自己PRの書き方・例文

部活のマネージャー経験を面接で自己PRにいかすコツ【例文付き】

就活生
就活生

学生時代は部活のマネージャーとして部員サポートを頑張ってきた。

就活でもその経験を生かしたい。どうやって自己PRのネタとして使えばいいのかな?

当記事では上記のお悩みにお答えします。

就活ペンギン
就活ペンギン
どうもこんにちは!就活アドバイザーの就活ペンギンです。
就活ペンギンの中身はこんな人
  • 執筆者は企業の新卒採用支援に携わって10年
  • 人事や経営者が何を考えているか熟知
  • 就職エージェントサービスの責任者を経験

ビジネスの世界では、マネジャーの仕事はプレイヤーの上位になることが多く、チームメンバーが最大限に能力を発揮する環境を作り、成果を管理していく存在として重宝されます。

また縁の下の力持ちとして、チームを支えた経験はどの会社だって求める資質です。

だからと言って、「マネージャーをやっていました」と言っただけで内定が出るはずもありません。

大事なのは、マネージャーの経験と企業があなたを採用するメリットを繋げることです。

自己PRとは

また、「マネージャー経験」という強い武器を持っているからこそ、注意すべき部分もあります。

というわけで、今回は「部活のマネージャーを頑張ってきた」経験を生かして、自己PRする方法や、失敗しないための注意点を解説します。

▼当記事の内容▼

  • 効果的な自己PRの型
  • マネージャーの経験を生かす自己PRの作り方
  • マネージャー経験で自己PRする際の注意点
  • 自己PRで失敗しないための方法

それでは以下ご覧ください。

まずは自己PR作りで絶対失敗しないために、考えておくべき内容があります。

「マネージャー」の経験をアピールする自己PRの仕上げ方は2通りある

「マネージャー」の経験をアピールする自己PRの仕上げ方は2通りある

マネージャー経験をアピールする自己PRを考える方法は、2通りあります。

  • 自分で考えて作る
  • 就職エージェントを活用してプロと一緒に作る

就活エージェントとは、就活のプロがあなたとの面談を通じて、「就活力アップの支援」「あなたの条件に合う企業探しの代行」を無料で行ってくれる超便利サービス。

就活ペンギン
就活ペンギン
結論からいうと、プロと一緒に作る方が圧倒的にオススメです。

理由は以下。

  • 自分で作るのは、「第三者視点」と「人事視点」が欠けるために難しい。
  • プロから意見をもらいながら自己PR作った方が時短になる。
  • 実際に企業との面接で自己PRをした反応のフィードバックがもらえるため改善ができる。
  • そもそも完全に無料なので、使わない手はない。

「え・・・絶対そっちの方がいいじゃん・・・!」って思った方は、あーだこーだ自分で考える前に、まっさらの状態で就職エージェントに申し込んだ方が早いです。

ちなみに僕もエージェントで働く人間ですが、下記に同業者の僕がオススメする就職エージェントを紹介していますので、よければご参考ください。(自分の会社は紹介しません笑)

新卒向けおすすめ就職エージェント3選【プロが選び方も解説する】「新卒向けの就職エージェントでおすすめのサービスを知りたい。」←本記事では、こういった疑問に答えます。プロの就活アドバイザーの管理人が厳選した3つの就職エージェントとその厳選理由を解説します。...

そして、ここからは具体的に「マネージャー経験」をアピールする自己PRの作り方に入っていきます。

なので、やっぱり自分で自己PRを作りたいという方は以下読み進めてくださいませ!↓

部活のマネージャー経験を面接でアピールするための正しい自己PRの型

部活のマネージャー経験を面接でアピールするための正しい自己PRの型

自己PRで過不足なく、面接官に魅力を伝えるためのおすすめの型はこの4ステップです。

結論:
私は●●という強みを生かして、御社に貢献できます。

理由:
理由は〜〜〜からです。

具体例(エピソード):
実際に〜〜な経験があります。

結論(まとめ):
私は●●という強みを生かして、御社に貢献できます。

上記の自己PRフォーマットのメリットは以下3つです。

  • 徹底した相手目線
  • PREP法で説得力が高まる
  • 他の就活生との差別化になる

自分のすごさをアピールするだけではなく、相手が自分を採用するメリットをメインで語ることができる就活生は多くありません。

就活ペンギン
就活ペンギン
ライバルと差をつけるチャンスですよ。

またPREP法というビジネスでも用いられる「説得力を高める構造」にもなっています。

PREP法とは、「結論(Point)→理由(Reason)→具体例(Example)→結論」の順番で話すことで、論理的に主張を伝えることができるフレームワークのことです。

この辺りの詳細は下記にまとめていますので、なぜこんな型がいいのか、もっと詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

自己PRとは?面接が重視する項目と自己PR文の作り方【例文付き】当記事では、就活のプロアドバイザーが自己PRで企業が重視することや、企業ウケの良い自己PRの作り方を例文通じて解説しています。...

