自己PR

「客観的に見れる」ことをアピールする自己PRの作り方【例文付き】

自分の強みは、「客観的」に物事を見れることだと思う。

就活でもぜひ生かしたい!どうすれば、効率的に自己PRできるだろう?

例文とかもあったらみたい。

今回はそんな就活生の悩みに答え、就活のプロとして長年人材業界で働いている私から、正しい型での自己PRの作り方やアピールするためのポイントを例文交えて伝授させていただきます!

就活ウルフ
就活ウルフ
どうもこんにちは!プロ就活アドバイザー就活ウルフです。

客観的に物事をみることができる能力は、業種問わず、あらゆるビジネスのシーンで求められます。

特にコンサルティング系の職種では、お客様の状況を主観を抜いて冷静に分析する必要もあり、強みが非常に生きてくるはず。

是非大事なポイントや注意点を押さえた、正しい自己PRをマスターして、あなたの「客観的に見れる能力」を面接官にうまくアピールできるようになりましょう。

では以下ご覧くださいませ。(最後に完成版の例文があります)

就活ウルフ
就活ウルフ
↓こちらはあらゆる就活手段の中でも「最も効率よく就活力を高め」「最も早く内定を獲得できる」就職エージェントのリンクです。興味あればどうぞ!

 

自己PR成功率大幅UP
就活のプロに無料で相談する

「客観的に見れる」をアピールする自己PRの作り方【3つのステップ】

自己PRの構造マップ

自己PRを作る際は下記3STEPを意識しましょう。すると効果的な自己PRを作りやすいです。

正しい自己PRを作る3STEP
  1. 結論
  2. 強みを生かした(培った)エピソード
  3. 強みを会社でどう生かすか

自己PRを作る際の基本ステップについての詳細は下記の記事でまとめています。

鉄板自己PRの作り方【3ステップで簡単に説得力が高まります】 「自己PRが苦手・・・!」「どういう順番で何を話せばいいのかわからない」 当記事では、こんなのお悩みにおこたえします。...

それでは、各STEPごとに見ていきましょう。

STEP1:結論

結論

まずは結論から伝えるようにしましょう。

最初に「結論」を話すことで、自己PRを聞く相手も話の主旨が掴みやすくなり、これから話す内容を理解してもらいやすくなります。

【例文】

私の強みは、客観的に物事をみれるところです。

私には、客観的に物事を考えられるという長所があります。

キャッチコピーでさらに印象を強めましょう

自己PRではうまくキャッチコピーを使って「印象を強める工夫」をすることもオススメ。

【例文】

私の強みは、誰よりも冷めた目を持っていることです。

私の強みは、どれだけ周りが熱くなっても冷めて全体を俯瞰できるところです。

就活ウルフ
就活ウルフ
いかがでしょうか。少し表現を変えるだけで「私の強みは客観的に物事をみれるところです」だけよりも、印象に残りやすくなった気がしませんか?

面接官は機械ではなく人間ですから、「ちょっとした表現の違い」だけで、印象が変わったりします。当然、印象が変わると評価も変わりますよ。

面接の現場での質問に対し、即興でキャッチコピーを考えるのは難しいですが、「自己PR」はどの会社でも聞かれるので、事前に準備しておきましょう。

なお、就活キャッチコピーの作り方は下記記事でまとめています。

【就活】キャッチコピーの作り方講座【例文付き/自己PRやESを強化】 自己PRやESなど、就活でより企業へのアピールを強めるためにキャッチコピーをうまく活用したい。 でも作り方と活用方法がよく...

STEP2:強みを生かした(培った)エピソード

強みが生かされたエピソード

さて、結論を述べたあとは、これまであなたの「客観的視点」を生かした(あるいは培った)時のエピソードを話しましょう。

就活ウルフ
就活ウルフ
「強みを生かしたエピソード」や「強みを培ったエピソードの話」どちらでもOKです。

このエピソード部分は、あなたが「客観的に物事を見ることができる」という自己PRの信ぴょう性を高める役割を果たします。

就活ウルフ
就活ウルフ
ぶっちゃけ口でならなんとでも言えるので、エピソードを話した方が信頼してもらいやすくなりますね。

また、エピソードを通じて、「あなたの強みがどう仕事や成果に生かされるのか」面接官がよりイメージしやすくもなります。

オーソドックスな話の構造としては、下記のような順番でお話しするとよいでしょう。

エピソードトークの構造
  1. 課題・やりたいことがある。
  2. あなたの客観的な視点が役に立つ
  3. 成果が出る
就活ウルフ
就活ウルフ
これは「強みを生かしたエピソード」の方の例です。

エピソード1:課題・やりたいことがある

強みは「何かを解決すること」で成果を出してなんぼですよね。

客観的な視点が生かされる背景となる状況を描写しましょう。

【例文】

その強みが最も生かされたのは、所属しているラグビーチームのスキル強化を行った時のことです。

当時県大会の優勝をチームの目標として掲げていました。私はチームの副キャプテンとして、練習に励んでいましたが、県大会の一つ前の試合で、チームワークが乱れ、チーム内で揉めることがありました。

