自己PRの書き方・例文

ボルダリングの経験を自己PRでアピールする方法【例文あり】

就活生
就活生

学生時代はボルダリングにハマって、時間もお金もかけてきた。せっかくなら就活でも自分のボルダリングの経験をアピールしたい。

うまく自己PRのネタに使う方法があれば知りたい。

当記事では上記の悩みに答えます。

就活ペンギン
就活ペンギン
どうもこんにちは!就活アドバイザーの就活ペンギンです。
就活ペンギンの中身はこんな人
  • 執筆者は企業の新卒採用支援に携わって10年
  • 人事や経営者が何を考えているか熟知
  • 就職エージェントサービスの責任者を経験

あそこまで登りたい・・・。

常に目標を立て、達成に向けての、向上心を持ち、ストイックにトレーニングを続ける。そして、達成したら次の目標を目指して、またコツコツと努力する。

このボルダリングの経験はビジネスに通じるものもたくさんあります。

しかし当たり前ですが、面接の場で「私は学生時代ボルダリングを頑張りました!」と面接官に伝えるだけでは到底面接の合格は勝ち取れません。

自己PRは企業があなたを採用するメリットを語る場ですから、あなたの強みは何で、どのように仕事に役立つのかをアピールする必要があります。

自己PRとは

また、「ボルダリング」に打ち込んできたという経験を武器として語る場合、注意すべき部分もあります。

そこで、当記事では「ボルダリングに打ち込んできた経験」を効果的に面接官にアピールし、失敗しない自己PRをするためのコツや注意点を解説していきます。

▼当記事の内容▼

  • 効果的な自己PRの型
  • ボルダリングの経験を生かす自己PRの作り方
  • ボルダリングの経験で自己PRする際の注意点
  • 自己PRで失敗しないための方法

それでは以下ご覧ください。

まずは自己PR作りで絶対失敗しないために、考えておくべき内容があります。

ボルダリングの自己PRの仕上げ方は2通りある

ボルダリングの自己PRの仕上げ方は2通りある

ボルダリングに打ち込んだ経験をアピールする自己PRを考える方法は、2通りあります。

  • 自分で考えて作る
  • 就職エージェントを活用してプロと一緒に作る

就活エージェントとは、就活のプロがあなたとの面談を通じて、「就活力アップの支援」「あなたの条件に合う企業探しの代行」を無料で行ってくれる超便利サービス。

結論からいうと、プロと一緒に作る方が圧倒的にオススメです。

理由は以下。

  • 自分で作るのは、「第三者視点」と「人事視点」が欠けるために難しい。
  • プロから意見をもらいながら自己PR作った方が時短になる。
  • 実際に企業との面接で自己PRをした反応のフィードバックがもらえるため改善ができる。
  • そもそも完全に無料なので、使わない手はない。

「え・・・絶対そっちの方がいいじゃん・・・!」って思った方は、あーだこーだ自分で考える前に、まっさらの状態で就職エージェントに申し込んだ方が早いです。

ちなみに僕もエージェントで働く人間ですが、下記に同業者の僕がオススメする就職エージェントを紹介していますので、よければご参考ください。(自分の会社は紹介しません笑)

新卒向けおすすめ就職エージェント3選【プロが選び方も解説する】「新卒向けの就職エージェントでおすすめのサービスを知りたい。」←本記事では、こういった疑問に答えます。プロの就活アドバイザーの管理人が厳選した3つの就職エージェントとその厳選理由を解説します。...

そして、ここからは具体的に「ボルダリングに打ち込んだ経験」をアピールする自己PRの作り方に入っていきます。

なので、プロと一緒に作るより、まずは自分で自己PRを作ろうかな・・・という方は以下読み進めてくださいませ!↓※最後にも上記のリンクは貼っておりますので!

ボルダリングの経験をアピールする自己PRの正しい型

ボルダリングの経験をアピールする自己PRの正しい型

自己PRで過不足なく、面接官に魅力を伝えるためのおすすめの型はこの4ステップです。

結論:
私は●●という強みを生かして、御社に貢献できます。

理由:
理由は〜〜〜からです。

具体例(エピソード):
実際に〜〜な経験があります。

結論(まとめ):
私は●●という強みを生かして、御社に貢献できます。

このような自己PRフォーマットを利用するメリットは以下3つです。

  • 徹底した相手目線
  • PREP法で説得力が高まる
  • 他の就活生との差別化になる

自分のすごさをアピールするだけではなく、相手が自分を採用するメリットをメインで語ることができる就活生は多くありません。

就活ペンギン
就活ペンギン
ライバルと差をつけるチャンスですよ。

またPREP法というビジネスでも用いられる「説得力を高める構造」にもなっています。

PREP法とは、「結論(Point)→理由(Reason)→具体例(Example)→結論」の順番で話すことで、論理的に主張を伝えることができるフレームワークのことです。

この辺りの詳細は下記にまとめていますので、なぜこんな型がいいのか、もっと詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

自己PRとは?面接が重視する項目と自己PR文の作り方【例文付き】当記事では、就活のプロアドバイザーが自己PRで企業が重視することや、企業ウケの良い自己PRの作り方を例文通じて解説しています。...

