自己PR

バレーボールを頑張ったことを面接の自己PRにいかすコツ【例文付き】

バレーボール一筋の学生生活を送ってきた。

チームワークが非常に求められるバレーボールで培った経験は必ず社会に役立つと信じている。

就活でも自分の経験としてアピールしたいけど自己PRはどうすればいいの?

当記事では上記のお悩みにお答えします。

バレーボールは、チーム性の非常に強い競技です。バレーボールの大きな特徴ですが、プレイヤーそれぞれに役割があり、それぞれが有機的に機能しなければ、いかに個としての力が強くても勝てません。

会社も同じ考え方です。個としての力を高めるのは当然。その高めた力をチームワークで有機的に機能させ、成果を最大化する。そのために組織化したのが会社です。

会社によって程度の差はあれど、成果を出すためには、チームワークが必要とされますから、バレーボールの経験は間違いなく就活で武器になります。

ただし、面接で「バレーボールをやってました」と言うだけでは当然合格はできません。面接ではあなたが何をしてきたかを正確に伝えるのではなく、あなたを採用するメリットを相手に伝える場です。

つまり、バレーボールの経験をうまく変換して、どう仕事に役立つのかをアピールする必要があります。

と言うわけで、今回は「バレーボール一筋の学生生活」の経験からあなたの強みを抽出し、面接官にアピールするため方法や気をつけるべき点を、例文も交えながら解説していきたいと思います!

バレーボールを頑張ったことを強みとしてアピールするための正しい自己PRの型

自己PR攻略のためのステップ

自己PRにとして望ましい構成要素は3つです。

1:結論

2:強みが活かされた・強みを培った経験(エピソード)

3:強みを会社でどう活かすか

まずは、「何が強みなのか」という結論。

そして、その強みを根拠づける具体的なエピソード。(強みを培ったエピソードでも可)。

そして最後に自分の強みをどのように企業で生かし、貢献しようと考えているのか。

この3つの要素を入れて自己PRすることで、面接官に過不足なく情報を伝えることが可能となります。

バレーボールをネタとした自己PRも、この流れに沿って考えます。

バレーボールという経験から何を強みとして企業にアピールするかを決めて、バレーボールでのエピソードを語り、その強みが企業にどうやって貢献できるかを整理することが大事。

この3つの要素を使った自己PRの正しい作り方については、下記に詳細をまとめていますので、自己PRのセオリーがよくわらかない!という方は是非ご一読ください!

鉄板自己PRの作り方【3ステップで簡単に説得力が高まります】 「自己PRが苦手・・・!」「どういう順番で何を話せばいいのかわからない」 当記事では、こんなのお悩みにおこたえします。...

バレーボールを頑張ったことを面接の自己PRにいかすコツ【例文付き】

それでは、具体的な自己PRの作り方に入っていきます。

「私は学生生活をバレーボールの練習に注いできました。」と言ってもそれは自己PRになりません。

「バレーボールを頑張った」その経験を、あなたの強みに、変換しなければなりません。

というわけでここからは、「バレーボール」というネタからどんな強みをアピールできるのか、例文付きで解説していきたいと思います。

協調性が高い(高度なチームワーク)

協調性が高い

バレーボールは、その競技のルール上、どうしても個人プレーが成り立たないスポーツですよね。ですから、他のスポーツと比べてもかなりチーム同士息を合わせることの重要性が高い競技です。

そのチームプレイの経験は、ビジネスの世界でも生かされます。会社というのは個人の力では出せない大きな成果をチームが有機的に絡み合うことで出していくことを目的に組織されているもの。

つまり、会社はチームプレイが前提なのです。

協調性って、自己PRでアピールするには少し弱そうと思う方も多いですが、全くそれは違います。極めて会社としては重要な力。

ただ、使う人は多いので、埋もれてしまわないように、差別化は必要になります。協調性の高さをアピールする自己PRの作り方については下記に自己PR時の注意点やコツをまとめていますので、興味ある方は是非ご一読ください。

「協調性」を面接でアピールする自己PRの作り方【例文付き】 当記事では、「協調性」を効果的に面接官にアピールしたいという方向けに、就活のプロが自己PRの作り方や作るときのポイントを例文交え...

