自己PR

「皆勤賞」を面接でアピールする自己PRの作り方【例文付き】

キャリアチケット 内定率が1.39倍になるカウンセリング。是非大手選考が始まる前に!早期内定への最短ルートはキャリアチケット!

詳細ページ公式ページ

学校で皆勤賞をとったことがあるけど、自己PRのネタに使うほどでもないかなぁ・・・なんて考えてませんか?

無遅刻無欠席で学校に通ったあなた。サボりたくなったこともあったでしょうし、魔がさしたこともあったでしょう。それでも学業に向き合い続けることができたのです。

それが社会で役に立たないわけがない!

あなたからすると、当たり前のことでも、他の人からみたらすごいことってたくさんあります。皆勤賞は間違いなくそのうちの一つでしょう。

しかし「皆勤賞」をとったからといって内定が取れるほど甘くはありません。面接でうまくその経験をアピールに生かさなければならないのです。

というわけで、今回は、「皆勤賞」をとった経験を自己PRに生かすためのポイントやコツを解説していきたいと思います。

・・・ただし、今回のコラムはあくまでもじっくりと自分で自己PRを作りたいという方向け。時間もないし、早く自己PRを強化したい!という方は無料で就活のプロに相談して、素早く自己PRを仕上げましょう!

効果的に自己PRを行うためのコツ

自己PR攻略のためのステップ

自己PRに盛り込むべき要素は3つです。

まずは、「何が強みなのか」という結論。そして、その強みを根拠づける具体的なエピソード。最後に自分の強みをどのように企業で生かし、貢献しようと考えているのか。

この3つの要素を入れて自己PRすることで、面接官に過不足なく情報を伝えることが可能となります。

1:結論

2:強みが活かされた経験(エピソード)

3:強みを会社でどう活かすか

この3つの要素を使った自己PRの正しい作り方については、下記に詳細をまとめていますので、自己PRのセオリーがよくわらかない!という方は是非ご一読ください!

「皆勤賞」ネタを使った自己PRの作り方【例文つき】

さて、それでは「皆勤賞」というネタからどういう強みをアピールできるのか、例文付きで解説していきたいと思います。

やるべきことに真摯に向き合う真面目さ

コツコツ

無遅刻無欠席で皆勤賞をとった人は、サボりたくなった時、休みたくなった時があっても、今やるべきことに真摯に取り組む真面目なスタンスの持ち主だと言えるでしょう。

ビジネスの世界では、顧客満足といかに真摯に向き合えるか、ということが非常に重要になってきます。

仕事は、自分がサボろうと思えば、いくらでもサボれるという一面がどんな仕事にだってあります。ただし、楽すれば楽をするほど、サービス提供のレベルはどんどん下がり、結果として顧客満足度もどんどん下がり、顧客からの信用を失っていきます。

そんなサボる従業員が増えれば増えるほど、当然企業としての競争力が弱くなってしまいます。

真摯に顧客と向き合い、期待に応え続けるスタンスは、企業としては従業員に絶対持っていてもらいたいスタンスなのです。

確かに、「真面目さ」というと、エッジも効いていないような感じもしますし、他の就活生との差別化ができるか心配になるかもしれませんが、企業としては非常に欲しているスタンスなので、自信を持ってアピールしましょう!

真面目さの自己PRの作り方については下記に詳細をまとめていますので、興味ある方は是非ご一読ください。

【例文】
私の強みは真面目さです。

私は中学高校、そして大学に入ってからの約10年間、無遅刻無欠席で、皆勤賞も何度かいただいています。友達がサボり休みなどをして誘われた日も、朝気分が乗らなくて、どうしても学校に行きたくない日も、自分を奮い立たせ、とにかく遅刻せず欠席しないことにこだわり続けました・・・・

メンタルの強さ

メンタルの強さ

無遅刻無欠席で皆勤賞を取るあなたは、メンタルも強いはず。

嫌なことがあっても、ちょっとしんどくても、いろんな誘惑があっても、それでもとにかく学校へ行き続けるには、折れない強靭なメンタルが必要なはずです。

社会に出ても、いいことばかりではありません。おそらく嫌なことの方が多く、うまくいかないことの方が多いのでしょう。新入社員の最初の方は特にそうです。

そんな中、成果を出せる人材になるためには、どれだけうまくいかなくても、心が折れることなく、愚直に自分を成長させ、仕事を続け、少しずつでも成果を積み上げることができるかどうかにかかっているのです。

