自己PRの書き方・例文

ヒューマンビートボックスを就活の自己PRに活かす方法【例文あり】

就活生
就活生

学生時代はヒューマンビートボックスにハマって、とにかく毎日練習しまくった。

うまく自己PRのネタに使う方法があれば知りたい。

当記事では上記の悩みに答えます。

就活ペンギン
就活ペンギン
どうもこんにちは!就活アドバイザーの就活ペンギンです。
就活ペンギンの中身はこんな人
  • 執筆者は企業の新卒採用支援に携わって10年
  • 人事や経営者が何を考えているか熟知
  • 就職エージェントサービスの責任者を経験

口だけでいろんな音を奏でるヒューマンビートボックス。新しい音を出すために毎日口がおかしくなるほどに練習をし、音を洗練していくことで少しずつ上達させてきたことでしょう。

そのヒューマンビートボックスの経験はビジネスに通じるものもたくさんあり、就活における自己PRのネタとしては十分成り立ちます。

しかし当たり前ですが、面接の場で「私は学生時代ヒューマンビートボックスを頑張りました!」と面接官に伝えるだけでは到底面接の合格は勝ち取れません。

自己PRは企業があなたを採用するメリットを語る場ですから、あなたの強みは何で、どのように仕事に役立つのかをアピールする必要があります。

自己PRとは

また、「ヒューマンビートボックス」に打ち込んできたという経験を武器として自己PRを行う場合、注意すべきこともあります。

そこで、当記事では「ヒューマンビートボックスに打ち込んできた経験」を効果的に面接官にアピールし、失敗しない自己PRをするためのコツや注意点を解説していきます。

▼当記事の内容▼

  • 効果的な自己PRの型
  • ヒューマンビートボックスの経験を生かす自己PRの作り方【例文あり】
  • ヒューマンビートボックスの経験で自己PRする際の注意点
  • 自己PRで失敗しないための方法

それでは以下ご覧ください。

ヒューマンビートボックスの経験をアピールする自己PRの仕上げ方は2通りある

ヒューマンビートボックスの経験をアピールする自己PRの仕上げ方は2通りある

ヒューマンビートボックスの経験をアピールする自己PRを考える方法は、2通りあります。

  • 自分で考えて自己PRを作る
  • 就職エージェントに添削してもらいながら作る

就活エージェントとは、就活のプロがあなたとの面談を通じて、「ES・面接対策」や「企業探しの代行」を無料で行ってくれる便利サービスです。

就活ペンギン

僕としては、添削してもらいながら作る方をオススメします。理由は以下の通り。

  • 自分で作ると「第三者視点」と「人事視点」が欠けやすいから。
  • プロと一緒に自己PRを作った方が成果が出るスピードがはやいから。
  • 面接官のフィードバックを教えてもらえるので、改善しやすいから。
  • 完全に無料なので、リスクもないから。

「えっ・・・絶対そっちの方がいいじゃん・・・!」

って思った方は、自分でいろいろ考える前に、まっさらの状態で就職エージェントに申し込んだ方が早いです。

下記に同業者の僕がオススメする就職エージェントを紹介していますので、よければご参考ください。

>プロがおすすめする就職エージェント3選

記事で紹介しているのは以下の3つのエージェントです。最近はオンライン面談もあるので、エリアもあまり考えなくて大丈夫です。

就活ペンギン

というわけで、ここからは「やっぱり自分で自己PRを作りたい!」という方向けの情報です!

ちなみに自己PRを作る際は、紙やワードに書くのではなく、アプリに登録しながら作ると効率的です。

今回の記事を読みながら、以下のアプリをダウンロードして、フォーマットを埋めていくだけで、効率的に自己PRを作れる上に、企業からの反応も見れますよ!

キャリアチケットスカウト/自己分析・就活アプリ

キャリアチケットスカウト/自己分析・就活アプリ

Leverages Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

ではいきましょう。

ヒューマンビートボックスの経験をアピールする自己PRの正しい型

ヒューマンビートボックスの経験をアピールする自己PRの正しい型

自己PRで過不足なく、面接官に魅力を伝えるためのおすすめの型はこの3ステップがおすすめです。

結論:
私は●●という強みを生かして、御社に貢献できます。

エピソード:
実際に私は自分の強みを活かし〜〜〜という経験があります。
or
私が強みを培ったのは〜〜〜という経験です。

会社とつなげる:
この強みを御社でこのように活かします。

このような自己PRフォーマットを利用するメリットは、以下の通り。

  • 徹底した相手目線で一目置かれる
  • 信憑性が高い

相手視点で会社にとって自分を採用するメリットをメインで語ることができる就活生は多くありません。

また、エピソードを語ることで話の信憑性が高まります。

就活ペンギン
就活ペンギン
ライバルと差をつけるチャンスですよ。

この辺りの詳細は下記にまとめていますので、なぜこんな型がいいのか、もっと詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

自己PRとは?面接が重視する項目と自己PR文の作り方【例文付き】当記事では、就活のプロアドバイザーが自己PRで企業が重視することや、企業ウケの良い自己PRの作り方を例文通じて解説しています。...

