自己PR

ラグビーで頑張ったことを面接の自己PRにいかすコツ【例文付き】

学生生活は、ラグビーにとことん打ち込んだ。辛い練習にも耐えてきた。

就活でも自分の経験としてアピールしたい。どうすればラグビーをうまく自己PRに活用できるだろう。

当記事では上記のお悩みにお答えします。

ラグビーは、スピードもパワーも求められる競技。自分の肉体の強化ととことん向き合いつつ、チームとしての協調性も求められる難易度の高いスポーツです。

厳しい練習に耐えてきたこと、上下関係が厳しいことなど、ラグビーには企業ウケがいいネタが詰まっています。

ただし、面接で「ラグビーをやってました」と言うだけでは当然合格はできません。面接ではあなたを採用するメリットを相手に伝える必要がありますから、ラグビーの経験がどう仕事に役立つのかをアピールする必要があります。

そこで、今回は「ラグビーを頑張った学生生活」をあなたの強みとして、面接官にアピールするため方法や気をつけるべき点を、例文も交えながら解説していきたいと思います!

自己PR成功率大幅UP
就活のプロに無料で相談する

ラグビーで頑張ったことを強みとしてアピールするための正しい自己PRの型

自己PR攻略のためのステップ

自己PRに盛り込むべき要素は3つです。

1:結論

2:強みが活かされた・強みを培った経験(エピソード)

3:強みを会社でどう活かすか

まずは、「何が強みなのか」という結論。

そして、その強みを根拠づける具体的なエピソード。(強みを培ったエピソードでも可)。

そして最後に自分の強みをどのように企業で生かし、貢献しようと考えているのか。

この3つの要素を入れて自己PRすることで、面接官に過不足なく情報を伝えることが可能となります。

ラグビーをネタとした自己PRもこの流れに沿って考えます。

つまり、ラグビーという経験から何を強みとして企業にアピールするかを決めて、エピソードを語り、どう企業に貢献できるかをアピールするというイメージですね。

この3つの要素を使った自己PRの正しい作り方については、下記に詳細をまとめていますので、自己PRのセオリーがよくわらかない!という方は是非ご一読ください!

鉄板自己PRの作り方【3ステップで簡単に説得力が高まります】 「自己PRが苦手・・・!」「どういう順番で何を話せばいいのかわからない」 当記事では、こんなのお悩みにおこたえします。...

「ラグビーで頑張った事」をアピールする自己PRの作り方【例文つき】

それでは、具体的な自己PRの作り方に入っていきます。

「私はずっとラグビーに打ち込んできました!」というだけでは自己PRにはなりません。

「ラグビー」の経験を、あなたの強みに、変換しなければなりません。

というわけでここからは、「ラグビー」というネタからどんな強みをアピールできるのか、例文付きで解説していきたいと思います。

根性がある

根性がある

ラグビーの試合は体と体のぶつかり合い。

痛いから嫌だ・・・とか、怖い・・・とか、しんどい・・・・なんて言ってたら試合に勝てません。どれだけ痛くても、しんどくても、怖くても、前へ進んでいく。練習も試合も絶対に逃げずに、正面から体当たりしていく根性が求められます。

そんなスタンスが体に染み付いた就活生をどんな企業だって求めています。

仕事なんて嫌なことばかり。それを乗り越えた先に楽しさや嬉しさが待っています。いちいち嫌なことがあったからと言って心折れていたらなかなか前へ進みませんね。

成果を出すために「根性や気合い」は絶対に必要なものです。堂々と自信持ってアピールして問題ありません。

「根性」をアピールする自己PRの作り方については、下記リンク先の記事に詳細をまとめています。ラグビーで培った根性を面接でアピールしたい!という方はぜひ下記をご覧ください。

「根性」を面接官にアピールする自己PRの作り方【例文付き】当記事では、「根性」を面接官にアピールしたいという方に向けて、自己PRの作り方を解説します。面接に苦手意識を持つ方でも、正しい自己PRの...

【例文】
私の強みはラグビーで培った根性です。

ラグビーは、体と体のぶつかり合いで。痛いことや怖いことだらけの競技です。

練習ではこれでもかというほどに自分の肉体を追い詰め続けましたし、試合だってどれだけ痛くてもどれだけ辛くても、点数を取るためには前へ進み続けなければなりません。

私はラグビーを通じて、そんなどんな逆境でも諦めず前進し続ける根性を身につけました。

私は営業職を希望しておりますが、営業もお客様から辛いことを言われたり、なかなか成績が上がらなかったりすることもあると思いますが、そんな時でも絶対に逃げず、前進し続けるど根性で御社に貢献していければと思っております・・・・・

協調性が高い(高度なチームワーク)