エピソード2:あなたの客観的な視点が役に立つ

あなたの客観的な視点が発揮された場面です。

どういう問題が起きた時に、何を考えて、どのように対応したのか、など細かく語りましょう。

就活ウルフ
就活ウルフ
周りが熱くなってしまっている時に、冷静に対処した話などがオーソドックスかなと思います。

【例文】

県大会直前ということもあって、チーム内でのミーティングの空気は最悪で、「誰が悪いか」という論争がずっと続いていました。

キャプテンでさえも特定の個人を叩いたり、チーム全体が熱くなり、一触即発の空気でしたが、私はこのままではまずいと思い、主観抜きで冷静に試合を分析した結果を提示しました。

そして、「このメンバーで優勝を目指すことが目的なんだったら、今話していることは意味がない。この試合を見ていると、パス連携のミスが減れば問題なく勝てたはずだから、そこを強化すべき」とチームの課題を突きつけ、練習メニューの改善を進めました。

エピソード3:成果が出る

あなたの強みを発揮したおかげで「どのような成果を導いたのか」を話していきます。

ここでは良い成果が出たエピソードを堂々と語るようにしましょう。

日本は謙虚さが美徳となる文化ですが、これはあくまでも自己PRです。

もし謙虚になりすぎてしまうと、面接官からすれば「うちにアピールする気ないのかな・・・」と逆に変な誤解を招いてしまいかねません。

就活ウルフ
就活ウルフ
逆に、しっかりとアピールしていれば、「ちゃんとうちに入社したいという気持ちがあるんだな」と思ってもらえます。

【例文】

結果、その発言以降、ミーティングでは生産的な話し合いがされるようになり、チームの空気も良くなり、みんなが練習に集中できました。

県大会は優勝とまではいきませんでしたが、準優勝でした。悔しくはありましたが、学校初の快挙を成し遂げることができました。

STEP3:強みを会社でどう生かすか【最重要パート】

企業で強みが生きる

さて、ここでもう一度自己PRの作り方を振り返りましょう。

正しい自己PRを作る3STEP
  1. 結論
  2. 強みを生かした(培った)エピソード
  3. 強みを会社でどう生かすか

STEP1の結論であなたの強みを端的に語り、STEP2のエピソードで話の信ぴょう性を高めました。

あとは、その強みが企業でどんな活躍や成果につながるかを語る必要があります。

自己PRはあくまでも「私は御社で活躍できますよ」というアピールですから、まさにここがメインとなるべきパートです。

就活ウルフ
就活ウルフ
企業にとってあなたを採用するメリットは何かを明確にしてあげるイメージです。ここまでの話は、すべてこのSTEP3のためにあります。

ここで重要なのは、2つです。

  1. 相手の企業の仕事をしっかりとイメージしていること。
  2. あなたの強みが「なぜその仕事に生かされるのか」の理由を話すこと。

まずは自分が応募している仕事がどんな内容で、どういう力が求められているかをホームページや説明会での話などから情報収集しましょう。

求める人物像がわからない場合は、以下をご参照いただいてもいいかと思います。

直接聞かなくても企業の「求める人物像」を知るための3つの方法「企業がどんな人物像を求めているかわからない!!」なんてことで悩んでいませんか? 直接企業の人が教えてくれるのであればありがたいで...
就活ウルフ
就活ウルフ
あなたの「客観的にみれる」という強みが、その仕事でどう生かされるのかをイメージしてから、話の構成を考えましょう。

【例文】

私は、御社のコンサルタント職を希望しておりますが、自分の強みを生かし、常に冷静沈着で、数字など客観的根拠に基づいたソリューションを提案できるコンサルタントとして、お客様から信頼を獲得し、御社に貢献したいです。

どうぞよろしくお願いします!