ヒューマンビートボックスの経験を生かす自己PRの作り方【例文付き】

というわけでここからは、「ヒューマンビートボックスを頑張った」というネタから、どんな強みをアピールできるのか、例文付きで解説していきたいと思います。

例文まで紹介するのは以下の3つを強みとする自己PRのパターンです。

  • ストイックさ
  • 継続力
  • 協調性

「ストイックさ」をアピールする

「ストイックさ」をアピールする

ヒューマンビートボックスの上達に必要なのはとにかく毎日音を鳴らして口の筋肉を鍛えつつ、音を洗礼していく作業です。

有名ビートボクサーの動画を見ながら細かい音の出し方を研究し、お風呂に入ってる時も、歩いてる時も、寝る前もずっと練習をし続けてきたあなたのストイックさはビジネスでも生かされます。

社会人は学生以上に経済的な自由を獲得し、行動範囲が広まります。そこで、自分のスキルアップにこだわり勉強に励む人とそうでない人で、大差が生まれるのです。

是非自信を持ってアピールしてください。

【例文】

(結論)
私が入社しましたら、自分の強みであるストイックさを活かして御社に貢献できると考えています。

(エピソード)
私はヒューマンビートボックスという口だけでさまざまな音を奏でる音楽の練習をしてきました。ヒューマンビートボックスの練習というのは非常に地味で、たった一つの新しい音を出すために、毎日口がおかしくなるまで一人で練習して数ヶ月かかることもあります。

私はそんな地味な練習を6年間続けることで30種類の音を奏でられるようになり、今では一人でライブパフォーマンスができるようになりました。

(会社とつなげる)
このストイックさは御社の仕事でも活かせると考えております。私はこの度営業職を志望しておりますが、営業力とは一朝一夕で上がるものではなく、コツコツと勉強や練習を積み上げていくことで少しずつ高まっていくものだと思います。私が御社に入社しましたら、持ち前のストイックさで、毎日営業力に磨きをかけて、誰よりも売れる頼り甲斐のある営業として、御社に貢献したいと考えております。

どうぞ、よろしくお願いします。

「ストイックさ」をアピールする自己PRの作り方については、下記リンク先の記事に詳細をまとめています。

「ストイック」を面接でアピールする自己PRの作り方【例文付き】 今回はそんな就活生の悩みに答えます。 まずはストイックさが社会でどう活かされるかを見ていきましょう。 ス...

「継続力」をアピールする

「継続力」をアピールする

ヒューマンビートボックスのスキルは一朝一夕では身につきません。たった一つの音を出すために何ヶ月もかかる場合もありますし、数年練習してもでないことだってあります。

そんな中で音の数を増やし続けることができたあなたの継続力はビジネスでも活かされます。

ビジネススキルもビートボックスと同じように長期間コツコツと鍛錬しないと身につきません。業種問わず必要とされる資質なので、自信を持ってアピールしましょう。

【例文】

(結論)
私が入社しましたら、自分の強みである継続力を活かして御社に貢献できると考えています。

(エピソード)
私はヒューマンビートボックスという口だけでドラムの音やシンセサイザーの音など、さまざまな音を奏でる音楽の練習をしてきました。練習はとても地味で、一人でお風呂場などで行うのですが、たった一つの新しい音を出すために、数ヶ月かかることもありました。

全然進化がない時は何度も心が折れそうになるですが、私はそれでも地味な練習を毎日欠かさずコツコツと6年間続け、今では30種類以上の音を奏でられるようになりました。

(会社とつなげる)
こういった継続力は御社の仕事でも活かせると考えております。私はこの度営業職を志望しておりますが、営業力とは一朝一夕で上がるものではなく、諦めずにコツコツ続けることで、高まっていくものだと思います。私が御社に入社しましたら、とにかくどんな辛いことがあっても諦めることなく継続して、営業スキルを高め、御社に貢献したいと考えております。

どうぞ、よろしくお願いします。

「継続力」をアピールする自己PRの作り方については、下記リンク先の記事に詳細をまとめています。

「継続力」を面接官にアピールする自己PRの作り方【例文付き】 今回はそんな就活生の悩みに答えます。 継続は力なり。という言葉があるように、どんな仕事でも継続することでスキルアッ...