協調性が高い

ラグビーは、多様なフォーメーションを練習し、時には相手の出方を見ながら阿吽の呼吸でチームメイトと息を合わせたプレイをする必要があります。ラグビーはチームワークが極めて重要となる競技なのです。

そのチームプレイの経験や培われたチームワークは、ビジネスの世界でも生かされます。なぜなら、会社というのは個人の力では出せない大きなアウトプットをチームの力で出していくために組織されているもので、チームプレイが前提だからです。

協調性ってアピールするにはベタすぎる感じがするかもしれませんが、ぜひ自信を持ってアピールしてください。会社としては欲している力です。

協調性の高さをアピールする自己PRの作り方については下記に自己PR時の注意点やコツをまとめていますので、興味ある方は是非ご一読ください。

「協調性」を面接でアピールする自己PRの作り方【例文付き】 当記事では、「協調性」を効果的に面接官にアピールしたいという方向けに、就活のプロが自己PRの作り方や作るときのポイントを例文交え...

【例文】
私の強みは学生時代にラグビーに打ち込むことで培った協調性です。

ラグビーというスポーツは、個人のパワープレイだけでは絶対に勝てません。常にチームメンバーとコミュニケーションをとり、多様なフォーメーションを練習する必要があります。また、時には相手の出方次第で「きっとあいつはこう考えているはずだ」などと予想しながら、動きを合わせる必要もあります。

私は、常にチームの勝利を優先し、ラグビーをプレイすることで培ったこの協調性はビジネスの世界でも生かされると考えています。

私はコンサルティング職を志望しておりますが、お客様の課題解決のためのプロジェクトチームを円滑に動かし、最高のアウトプットができるようなコンサルタントとして、御社に貢献していければと考えております・・・

メンタルの強さ(粘り強さ・我慢強さ)

メンタルの強さ

ラグビーは練習でも、試合でもメンタルが鍛えられます。

厳しい上下関係の中で、厳しい練習が毎日のようにあるラグビー。学生時代ラグビーをやりきった人には強靭な精神力が身についていることでしょう。

また、試合もなかなか思い通りに進みません。そんな中、我慢して我慢して、勝機を探る。ラグビーはそんなスポーツでもあります。

そんなラグビーを通じて培われた精神力、我慢強さ、粘り強さなどは、ビジネスのシーンでも役立ちます。

ビジネスの世界は当然厳しい環境です。そんな中成長していくためには、強靭な精神力があります。

また、社会に出るとうまくいくことばかりではありません。我慢して我慢して、成果が出なくて、辛くて。でも頑張り続けた人に成果が訪れます。

我慢強く、粘り強く、努力できるスタンスは、どんな会社にだって求められます。

「メンタルの強さ」をアピールする自己PRの作り方については、自己PRのポイントとともに下記リンク先の記事に詳細をまとめていますので、ラグビーで鍛え抜いた精神力、メンタルの強さは誰にも負けない!という方は是非ご一読ください。

「メンタルの強さ」を効果的にアピールする自己PRの作り方【例文付き】「メンタルの強さ」には自信がある!就活ではぜひ面接官にアピールしたい!でも他の就活生と差別化する自己PRをするにはどうしたらいいんだろう...

【例文】
私の強みは、部活のラグビーで培ったメンタルの強さです。

ラグビーの試合はなかなかすぐ点数が取れるものではありません。早く点数が撮りたいのは誰も同じなのですが、隙を与えず、我慢して我慢して、肉体をぶつけ合いながら、一瞬の勝機を探るようなスポーツです。

そんなラグビーを続けることでで培った粘り強く我慢するメンタルの強さは、ビジネスでも生かされると考えております。

私は営業職を希望していますが、お客様に断られ続けても、粘り強くフォローし、関係を構築し、花開くまで商談を続けるメンタル的にタフな営業マンとして御社に貢献していきたいと考えております・・・

その他の強みをアピールする

その他様々な強みのイメージ

ここで紹介させていただいた「ラグビー」をネタとする自己PRの作り方はもちろんほんの一例にすぎません。

他にも、部長などを務めていた人は「リーダーシップ」をアピールすることができるでしょうし、役割によっては「縁の下の力持ち」であることもアピールできます。

ラグビーを続けてきた「継続力」をアピールすることもできますし、「体力がある」ことだって面接場であなたの武器になったりします。

とにかく、「ラグビー」という厳しいスポーツをやりきった経験には企業が欲しがる資質がたくさん詰まっているので、いくらでも自己PRを作ることができるのです。

そこで、大事なのは、あなたにとってハマる、しっくりくる自己PRを行うことです。

自分が最も効果的にアピールできるネタを探しましょう。

様々な長所から探せる自己PR解説と例文は下記記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

失敗しない自己PRの例文集【アピールしたい長所別にまとめました】当記事は鉄板の自己PRの例文集。あなたの強みから逆引きできるようにまとめています。ぜひうまく活用して、効率よく内定を獲得してください。...