マネージャー経験から自己PRとしてアピールできる強みを紹介【例文付き】

それでは、具体的な自己PRの作り方に入っていきます。

先ほどもお伝えしたように、「私は学生時代は、●●部のマネージャーに没頭していました。」と言ってもそれは自己PRになりません。

就活ペンギン
就活ペンギン
相手からしたら「あっそう」となって終わりです。

自己PRにするには、「マネージャー」としての経験を、会社の役に立つ「あなたの強み」に変換しなければなりません。

というわけでここからは、「マネージャー」というネタから、どんな強みをアピールできるのか、例文付きで解説していきたいと思います。

ホスピタリティがある

ホスピタリティ

マネージャーはチームメンバーが最大限力を発揮できるように、環境を整える役割です。自分以外の誰かの役に立ちたいという「ホスピタリティ」がなければできるものではありません。

就活ペンギン
就活ペンギン
誰かの役に立つことでお金をもらうのが社会人ですから、業種業界問わず、「ホスピタリティ」は社会人にとって必須のスタンスとも言えます。

「ホスピタリティ」をアピールする自己PRの作り方については、下記リンク先の記事に詳細をまとめています。マネージャーで培った、あるいは生かされた「ホスピタリティ」を面接でアピールしたい!という方はぜひ下記をご覧ください。

「ホスピタリティ」を面接でアピールする自己PRの作り方【例文付き】「ホスピタリティを自己PRでアピールしたい!例文を見てみたい!」←このような疑問に答えます。プロの就活アドバイザーがホスピタリティを強みとした自己PRの作り方を例文交えて解説します。...

【例文】

(結論)
私が入社しましたら、野球部のマネージャーとして培ったホスピタリティを生かして御社に貢献できます。

(理由)
私は事務職を志望しておりますが、事務として活躍するには、ただ言われたことだけを行うのではなく、自ら進んで誰かの役に立とうとする姿勢が大切だと考えるからです。

(具体例・エピソード)
実際に、野球部でも野球部に人たちと自ら進んでコミュニケーションをとり、メンバーのニーズを把握し、ためになると思ったことは全て実現してきました。たとえそれが伝統的なマネージャーの仕事ではなくても、自ら仕事を作ってきました。

結果として、試合に勝つといつも、「●●さんのおかげで勝てた。本当にありがとう」と言われるようになりました。

(まとめの結論)
私は自分のホスピタリティーを生かし、社員の方が円滑に仕事を行えるように、痒いところまで手がとどく事務スタッフとして御社に貢献します。

どうぞ、よろしくお願いします。

目標達成力がある

目標達成力

チームの目標を達成させるのは何もプレイヤーが全てではありません。マネージャーの立場から目標達成力をアピールすることも可能です。

就活ペンギン
就活ペンギン
むしろ社会に出れば、マネージャーの立場の人がチーム全体の目標を管理します。

チームの目標にコミットするために、マネージャーの立場から何ができたのかを語ることが大事です。

ちなみに、目標達成力は特に目標達成が常に求められる営業職にとってより一層求められる力です。

目標達成力をアピールする自己PRの作り方については下記に自己PR時の注意点やコツをまとめていますので、興味ある方は是非ご一読ください。

「目標達成力」を面接官にアピールする自己PRの作り方【例文付き】「目標達成力を自己PRでアピールしたい!例文を見てみたい!」←このような疑問に答えます。プロの就活アドバイザーが目標達成力を強みとした自己PRの作り方を例文交えて解説します。...

