します。

よろしくお願いします。

就活ペンギン

簿記の資格そのものをアピールするよりは、簿記に挑戦しようとした挑戦心をアピールするような形の方が、幅広く評価されやすいでしょう。

※少し抽象的な表現をして、どんな会社でも使えるように書いていますが、実際に書く場合は、面接を受ける会社に寄せた方が良いでしょう。

「挑戦心」をアピールする自己PRの作り方については、下記の記事をご参照ください。

「目標達成力」をアピールする

「目標達成力」をアピールする

簿記は特に2級以上になると、決して簡単な資格ではありません。

試験に合格するまでの勉強量やそのためのスケジュールを逆算し、コツコツと行動に落と仕込む必要があります。

そんな目標達成プランの遂行能力は社会人になっても役に立ちます。社会人になると常に目標が与えられ、達成が求められるからです。

目標達成力は、業種問わず必要とされる資質なので、自信を持ってアピールしましょう。

是非自信を持ってアピールしてください。

【例文】

(結論)
私が入社しましたら、自分の強みである目標達成力を活かして御社に貢献できます。

(エピソード)
実際に私の目標達成力は大学2年生の時に取得した簿記1級の資格勉強の際にも活かされました。

まず私は1年間で合格すると決めて、合格するためのコツや、必要な知識などの情報収集を行い、合格に向けての日々の行動をスケジューリングしました。

そして1年間は決めた通りに勉強をしつつ、途中途中振り返りを行って進捗を確認し、軌道修正もしながらひたすらにインプットとアウトプットを繰り返した結果一発合格に至ることができました。

(会社とつなげる)
私は、御社の営業職を志望していますが、営業職は常に与えられた目標数字を達成し続けることが重要だと考えております。私が御社に入社することが叶えば、自分の目標達成力を活かし、絶対に数字を外さない営業として貢献できるように頑張ります。

どうぞ、よろしくお願いします。

就活ペンギン

簿記の資格そのものをアピールするよりは、簿記試験の合格点に達したその目標達成力や遂行力をアピールするような形の方が、幅広く評価されやすいでしょう。

「目標達成力」をアピールする自己PRの作り方については、下記リンク先の記事に詳細をまとめています。

「真面目さ」をアピールする

いくらでも遊ぶことができる学生時代に、決して誰かにやれと言われたわけでもなく、自ら進んで資格勉強に挑むあなたはきっと真面目な性格の持ち主です。

その真面目さは社会人になっても活かされます。

行動の自由度が高く、誘惑も多い社会人になっても、真面目にコツコツと勉強をすることで、ライバルたちと差をつけることができます。また、仕事の依頼主に対しても(それがお客様であれ、上司であれ)誠実な行動を取り続けることで、信頼や評価につながります。

真面目さは、業種問わず必要とされる資質なので、自信を持ってアピールしましょう。

【例文】

(結論)
私が入社しましたら、自分の強みである真面目な性格を活かして御社に貢献できます。

(エピソード)
私は毎日休まずに大学の授業に通い、また大学から帰った後の時間を利用して、通信講座で勉強をし、簿記2級の資格も取得しました。

通信講座の方も真面目にカリキュラムをこなすことで、簿記2級は満点で合格することが叶いました。

(会社とつなげる)
私は、御社の営業職を志望していますが、営業職でもコツコツと勉強したり、お客様と誠実に向き合う真面目さは成果につながると確信しています。

私が御社に入社することが叶えば、自分の真面目さを活かし、誰よりも信頼される営業として貢献できるように頑張ります。

どうぞ、よろしくお願いします。

「真面目さ」をアピールする自己PRの作り方については、下記リンク先の記事に詳細をまとめています。

その他の強みをアピールする

その他の強みをアピールする

ここで挙げたのはほんの一例にすぎません。

今の自分で満足せずに自らの知見を広げようとする「向上心」や「意欲の高さ」をアピールすることもできるでしょうし、短期間で合格できたのであれば「要領の良さ」や「地頭の良さ」をアピール材料に使うことも可能でしょう。

とにかく、重要なのは、自分にとってしっくりくる自己PRにまとめることです。

就活ペンギン

自分がしっくりきていないと、熱がこもりませんからね。

以下にアピールしたい長所別に自己PRの例文をまとめた記事がありますので、ぜひそちらもご参照ください!

「簿記」を自己PRに活かす上での注意点

「簿記」を自己PRに活かす上での注意点

さて、ここまでは「簿記の資格取得を頑張ってきた」というネタから、面接などの自己PRにおいてどのようなアピールの仕方があるのかを解説してきました。

ただし、ここで注意点がありますので解説しておきますね。

  • 簿記の資格そのものはアピール材料になりにくい
  • チームでの活動経験も別に考えておくと無難

それぞれ解説します。

注意点1:簿記の資格そのものはアピール材料になりにくい

簿記の資格そのものは、経理などの仕事に応募しない限りはアピール材料にはなりにくいです。

実際に仕事の現場で必要がないケースが多く、特に2級や3級だと取得している社会人も多いため、履歴書に書いてもスルーされることが多いのが実情です。

就活ペンギン

実際に僕自身就活をして、簿記の資格を突っ込んでくれたのは本当に一握りでした。

なので、例文で示したように、簿記の資格をアピールするのではなく、あくまでも簿記の資格を取得するにあたって活かされた自分の強みの方をアピールする方が良いでしょう。

注意点2:チームでの活動経験の話も別に考えておくと無難

簿記の取得はあくまでも個人の活動の話なので、「チームワークを特に重視する企業」に対するアピールポイントとしては、ズレが生じる可能性もがあります。

「チームで何か成し遂げた経験はありますか?」

みたいな質問が飛んでくる可能性もありますし、チームワークを特に重視している会社であることが事前にわかっている場合、そもそも簿記取得のネタよりも別のネタの方が響きやすい可能性も考えられます。

そのため、簿記取得のエピソード以外にも、チームで何か成し遂げた経験があれば言語化しておくと安心です。

実際に自己PRを作ってみましょう!

実際に自己PRを作ってみましょう!

では、実際に自己PRを作ってみましょう。

ちなみに、自己PRを作るときは、ノートやワードではなく、スカウトサイトのプロフィールを登録しながら作るのがオススメです。

なぜなら、スカウトサイトに登録しながら自己PRを作ると以下の一石三鳥のメリットがあります。

  • フォーマットがあるので作りやすい
  • 企業からの反応をテストできる
  • 企業からスカウトがもらえる
就活ペンギン

面接本番で話す前に、企業からの反応が見えるので、色々とテストができて便利ですよ。

おすすめのスカウトサイトは以下の記事にまとめています。

ちなみに記事の中でおすすめしているのは以下の3つです。

キャリアチケットスカウトなら、以下のアプリをダウンロードして、フォーマットを埋めていくだけで、効率的に自己PRを作れますよ。

キャリアチケットスカウト/自己分析・就活アプリ

キャリアチケットスカウト/自己分析・就活アプリ

Leverages Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

やっぱり自己PRを作るのが面倒くさい方はエージェントをどうぞ

ここまで読んで、「やっぱり自己PRを作るの面倒だな」と思った方は、冒頭でオススメしたように、就職エージェントを利用してみてください。

記事で紹介しているのは以下の3つのエージェントです。最近はオンライン面談もあるので、エリアもあまり考えなくて大丈夫です。

今回は以上です。