ラグビーネタで自己PRするとき、強みを詰めすぎないように!

だめ!

「ラグビー」の経験は自己PRネタの宝庫だということは先に述べた通りですが、逆にネタがたくさんあるために、何でもかんでもアピールしたくなる衝動にかられがちです。

ここで注意が必要!

自己PRをする時はアピールしたいことを詰め込みすぎないことです。

自分を良く見せようとして、色々と話を詰め込みたい気持ちはわかりますが、詰め込みすぎても、印象が弱くなるだけ。面接官も人間ですから脳みその処理能力には限界があります。

それに、「ラグビーを頑張ってきた」ということは、厳しい経験を積んできたであろうことは、言わずとも伝わっています。だからあまり言いすぎると、ちょっと高慢な印象にもつながってしまいかねません。

言いたいことは絞ったほうが伝わります。アピールすることはその中でも特に「あなたらしいこと」に絞り、謙虚さを保ちましょう。

極端な例ですが、以下の例をみてください。

私の強みはラグビーで培った体力と、そして根性。さらにストイックさや継続力。体力も自信がありますし、協調性は特に鍛えられました。

これだと印象に残りづらいですよね。

私の強みは、ラグビーで培ったど根性です。毎日肉体をこれでもかというほどに追い詰め、厳しい練習をこなしてきました。

こっちだと、非常にシンプルで印象に残りやすいのがわかりますか?

「ラグビー」はアピールできるネタの宝庫。たくさんアピールできることがあるからこそ、あえて絞ることを意識しましょう!

アピールする強みは一つで十分です。あなたらしい強みを一つ抽出し、その一つのアピールを輝かせ、面接官の印象に残すことを意識しましょう。

アピールする「強み」はひとつに絞りましょう!その方が印象が強まるし、謙虚な印象を与えることができます。

ラグビーをネタにした自己PRの作り方まとめ

まとめ

今回は「ラグビーで頑張った経験」を生かして、自己PRを作る方法や作る時のコツ、気をつけるべきポイントについてお伝えしてきました。

ラグビーには企業がほしがる要素がたくさん詰まっています。

紹介した根性、協調性、メンタルの強さだけでなく、その他様々な自己PRにも変換することができるのです。

ただし、たくさんアピールできるからと言って、なんでもじこPRに詰め込むのは良くありません。

正しく自己PRの型を守り、言いたいことは絞るということを忘れずに!

あなたらしいアピールネタを決めたら、あとは自信を持って、アピールするようにしてください!

そして、ぜひとも第一志望の企業からの内定を合格を勝ち取ってください!

今回は以上です。

自己PR成功率大幅UP
就活のプロに無料で相談する

新卒就職エージェントおすすめ10選【自分に合ったサービスがわかる】 新卒向けの就職エージェントでおすすめのサービスを知りたい。 当記事では上記のお悩みにお答えします。 就職エージェ...
失敗しない自己PRの例文集【アピールしたい長所別にまとめました】当記事は鉄板の自己PRの例文集。あなたの強みから逆引きできるようにまとめています。ぜひうまく活用して、効率よく内定を獲得してください。...
【スグに脱NNT可能】就職サイト・就職エージェント3選【プロのお墨付き】

キャリアチケット→普通のエージェントでは相手にすらされない超一流企業も紹介先にもつ「知る人ぞ知る」就職エージェント。同業者でも絶賛するレベルの優良サービスです。意外と就活生からの知名度は低いのでオススメです。最短3日で内定が出ます。詳細レビューはこちら

digmee(ディグミー)→LINEで友達登録するだけで、就活に必要な情報やあなたにマッチした企業の案内がもらえます。新しめのサービスということもあって、参画している企業が新しいもの好きのイケイケ企業。利用学生はまだ少ないので狙いめです。(詳細レビューはこちら

Meets Company(ミーツカンパニー)少数精鋭のマッチングイベント。イベント後はカウンセラーによる就職支援によって内定獲得確率は大幅アップ。開催エリアが広く、開催数も多いので参加しやすいのが特徴です。参加時期は早ければ早いほど優良企業と会えます。(詳細レビューはこちら

これらは下記記事の抜粋です。

スグに脱NNTできる就職サイト・就職エージェント3選【プロが教える】 優良企業から内定がほしい。NNTにはなりたくない。 新卒にオススメの厳選された就職サイト・就職エージェントが知りたい。 ...