「客観的にみれる」ことの自己PRで注意すべきポイント

注意すべきポイント

「客観的にみれる」というネタで自己PRする際は以下に気をつけましょう。

  • ただ冷めた人という印象にならないように
  • 面接現場での印象との整合性で違和感がないように

以下で少し詳しく説明します。

ただ「冷めた人」という印象にならないように

まず、「客観的視点を持っていること」と「冷めた人・無感情な人」というのは、印象として紙一重です。

コンサルタントとはいえ、人と人がビジネスをする以上は感情は排除できません。

就活ウルフ
就活ウルフ
「思い入れ」とか「情熱」とか「感覚」が大事になるシーンはあります。

なので、あくまでも「客観的に物事を考えるスキルがある」のであって、人間性はバランスが良さそうと見られた方が合格につながりやすいでしょうね。

面接現場での印象との整合性で違和感がないように

「客観的視点」というのは、履歴書や、面接の答えから感じられるものでもあります。

他の質問に対しての答えもロジカルに俯瞰した答えができるなど、アピールしている強みとその場での印象にズレが内容にしましょう。

就活ウルフ
就活ウルフ
言ってることと印象がズレてたら、あなたの話の信ぴょう性が下がっちゃいますから、勿体無いですね

客観的にみれることをアピールする自己PRの例文まとめ

例文まとめ

いかがでしょうか。下記のように自己PRを作ると、信ぴょう性もあり、企業とも繋げられる自己PRになります。

正しい自己PRを作る3STEP
  1. 結論
  2. 強みが活かされた経験(エピソード)
  3. 企業で強みをどう活かすか

例文をつなげると以下のようになります。

私の強みは、どれだけ周りが熱くなっても冷めて全体を俯瞰できるところです。

その強みが最も生かされたのは、所属しているラグビーチームのスキル強化を行った時のことです。

当時県大会の優勝をチームの目標として掲げていました。私はチームの副キャプテンとして、練習に励んでいましたが、県大会の一つ前の試合で、チームワークが乱れ、チーム内で揉めることがありました。

県大会直前ということもあって、チーム内でのミーティングの空気は最悪で、「誰が悪いか」という論争がずっと続いていました。

キャプテンでさえも特定の個人を叩いたり、チーム全体が熱くなり、一触即発の空気でしたが、私はこのままではまずいと思い、主観抜きで冷静に試合を分析した結果を提示しました。

そして、「このメンバーで優勝を目指すことが目的なんだったら、今話していることは意味がない。この試合を見ていると、パス連携のミスが減れば問題なく勝てたはずだから、そこを強化すべき」とチームの課題を突きつけ、練習メニューの改善を進めました。

結果、その発言以降、ミーティングでは生産的な話し合いがされるようになり、チームの空気も良くなり、みんなが練習に集中できました。

県大会は優勝とまではいきませんでしたが、準優勝でした。悔しくはありましたが、学校初の快挙を成し遂げることができました。

私は、御社のコンサルタント職を希望しておりますが、自分の強みを生かし、常に冷静沈着で、数字など客観的根拠に基づいたソリューションを提案できるコンサルタントとして、お客様から信頼を獲得し、御社に貢献したいです。

どうぞよろしくお願いします!

こちらの例文は2〜3分程度で会話の中でお話しする前提の長さなので、尺に合わせて話す量は調整してください。

就活ウルフ
就活ウルフ
主にエピソードの部分の厚さで文量を調整します。

以下に尺別、用途別の自己PRのテンプレートをまとめています。

自己PR文テンプレート集【尺・用途別にまとめました】自己PRをどういう風に作っていいかわからない・・・と悩んでいませんか? 履歴書や、面接のシーンで、一言、1分、3分といろんな尺で求...

また上記の自己PRは面接で話す前提で例文も組まれています。履歴書やESに書く場合も考え方は同じですが、言葉遣いなど若干異なるので、下記ご参考ください。

文字量別に例文もあります。

【プロ直伝】最強の自己PRの書き方【文字数に合わせた例文あり】 自己PRの書き方で迷っている。 全体の構成とか、書き出し方とか締め方とか正しい方法があれば知りたい。 フォーマットの...

その他、いろんな強みで自己PRを考えてみたい方は、下記の記事をご覧ください!様々な自己PRの例文が詰まっていますので!

失敗しない自己PRの例文集【アピールしたい長所別にまとめました】当記事は鉄板の自己PRの例文集。あなたの強みから逆引きできるようにまとめています。ぜひうまく活用して、効率よく内定を獲得してください。...

今回は以上です!

就活ウルフ
就活ウルフ
↓こちらはあらゆる就活手段の中でも「最も効率よく就活力を高め」「最も早く内定を獲得できる」就職エージェントのリンクです。興味あればどうぞ!

自己PR成功率大幅UP
就活のプロに無料で相談する

新卒就職エージェントおすすめ10選【自分に合ったサービスがわかる】 新卒向けの就職エージェントでおすすめのサービスを知りたい。 当記事では上記のお悩みにお答えします。 就職エージェ...
【スグに脱NNT可能】就職サイト・就職エージェント3選【プロのお墨付き】

キャリアチケット→普通のエージェントでは相手にすらされない超一流企業も紹介先にもつ「知る人ぞ知る」就職エージェント。同業者でも絶賛するレベルの優良サービスです。意外と就活生からの知名度は低いのでオススメです。最短3日で内定が出ます。詳細レビューはこちら

digmee(ディグミー)→LINEで友達登録するだけで、就活に必要な情報やあなたにマッチした企業の案内がもらえます。新しめのサービスということもあって、参画している企業が新しいもの好きのイケイケ企業。利用学生はまだ少ないので狙いめです。(詳細レビューはこちら

即日内定イベント MeetsCompany少数精鋭のマッチングイベント。イベント後はカウンセラーによる就職支援によって内定獲得確率は大幅アップ。開催エリアが広く、開催数も多いので参加しやすいのが特徴です。参加時期は早ければ早いほど優良企業と会えます。(詳細レビューはこちら

これらは下記記事の抜粋です。

スグに脱NNTできる就職サイト・就職エージェント3選【プロが教える】 優良企業から内定がほしい。NNTにはなりたくない。 新卒にオススメの厳選された就職サイト・就職エージェントが知りたい。 ...