【例文】

(結論)
私が入社しましたら、野球部のマネージャーとして培った目標達成力を生かすことで御社に貢献します。

(理由)
私は営業職を志望しておりますが、営業職として活躍するには、運に頼らず、再現性高く、目標を達成し続けることが重要だと考えるからです。

(具体例・エピソード)
私が所属していた野球部では県大会優勝を目標に掲げておりましたが、私はマネージャーとしてチームが県大会で勝つために足りないところ、伸ばすべきところを整理し、大会までの時間から逆算して、アクションプランや日々の練習メニューを作り、監督とともにチームを支えてきました。

もちろん選手たちが最も頑張ったわけですが、結果として、県大会では、優勝を達成することができました。

(まとめの結論)
私は野球部で学んだ目標達成のための経験を生かし、常に目標数字から逆算した行動がとれる営業として、御社に貢献していきます。

よろしくお願いします。

縁の下の力持ち

縁の下の力持ち

マネージャーは自分が主役ではなくても、影の立役者として活躍するような立場です。

ビジネスでは相手の役に立ってなんぼですから、自分よりもお客様が主役。常に縁の下の力持ちとして、お客様を支援するようなスタンスは全業種で求められるようなスタンスです。

スポットライトが自分に当たらなくても頑張り続けることができる能力は企業でも重宝されますよ。

就活ペンギン
就活ペンギン
管理職になったら、メンバーが主役。メンバーの時は、お客様が主役。事務員だったら、社員が主役。常に、縁の下に回れるかどうかがポイントです。

「縁の下の力持ち」をアピールする自己PRの作り方については、自己PRのポイントとともに下記リンク先の記事に詳細をまとめていますので、マネージャーの経験で培った「縁の下の力持ち」をぜひアピールしたいという方は是非ご一読ください。

「縁の下の力持ち」を面接でアピールする自己PRの作り方【例文付き】 自分は「縁の下の力持ち」タイプの人間だ。 これまでも自分にスポットライトが当たらずとも、いろんなサポートをしてきた。そんな...

【例文】

(結論)
私が入社しましたら、野球部のマネージャーとして培った「縁の下の力持ち」という強みを生かし、御社に貢献できます。

(理由)
というのも、私は事務職を志望しておりますが、事務職は「主役を生かす」というスタンスがとても大事だと考えているからです。

(具体例・エピソード)
実際に私が所属している野球部では、いくら頑張っても自分にスポットライトが当たることはありませんでした。

それでも、私はチームの役に立ちたいという一心で、毎日練習に参加し、マネージャー業を行いました。

チームが勝った時の喜びや、チームメンバーからもらえる感謝の言葉をやりがいとして、●年間頑張ることができました。

(まとめの結論)
私は縁の下の力持ちとしての強みを生かし、社員のみなさんが円滑にお仕事を行えるよう、事務職として全力でサポートし、御社に貢献します。

どうぞよしくお願いします。

その他の強みをアピールする

その他の強みをアピールする

ここで紹介させていただいた「マネージャー経験」をネタとする自己PRの作り方はもちろんほんの一例にすぎません。

他にも、たくさんのマネージャーを取りまとめていた方は「リーダーシップ」をアピールすることができるでしょうし、いろんな仕事を同時並行でこなしてきた方は「マルチタスクの処理能力」をアピールできるかもしれません。

就活ペンギン
就活ペンギン
とにかく、「マネージャー」という立場での活動に時間を注いだ経験には企業が欲しがる資質は多く詰まっています。

そこで、大事なのは、あなたにとってしっくりとくる自己PRを行うことです。

自分が最も効果的にアピールできる、『あなたらしい』ネタを探しましょう。

様々な長所から探せる自己PR解説と例文は下記記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

失敗しない自己PRの例文集【アピールしたい長所別にまとめました】当記事は鉄板の自己PRの例文集。あなたの強みから逆引きできるようにまとめています。ぜひうまく活用して、効率よく内定を獲得してください。...

マネージャーを頑張ったことをネタの自己PRする際の注意点

マネージャーを頑張ったことをネタの自己PRする際の注意点

「マネージャーの経験」は、先に伝えたように自己PRできるネタが色々と詰まっています。ただし、以下のことには気をつけましょう。

  • プレイヤーに対して劣等感を抱く必要はなし。
  • アピールしたいことは詰め込みすぎないようにしましょう。

プレイヤーに対して劣等感を抱く必要はなし

マネージャーというと、割とプレイヤーに対して劣等感を感じて、自信なさげな方が多いですが、ビジネスの世界ではマネージャーとしての経験の方が役に立つことも多いので、全く劣等感を抱く必要はありません。

実際に、企業ではプレイヤーから出世すると、マネージャーになり、いかにプレイヤーを育てつつ、チーム目標を達成するかを管理する役割になります。

就活ペンギン
就活ペンギン
マネージャー経験には企業が欲しがる資質がたくさん詰め込まれていますよ。

アピールしたいことは詰め込みすぎないようにしましょう

自己PRをする時はアピールしたいことを詰め込みすぎないことです。

自分を良く見せようとして、色々と話を詰め込みたい気持ちはわかりますが、詰め込みすぎても、印象が弱くなるだけ。

就活ペンギン
就活ペンギン
面接官も人間ですから脳みその処理能力には限界があります。

言いたいことは絞ったほうが伝わります。アピールすることはその中でも特に「あなたらしいこと」に絞り、謙虚さを保ちましょう。

極端な例ですが、以下の例をみてください。

私の強みは野球部のマネージャーで培ったホスピタリティと目標達成力です。

また、マネージャーの中でもリーダーも務めていたので、リーダーシップにも自信があります。

どうでしょう?これだと印象に残りづらくないでしょうか?印象がごちゃつきますよね?