【例文】
私の強みはバレーボールで培った協調性の高さです。

バレーボールは、個人の力がいかに強くても勝てないスポーツですから、チームワークが極めて重要となります。また、相手の出方次第では、普段の役割を他のメンバーと阿吽の呼吸でスイッチしたりなどを、瞬時に判断しなければなりません。

そのために、チームメンバーとはできるだけ同じ時を過ごし、一緒になんども練習を重ねることで、メンバーそれぞれの考えや癖が手に取るようにわかるレベルまで昇華させ、お互いの力が最大に発揮されるように動くことを徹底していました。

私はこの協調性はビジネスでも生かされると考えております。御社では営業職を志望しておりますが、プロジェクトに関わるメンバーが最大限力を発揮できる環境を作り上げることで、成果を高める、そんな営業マンとして御社に貢献していきたいと考えております。

よろしくお願いします。

ストイックさ

根性がある

バレーボールはチームワークが求められますが、そのチームワークの前提となるのが個としての力を高めることにあります。

ボールをキャッチするために、何度も何度もレシーブを受け、なんどもサーブを打って、なんどもアタックを打つ。より高さを出すために、ジャンプ力を強化する必要も。

とにかく、チームメンバーで成果をだすために、ストイックに練習することも必要ですよね。

ビジネスでも同じです。チームワークが求められるのは当然なのですが、それは傷の舐め合いとか、足を引っ張り合うわけではなく、スキルを高めたプロがお互いの力を引き出すように連携していくことが求められます。

つまり、個人としての力を高める「ストイック」なスタンスは、どんな企業にだって求められるスタンスです。

「ストイックさ」をアピールする自己PRの作り方については、下記リンク先の記事に詳細をまとめています。バレーボールで培ったストイックさを面接でアピールしたい!という方はぜひ下記をご覧ください。

「ストイック」を面接でアピールする自己PRの作り方【例文付き】当記事では、「ストイック」を長所として、効果的に面接官にアピールしたいという方向けに、就活のプロが正しい型での自己PRの作り方やアピール...

【例文】
私の強みはバレーボールで培ったストイックさです。

バレーボールはチームスポーツではありますが、チームとして連携するためには、個としての力を高める必要があります。

毎日腕が腫れるまでレシーブを受けたり、歩けなくなるほど飛んでジャンプ力を鍛えたり、とにかく私自身がチームメンバーになるために努力し続けた学生生活でした。

私はこのストイックさを社会人になって生かしたいと考えております。営業職を志望しておりますが、お客様から信用してもらうためにも、社内の人とプロ同士として連携するためにも、自分のスキルを高めることがまず大事だと私は考えます。

ストイックに努力し続け、誰よりも成長速度の速い営業として御社に貢献していければと考えております。よろしくお願いします。

縁の下の力持ち

縁の下の力持ち

ポジションによっては、ひたすらボールをトスし続けたり、ボールをレシーブし続けることで、エースにつなぐ役割を担う人もいます。

そんな人は、自分にスポットライトが当たっていなくてもチームのために貢献できる「縁の下の力持ち」としてのスタンスをアピールすることも可能です。

社会では主役は常にお客様。自分にスポットライトが当たることなんてほとんどありません。自分が主役じゃない環境で、主役を立て、そのために尽くせる力は社会では求められる力です。

「縁の下の力持ち」をアピールする自己PRの作り方については、自己PRのポイントとともに下記リンク先の記事に詳細をまとめていますので、バレーボールで培った「縁の下の力持ち魂」をぜひアピールしたいという方は是非ご一読ください。

「縁の下の力持ち」を面接でアピールする自己PRの作り方【例文付き】 自分は「縁の下の力持ち」タイプの人間だ。 これまでも自分にスポットライトが当たらずとも、いろんなサポートをしてきた。そんな...

【例文】
私の強みは、部活のバレーボールのセッターポジションで培った縁の下の力持ちとしてのスタンスです。

私は背も高くありませんし、ジャンプ力も高くありません。だから、チームメンバーのエースに最高のトスを上げることがミッション。もちろん褒め称えられたり取り上げられるのはアタックを決めるエースですが、私はその影になって最高のアタックが打てるように最高のトスを上げ続けることに専念しました。

そんな縁の下の力持ちとしてのスタンスはビジネスでも生かされると考えております。

私は営業職を希望していますが、あくまでもお客様が主役のビジネスで、黒子に徹し、お客様が最高の成果を上げるためのトスを上げ続けるような存在として信頼を勝ち取れるような営業マンとして御社に貢献していきたいと考えております。

どうぞよろしくお願いします。

その他の強みをアピールする

その他様々な強みのイメージ

ここで紹介させていただいた「バレーボール」をネタとする自己PRの作り方はもちろんほんの一例にすぎません。

他にも、部活の部長などを務めていた人は「リーダーシップ」をアピールすることができるでしょうし、バレーボールを継続してきた「継続力」をアピールすることもできます。「気遣い」「ホスピタリティ」なんかも、チームワークを必要とするバレーボールならではの自己PRとして生きてくるでしょう。