ボルダリングの経験を生かす自己PRの作り方【例文付き】

というわけでここからは、「ボルダリングを頑張った」というネタから、どんな強みをアピールできるのか、例文付きで解説していきたいと思います。

例文まで紹介するのは以下の3つを強みとする自己PRのパターンです。

  • 目標達成力
  • 向上心
  • ストイックさ

「目標達成力」をアピールする

「目標達成力」をアピールする

ボルダリングは今の自分よりも高い目標を立て、課題を自らに課し、そのために努力をして、ゴールをクリアしたときの達成感を感じるのが一つの醍醐味です。

あなたもきっと、「ここの筋肉を鍛えなければいけない」とか「ここの体重移動を練習しなければいけない」とか、いろんなことを考えて、目標達成のプロセスを描いたのではないでしょうか。

ビジネスでも同じように、目標達成力が求められます。というより、ビジネスは常に「目標設定」→「達成までのプランニング」→「実行」→「検証・改善」の繰り返しといっても過言ではありません。

目標達成力は、業種職種問わず、どんな企業から求められる能力ですから、自信持ってアピールしましょう。

【例文】

(結論)
私が入社しましたら、ボルダリングで培った「目標達成力」を生かして、御社に貢献できると考えております。

(理由)
というのも、営業職として大事なのが数字を達成し続けることだと思うのですが、そのために高い目標を立てて、その達成のために計画を逆算して、行動をして、結果を検証して、改善していくという一連の流れがボルダリングと通じるものがあると考えるためです。

(具体例・エピソード)
私は学生時代、ずっとボルダリングに打ち込んできました。常に今の自分を超えるための目標を設け、そのために練習するメニューや鍛える箇所などを逆算して、計画に落とし、その計画を淡々と実行し、目標だった課題に挑戦して、その結果を振り返りつつ計画を改善して、また日々実行していく・・・というPDCAサイクルを繰り返し回してきました。

結果として、ずっと目標にしていた初段の課題をクリアすることに成功したのですが、この目標達成経験を簿記の資格取得や、学園祭の企画など様々なものに生かすことができました。

(まとめの結論)
この目標達成力を今度は御社の営業に生かし、常に目標達成を外さない営業として、御社に貢献していければと思います。

よろしくお願いします。

「目標達成力」をアピールする自己PRの作り方については、下記リンク先の記事に詳細をまとめています。

「目標達成力」を面接官にアピールする自己PRの作り方【例文付き】「目標達成力を自己PRでアピールしたい!例文を見てみたい!」←このような疑問に答えます。プロの就活アドバイザーが目標達成力を強みとした自己PRの作り方を例文交えて解説します。...

「ストイックさ」をアピールする

「ストイックさ」をアピールする

ボルダリングは目標を達成するために、直向きに自分の体と向き合うストイックなスポーツです。自分の体をいじめ抜いた先にある成長の喜びを感じるためにいろんなことを我慢することもあったのではないでしょうか。

そんな欲を抑え、目標のために努力できるあなたのストイックさはビジネスでも生かされます。

社会人は学生以上に経済的な自由を獲得し、行動範囲が広まります。そこで、自分の欲をコントロールして、スキルアップに励める人とそうでない人で、大差が生まれるのです。

是非自信を持ってアピールしてください。

【例文】

(結論)
私が入社しましたら、自分の強みであるストイックさを生かして御社に貢献できます。

(理由)
というのも、私は営業職を志望しておりますが、営業力は、一朝一夕で身につくものではなく、勉強をストイックにコツコツと継続し、一つ一つのトークや知識に磨きをかけていくことで高まっていくものだと考えるからです。

(具体例・エピソード)
私は高校の頃からボルダリングに打ち込んできましたが、初段の課題をクリアするという目標を掲げてからは、友人の誘いにも乗らずに食事のコントロールをし、毎日必ず欠かさずにトレーニングを行いました。結果無事達成することができ、今は2段の課題をクリアするために努力しています。

(まとめの結論)
私はこの強みを生かし、御社に入社した暁には、誰よりも営業力を高め、売上という形で貢献します。

どうぞ、よろしくお願いします。

「ストイックさ」をアピールする自己PRの作り方については、下記リンク先の記事に詳細をまとめています。

「ストイック」を面接でアピールする自己PRの作り方【例文付き】 今回はそんな就活生の悩みに答えます。 まずはストイックさが社会でどう活かされるかを見ていきましょう。 ス...