私の強みは、野球部のマネージャーで培ったホスピタリティです。

どうすれば野球部のみんなの役に立てるかどうかだけをひたすら考え続けた6年間でした。

誰かの役に立ちたいという気持ちやそのための行動力なら誰にも負けません。

こっちだと、非常にシンプルで印象に残りやすいのがわかりますか?「ホスピタリティがすごい」というシンプルで強烈なイメージが伝わりますね。

「マネージャー」はいろんなことがアピールできるからこそ、アピールするネタは絞ることを特に意識しましょう。

就活ペンギン
就活ペンギン
アピールする強みは一つもあれば十分です。その一つのアピールを輝かせ、企業の選考官たちの印象に残すことを意識しましょう。

マネージャーだからといってプレイヤーに劣等感を感じる必要は一切ありません。

アピールする「強み」はひとつに絞りましょう!その方が印象が強まるし、謙虚な印象を与えることができます。

自己PRは無料添削サービスを使いながら作りましょう!

自己PRができたらまずは企業の反応を見てみましょう

自己PRは、無料の添削サービスを「使いながら」作っていくことをオススメします。

理由はですね・・

自己PRって、自分ではいいと思っていても、企業の視点とズレてることがよくあるからです。

また、誰かに見せる前提で作る自己PRと、そうでない自己PRでは仕上がりのクオリティに必ず差が出てしまうからです。

以下に3種類ほど添削サービスを紹介しているので、
・これから自己PRを作るあなた
・もう自己PRの構想はあるけど企業にひびくか不安なあなた
是非読んでみてください↓

【無料です】自己PRの添削サービスおすすめ3選【プロが教えます】 当記事では上記のような疑問にお答えします。 自己PRは、常に「これでいいのだろうか・・・」と不安になります...

なかなか自己PR作成が進まない方は他人にアドバイスをもらいましょう

就活生
就活生
それでも、なかなか自己PRがうまく作れない場合はどうしたらいいのかなぁ?
就活ペンギン
就活ペンギン
他人から客観的に見たあなたの強みを教えてもらうといいですよ。

友達や親に聞くだけでも、非常に参考になる意見がもらえると思いますが、若干就職に関する知識がないことがネック。

なので、ずっと無料でプロに相談できる就職エージェントがオススメです。

とはいえ、就職エージェントについては世の中にたくさんありすぎるので、知名度や実績ベースで、3つに厳選してみました。是非読んでください。

新卒向けおすすめ就職エージェント3選【プロが選び方も解説する】「新卒向けの就職エージェントでおすすめのサービスを知りたい。」←本記事では、こういった疑問に答えます。プロの就活アドバイザーの管理人が厳選した3つの就職エージェントとその厳選理由を解説します。...

就活生
就活生
エージェントも無料で利用できるのか・・・ナビだけじゃなくて、色々使ってみよ!
就活ペンギン
就活ペンギン
就活サービスは企業からお金をもらっているケースが多いので、ほとんど無料で利用できますよ!頑張ってくださいね!

自己PRの情報収集中のあなたへ【失敗する前に必読です】

ここまで読んでくださったあなただからこそ、お伝えしたいことがあります。

実は、自己PR情報収集を積極的に行う人は自己PRに失敗しやすい傾向にあるんです。

もし下記全てに自信持って答えることができるのであれば、スルーしてください。

  • 自己PRでアピールする強みは本当に今想定してるものでいいのか。
  • 自己PRの尺はどれくらいがベストなのか。
  • 本当にそのエピソードが刺さるのか。
  • 強みはどんな言い回しで表現するのが正解なのか。

難しければ、今後面接や履歴書での自己PRで失敗する可能性が高いです。その理由や対策は下記にまとめているので、是非ご覧ください。

【必読です】自己PRの情報収集する9割の就活生がやらかす失敗とは 自己PRの情報収集を行う9割くらいの就活生が自己PRに失敗します。 僕は、就職エージェントで働いていたり、自社の面...