とにかく、「バレーボール」という高度なチームスポーツをやりきった経験には企業が欲しがる資質がたくさん詰まっているので、いくらでも自己PRを作ることができるのです。

そこで、大事なのは、あなたにとってハマる、しっくりくる自己PRを行うことです。

自分が最も効果的にアピールできる、あなたらしいネタを探しましょう。

様々な長所から探せる自己PR解説と例文は下記記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

失敗しない自己PRの例文集【アピールしたい長所別にまとめました】当記事は鉄板の自己PRの例文集。あなたの強みから逆引きできるようにまとめています。ぜひうまく活用して、効率よく内定を獲得してください。...

バレーボールを頑張ったことをネタの自己PRする際の注意点

だめ!

「バレーボール」の経験は自己PRネタの宝庫ですが、以下2つに気をつけましょう。

  • あなたが主体的にチームにどう関わったのかを語る
  • アピールしたいことを詰め込みすぎないように

あなたが主体的にチームにどう関わったのか語りましょう

バレーボールのネタの自己PRだとチームプレイに関する話になることが多いかと思いますが、「人のために」を協調しすぎて、あなたの意思が弱く聞こえてしまうケースが結構あります。

「で、あなたは何がしたかったの?」って話になる感じ。

ビジネスでは指示待ちとか受動的な人よりも、自分で能動的に動き、ポジションを築いていく人が求められますから、協調性やホスピタリティの中にある「あなたの意思」をしっかりと語るようにしましょう。

アピールしたいことは詰め込みすぎないようにしましょう

自己PRをする時はアピールしたいことを詰め込みすぎないことです。

自分を良く見せようとして、色々と話を詰め込みたい気持ちはわかりますが、詰め込みすぎても、印象が弱くなるだけ。面接官も人間ですから脳みその処理能力には限界があります。

言いたいことは絞ったほうが伝わります。アピールすることはその中でも特に「あなたらしいこと」に絞り、謙虚さを保ちましょう。

極端な例ですが、以下の例をみてください。

私の強みはバレーボールで培った協調性にホスピタリティ。さらにストイックさや継続力も自信があります。

これだと印象に残りづらいですよね。印象がごちゃつくというか・・・。

私の強みは、チームスポーツのバレーボールで培った協調性です。個が強くても勝てないスポーツなので、チームとして成果を上げるために、チームに対して自分ができることは何か、追求し続けた部活ライフでした。

こっちだと、非常にシンプルで印象に残りやすいのがわかりますか?

「バレーボール」はいろんなことがアピールできるからこそ、アピールするネタは絞ることを特に意識しましょう。

アピールする強みは一つで十分です。あなたらしい強みを一つ抽出し、その一つのアピールを輝かせ、面接官の印象に残すことを意識しましょう。

アピールする「強み」はひとつに絞りましょう!その方が印象が強まるし、謙虚な印象を与えることができます。

バレーボールをネタにした自己PRの作り方まとめ

まとめ

今回は「バレーボールを頑張った経験」を生かして、自己PRを作る方法や作る時のコツ、気をつけるべきポイントについてお伝えしてきました。

紹介した協調性、ストイックさ、縁の下の力持ちとしてのスタンスだけでなく、その他様々な自己PRにも変換することができるのです。

ただし、たくさんアピールできるからと言って、なんでもかんでも自己PRに詰め込むのは良くありません。

正しく自己PRの型を守り、言いたいことは絞るということを忘れずに!

あなたらしいアピールネタを決めたら、あとは自信を持って、アピールするようにしてください!

そして、ぜひとも第一志望の企業からの内定を合格を勝ち取ってください!

今回は以上です。

失敗しない自己PRの例文集【アピールしたい長所別にまとめました】当記事は鉄板の自己PRの例文集。あなたの強みから逆引きできるようにまとめています。ぜひうまく活用して、効率よく内定を獲得してください。...
【まずはサクッと1社内定】最短3日で内定が取れる就職エージェント【無料です】
キャリアチケット

「キャリアチケット」はGoogleやTOYOTA、サイバーエージェントなど、超優良企業とも繋がっている優秀な就職エージェント。最短3日〜1ヶ月であなたにあった企業からの内定獲得を目指します。

第一志望の会社で緊張しないためにも、まずは1社内定を取っておくのはありですよ。完全無料です。まずはレビューをどうぞ!

レビュー公式ページ