「メンタルの強さ」をアピールする自己PRの作り方については下記リンク先の記事に詳細をまとめていますので、メンタルの強さで勝負をしたい方は是非ご一読ください。

【例文】
私の強みは、メンタルの強さです。

私は中高6年間、そして大学も無遅刻無欠席を貫き、皆勤賞も何度かいただいています。

正直、何度も休みたくなりましたし、サボりたくなったりすることもありました。友人に誘われて流されそうになることもありましたし、家族で旅行に行こうかという話になることもありました。でもどんな場合でも、「休まない」という自分の信念を貫き続けてきました。・・・・

身体が丈夫

身体が丈夫

「皆勤賞」をとったあなたは、きっと体も丈夫なはず。そもそも病気になりにくく、病気になっても、そこまで深刻化しない体を持っています。

その丈夫さはあなたにとっては当たり前のことかもしれませんが、他の人からしたら羨ましいほどの能力です。

ビジネスでは、どれだけ忙しくても、ここぞという時に休まないことが重要ですから、身体が丈夫に越したことはありません。また、病気になりにくいということはそれだけ稼働時間が増えるということなので、成果を出せる日数が増えるということ。

当然企業が欲している能力ですから自信持ってアピールしましょう。

【例文】
私の強みは身体の丈夫さです。

私は中高6年間、そして大学も無遅刻無欠席を貫き、皆勤賞も何度かいただきました。これまでの人生で私はほとんど病気にならず、病気になりそうになっても、すぐ治してきました。部活と受験が重なり、体力的にしんどい時もありましたが、毎日元気に学校へ通い続けました。

その他の強みをアピールする

その他様々な強みのイメージ

ここで紹介させていただいた自己PRへの生かし方はほんの一例にすぎません。他にも、「負けず嫌い」な性格で自分に負けたくないからこそ、無遅刻無欠席を貫いたというアピールもできますし、「自己管理力」をアピールすることもできますし、あるいは「ストイックさ」をアピールすることもできるでしょう。

とにかく、皆勤賞ひとつとってもいろんな角度からアピールができるということを知っておいてください。重要なのは、自分にしっくりくる自己PRを行うこと。自分がなぜ皆勤賞をとれたのか、しっかりと振り返り、アピールできるネタを探しましょう。

様々な長所から探せる自己PR解説と例文は下記記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

「皆勤賞」でアピールする強みは詰め込みすぎない!

だめ!

「皆勤賞」を使った自己PRを行う時に気をつけたいポイントは、たくさんアピールできるからといっても、自己PRをする時は詰め込みすぎないこと。

詰め込みたい気持ちはわかりますが、詰め込みすぎても、面接官は覚えられませんし、何が言いたいかわからなくなってしまいます。

私は皆勤賞を取ったので、身体も丈夫だし、メンタルも強いし、真面目です。

というよりも、

皆勤賞をとるほどの真面目さが強みです。

といった方が情報量が絞られていて、結局印象に残りやすいんです。

「皆勤賞」はアピールできるネタがたくさんあるからこそ、絞ることを意識しましょう!

アピールする「強み」はひとつに絞りましょう!

さいごに

今回は無遅刻無欠席を貫いた就活生が、効果的に「皆勤賞」を生かした自己PRを作る時のコツや、失敗しないためのポイントについてお伝えしてきました。

「皆勤賞」をとる人は、「皆勤賞」をとることが当たり前と感じている人も多く、自己PRのネタにすらならないんじゃないか・・・と考えている方もいらっしゃいますが、お伝えしたように自信を持ってアピールできるネタです。

なぜ皆勤賞がとれたのか、しっかりと自己分析を行った上で、ご自身オリジナルの自己PRを作り上げ、ぜひとも合格を勝ち取ってください!

就職エージェントは就活力アップ&内定獲得までの最短ルート!
キャリアチケット

就職エージェントを利用すれば、無料で社会人から客観的に見たあなたの強みがわかるし、面接のトレーニング・フィードバックもしてくれる。友達同士でフィードバックするよりも、より効率よく就活力アップが見込めるはずです。

大手企業に行きたい方も、本番で失敗しないための練習をしておくことができるのです。

中でもキャリアチケットは優良な就活エージェントでおすすめ。エリアが合うのであれば、一度は足を運んでみては!

詳細ページ公式ページ