「向上心」をアピールする

「向上心」をアピールする

ボルダリングは常にさらなる高みを目指してトレーニングを続けるスポーツです。このボルダリングに面白みを感じられる人は、そもそも成長意欲や向上心が高い人が多く、それはビジネスの世界でどの会社でも必要とされる資質です。

ビジネスの世界で成長していくには、自分で自分のお尻を叩き続けるしかありません。青天井にいくらでもやれる世界で、競争力をつけていくには、常に上を目指す向上心が重要なのです。

【例文】

(結論)
私が入社しましたら、自分の強みである向上心を生かして御社に貢献できます。

(理由)
というのも、私は営業職を志望しておりますが、営業職では常に上を目指し、努力と行動を続けることや、目標達成にも満足せずに売上を伸ばし続けることが成果につながると考えるためです。

(具体例・エピソード)
私はボルダリングに打ち込んできましたが、ボルダリングは常に昨日の自分を超えていくために努力をするスポーツです。目標としていたゴールをクリアしても、決して満足することなく次にゴールを設定し、努力を続けてきました。今では初段の課題はクリアできるようになり、今は2段の課題に向けて努力しています。

(まとめの結論)
私はこの上を目指し続ける気持ちを生かし、常に自分の結果に満足せず、成果を高め続ける営業として御社に貢献します。

どうぞ、よろしくお願いします。

「向上心」をアピールする自己PRの作り方については、下記リンク先の記事に詳細をまとめています。

「向上心」を効果的に面接官にアピールする自己PRの作り方【例文付き】当記事では、「向上心」を長所として面接官に効果的にアピールするための自己PRの作り方やポイントを例文付きでご紹介していきます。 面...

その他の強みをアピールする

その他の強みをアピールする

ここで挙げたのはほんの一例にすぎません。

長年続けた方は継続力をアピールできるかもしれませんし、部活などのキャプテンを務めた方はリーダーシップをアピールできるでしょう。きつい練習を続けてきた根性をアピールすることもできるはず。

とにかく、重要なのは、自分にとってしっくりくる自己PRにまとめることです。

アピールしたい長所別に自己PRの例文をまとめた記事がありますので、ぜひそちらもご参照ください!

失敗しない自己PRの例文集【アピールしたい長所別にまとめました】当記事は鉄板の自己PRの例文集。あなたの強みから逆引きできるようにまとめています。ぜひうまく活用して、効率よく内定を獲得してください。...

「ボルダリング」での自己PRでの注意点

「ボルダリング」での自己PRでの注意点

さて、ここまでは「ボルダリング」というネタからどのようなアピールの仕方があるのかを解説してきました。

ボルダリングに挑むことで成長した面はたくさんると思いますし、ご覧いただいた通り面接でアピールできるネタはたくさんあるはず。

ただ、ここで注意点があります。

  • 知名度が低いという前提で解説が必要になるかも
  • チームに関するネタは別に用意しておいた方がいい

それぞれ解説します。

知名度が低いという前提で解説が必要になるかも

ボルダリングは比較的新しいスポーツですよね。オリンピックで初めて知ったという方も多いでしょう。

ボルダリングは大体何をやるスポーツかを知っていたとしても、段位とか階級があることを知らない人は多いでしょうし、それがどの程度難しいものか知らない人はもっと多いでしょう。