「協調性」をアピールする

「協調性」をアピールする

ヒューマンビートボックスをソロのパフォーマンスとしてやっていた方もいれば、アカペラグループに入り、ボイスパーカッションとしてドラム音を支えて方もいるでしょう。

アカペラグループでの音楽はまさにチームワークの賜物です。

一人一人の音を重ねて綺麗なハーモニーを作り上げていくために、チームメンバーと何度もコミュニケーションと練習を重ねてきたことでしょう。

ビジネスの世界でも協調性は必須です。会社はチームです。個人で完結する仕事はほとんどありません。

協調性やチームワークはどんな会社でも求められる必須スキルなのです。

【例文】

(結論)
私が入社しましたら、自分の強みである協調性を活かして御社に貢献できます。

(エピソード)
私はアカペラのグループに所属しており、ボイスパーカッションという口だけでドラムの音やシンセサイザーの音などならし、音にバリエーションを与えるような役割を担ってきました。

アカペラで良い音を奏でるにはチームとしての一体感が非常に重要で、全員の息を合わせるためにも、私たちはメンバー同士深いコミュニケーションをとり、お互いの理解に努めました。また、個人よりもチームを尊重するという考えを心に刻みつつ、練習を重ねてきました。

そうすることで、個人の集まりでは決して奏でられない一体感のある音楽を作ることができるようになり、私はチームで何かをアウトプットすることの素晴らしさを学びました。

(会社とつなげる)
私がボイスパーカッションという役割を担うことを通じて培った協調性は御社の仕事でも活かせると考えております。私はこの度営業職を志望しておりますが、プロジェクトチームのリーダーとして先頭に立つ御社の営業で成果を高めるためには、チームメンバーが一丸となってチームワークを発揮することが非常に重要だと考えております。私はチームで最高のパフォーマンスを発揮できるプロジェクトチームづくりができる営業として、御社に貢献していければと思います。

どうぞ、よろしくお願いします。

「協調性」をアピールする自己PRの作り方については、下記リンク先の記事に詳細をまとめています。

「協調性」を面接でアピールする自己PRの作り方【例文付き】 今回はそんな就活生の悩みに答えます。 仕事は一人で行うよりも、高いスキルを持ったスペシャリスト達がチームで...

その他の強みをアピールする

その他の強みをアピールする

ここで挙げたのはほんの一例にすぎません。

常に新しい音を追いかけ続けた探究心や、向上心をアピールしたり、全く誰も出したことのない音を探究し続けた想像力や発想力をアピールすることもできるでしょう。

とにかく、重要なのは、自分にとってしっくりくる自己PRにまとめることです。

アピールしたい長所別に自己PRの例文をまとめた記事がありますので、ぜひそちらもご参照ください!

失敗しない自己PRの例文集【アピールしたい長所別にまとめました】当記事は鉄板の自己PRの例文集。あなたの強みから逆引きできるようにまとめています。ぜひうまく活用して、効率よく内定を獲得してください。...

「ヒューマンビートボックス」での自己PRでの注意点

「ヒューマンビートボックス」での自己PRでの注意点

さて、ここまでは「ヒューマンビートボックス」というネタから、面接などの自己PRにおいてどのようなアピールの仕方があるのかを解説してきました。

ヒューマンビートボックスに挑むことで成長した面はたくさんあると思いますし、ご覧いただいた通り面接でアピールできるネタはたくさんあるはず。

ただ、ここで注意点があります。

  • 知名度が低いという前提で解説が必要になるかも
  • その場でやってくれと言われる可能性があるかも

それぞれ解説します。

知名度が低いという前提で解説が必要になるかも

ヒューマンビートボックスというのは、まだまだ年代によっては知名度が低い言葉です。

ヒューマンビートボックスでアピールをする場合は、必ず簡単に「ヒューマンビートボックスとは何か」について説明した方が無難です。

また、人によっては、音を習得する難しさを理解してもらいにくい可能性もあるので、一音出すために至った苦労話や、かかった時間など丁寧に語ると良いでしょう。

その場でやってくれと言われる可能性があるかも

「ヒューマンビートボックスができます!」というと、その場で「おっやってみせて〜!」と言われる可能性が結構あります。

せっかくの披露のチャンスですから、もし振られた場合に戸惑わないように、10秒〜30秒程度でできるネタを用意しておきましょう。

実際に自己PRを作ってみましょう!

実際に自己PRを作ってみましょう!

では、実際に自己PRを作ってみましょう。

ちなみに、自己PRを作るときは、ノートやワードではなく、スカウトサイトのプロフィールを登録しながら作るのがオススメです。

なぜなら、スカウトサイトに登録しながら自己PRを作ると以下の一石三鳥のメリットがあります。

  • フォーマットがあるので作りやすい
  • 企業からの反応をテストできる
  • 企業からスカウトがもらえる
就活ペンギン

面接本番で話す前に、企業からの反応が見えるので、色々とテストができて便利ですよ。

おすすめのスカウトサイトは以下の記事にまとめています。

ちなみに記事の中でおすすめしているのは以下の3つです。

キャリアチケットスカウトなら、以下のアプリをダウンロードして、フォーマットを埋めていくだけで、効率的に自己PRを作れますよ。

キャリアチケットスカウト/自己分析・就活アプリ

キャリアチケットスカウト/自己分析・就活アプリ

Leverages Co., Ltd.無料posted withアプリーチ

やっぱり自己PRを作るのが面倒くさい方はエージェントをどうぞ

ここまで読んで、「やっぱり自己PRを作るの面倒だな」と思った方は、冒頭でオススメしたように、就職エージェントを利用してみてください。

記事で紹介しているのは以下の3つのエージェントです。最近はオンライン面談もあるので、エリアもあまり考えなくて大丈夫です。

今回は以上です。