そのため、相手にそのまま伝わればいいですが、伝わらなければ都度説明が必要となります。

※文章の場合は誰が読むかわかりませんので、ある程度説明しながら書いた方が良いでしょう。

チームに関するネタは別に用意しておいた方がいい

ボルダリングは比較的個人スポーツなので、自己PRするとどうしても個人の話に寄ってしまいます。

一方で、会社はあくまでも組織です。

個人の力よりも、チームワークが重視される会社も多いですね。

時に、「チームで何か達成した経験はありますか?」などと鋭い質問が飛んでくる可能性も想定しておいた方がいいでしょう。

なので、もしボルダリングで自己PRを作っていく場合、念の為チームワークをアピールできるネタも、ボルダリングネタとは別に用意しておくと無難です。

自己PRができたらまずは企業の反応を見てみましょう

自己PRができたらまずは企業の反応を見てみましょう

自己PRができたものの、本当にこのエピソードは企業に響くのか?という心配はありますよね。

その心配は、スカウトサイトに自己PRを登録すると解決できます。

就活生
就活生
ん?スカウトサイトと自己PRがなんの関係があるの?
就活ペンギン
就活ペンギン
以下で説明しますね。

スカウトサイトのプロフィールを書くと企業からの反応がわかり、自己PRが上達します。

スカウトサイトは、あなたのプロフィールを登録しておくことで、それを見た企業から「うちを受けないかい?」とスカウトされるサービスです。

ということは・・・

「あなたの強みや経験」に対し、企業がどんな反応をするか見ることができるってことです。

就活生
就活生
第一志望の本番前に、色々試せそうでいいですね!
就活ペンギン
就活ペンギン
その通り!いわゆるマーケティングってやつですね!

スカウトサイトは無料で使えるので、自己PRを磨くためにも、プロフィールをスカウトサイトに登録することをオススメします。

就活生
就活生
無料なら、デメリットないですね!すぐ登録します!

でも・・・スカウトサイトって、どのサービスがいいの?

スカウトサイトってどんなサービスがあるの?

結論から言うと、スカウトサイトは有名どころだけ登録すればオッケーです。

就活ペンギン
就活ペンギン
利用企業数が少なくて、スカウトが来なかったら意味ないですからね。

となれば、選択肢は以下の3択に絞れます。プロフィールは使いまわせるので、全部登録してもメリットはあります。

OfferBox|ユーザー数No1就活生の4人に1人が登録するスカウトサイト業界では最も有名なサイトで、アクティブユーザー数もナンバー1。高品質な無料の適性診断AnalyzeU+も利用できるので、とりあえず登録するならこれです。

キャリアチケットスカウト|穴場です→レバレジーズという人材業界の超一流企業が運営しており、参画企業の質に期待できます穴場でおすすめです。また面倒なプロフィール登録が簡単にできる仕組みになっており、ラクにサービスを利用できます。(口コミ評判はこちら

キミスカ|変わり種です→変り種ですが、老舗のスカウトサービスで、有名です。他社の選考状況を登録することで、スカウトがもらえるというとても効率的なサービスです。有名企業の選考を進んでいる方にオススメです。

詳細は以下をご覧ください!

新卒向けスカウトサイトおすすめ3選【プロが選び方も解説します】「新卒向けの就活スカウトサイトでどれを使うのがいいのかな?」←このような疑問に人材業界を熟知している管理人が答えます。実は一択です。...

なかなか自己PR作成が進まない方は他人にアドバイスをもらいましょう

就活生
就活生
それでも、なかなか自己PRがうまく作れない場合はどうしたらいいのかなぁ?
就活ペンギン
就活ペンギン
他人から客観的に見たあなたの強みを教えてもらうといいですよ。

他人からアドバイスをもらうのは、以下のような方法があります。

  • 自己PRの例文を徹底的に見る
  • 友達とか親に聞いてみる
  • 就職エージェントに相談する

下記に当サイトの強み別に分けて例文を用意していますので、読むと参考になるはず。(旧自己PR版から工事中です)

失敗しない自己PRの例文集【アピールしたい長所別にまとめました】当記事は鉄板の自己PRの例文集。あなたの強みから逆引きできるようにまとめています。ぜひうまく活用して、効率よく内定を獲得してください。...

また、友達とか親に聞いてみると、自分で考えているものとは全然違う強みが見つかるはずですよ。

さらに、就職エージェントを利用して、専門的なプロから無料で自己PRのアドバイスをもらう方法もあります。

就職エージェントも無料で利用できます。下記にまとめていますので、興味ある方はどうぞ。

新卒向けおすすめ就職エージェント3選【プロが選び方も解説する】「新卒向けの就職エージェントでおすすめのサービスを知りたい。」←本記事では、こういった疑問に答えます。プロの就活アドバイザーの管理人が厳選した3つの就職エージェントとその厳選理由を解説します。...

就活生
就活生
エージェントも無料で利用できるのか・・・ナビだけじゃなくて、色々使ってみよ!
就活ペンギン
就活ペンギン
就活サービスは企業からお金をもらっているケースが多いので、ほとんど無料で利用できますよ!頑張ってくださいね!